2017年04月11日

どうしたものか(Neu)

いや、ポテチが買えなくなる事ではなく資格の勉強が進まない事です。
仕事が忙しすぎて時間が取れない事と、数日前まで腕の痺れと首の痛みがあったせいです。どうやら最近の疲労などから姿勢が悪くなってしまったことで神経が圧迫されていた様で、姿勢矯正してみたらかなり改善しました。
軽度の物でこれだけ支障が出ますので結構馬鹿にできません。長時間にわたって同じ姿勢をする方はストレッチ等をする事をお勧めします。
ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 04:53| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

こだわりのチッザ(ゴーフ)

少し前の話になるが、ケンタッキーでチッザというメニューがあった。
ピザのピザ生地の部分がフライドチキンになった代物だ。
それなりにカロリーの暴力ではあるが、炭水化物がたんぱく質とかに変わったわけで、思ったよりはカロリー多くないらしい。
というか、このジャンク感からか、ネットでの感想は素直に全肯定する人が少なく、誉めるにしても多少文句をつけるのがタシナミみたいになっているのが、なかなかにおもしろい現象だと思う。
それはさておき、チッザに関するユーチューバーのレビューとかブロガーの再現レシピとかで納得できないところがある。
チッザに塗られている赤い液体を「トマトソース」とか呼んだり「ピザソース」で再現しているところだ。
公式での図解にはトマトソースとかピザソースなどという文字は一切ない。
そこにはハッキリと「トマトケチャップ」と書かれているのだ。
もっともこのことは例のサイゼリヤ100%活用の人のツイッターで知ったんだが。
トマトソースだとかピザソースと書いたほうが一般ウケはいいだろうに、わざわざ野暮ったい「ケチャップ」と書いている以上、そこにはなんらかの意味がある、的なことをサイゼリア100%活用の人が言ってたのだ。
そこで、チッザの販売が終了した後、チッザの自作をした。もちろんケチャップで。
ただ、べつにブログのネタ用ではなかったので写真はないし、完全に自己満足のためだったので、サラミではなくカルパスを使用した。
さてその後「これ、ブログのネタになるじゃん」と思い、本格的にチッザの再現をやろうと一念発起した。
でもせっかくやるなら究極のチッザを作ろう、と思ってしまったのが今回のブログに間に合わなかった理由。
例のサイゼリヤの人曰く、日本のチッザはコーンが残念。海外ではコーンではなくパイナップル。パイナップルならケチャップである意味が云々。
よっしゃ! コーンやめてパイナップルにするべ。と思い海外のチッザを調べてみると驚愕の事実が。
パイナップルを使ったフィリピンのケンタッキーのチッザは、ケチャップじゃなくてマリナラソース(イタリア料理で、トマト、ニンニク、香辛料で作ったソース)。
しかもサラミは普通のじゃなくてペパロニ。
あげく日本のには入ってないピーマンまで入っているではないか。
コーンをパイナップルに変えればいいやという目算は見事に崩れさった。
なお、日本のを完全再現するにはチーズもとろけるチーズにするだけでは不完全でゴーダをメインにエグモントとチェダーの三種のチーズを使う必要があることも判明。もこみちか。
というわけで、とくに完全再現とか究極のチッザとかは作れなかったというお話。
posted by 漢字中央警備システム at 22:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

退魔の剣とれました byこくまろ

ゼルダの伝説BOTWで、先日漸くマスターソードを手に入れました。
まだ神獣は一箇所しか開放していないのですが、武器枯渇の心配が半減する
ので早めにとるのがおすすめです。
攻撃力と耐久力は並程度ですが、
リアルタイムで十分程で自己修復してくれるので、
強敵相手には躊躇わず使いましょう。
また、HPがマックスなら武器投げ動作でビームが出せるとか。
試していませんが。
かなりの時間遊んで、マップ見ながら進んでいますが、まだ半分も踏破していません。
装備もまだまだ少なくて強化も足りない状況。
FEエコーズを予約しているので、それまでにはある程度終わらせたい、
けど無理だろうな、という状況です。
とんでもないボリュームのゲームです。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:53| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

VS かたづけ(ふかみ)

あれこれあって、部屋の片づけをせざるを得ない状況になっています。
こんばんは、ふかみです。

大切そうにしまっていたものでも、今後絶対に使わないなぁとか思うものとか、
どうしてこんなに大切にしまっていたのかさえ分からないアイテムとか、
これはさすがに捨てていいなと思う雑誌などとか、
……とにかくいらないものがごろごろ出てきます。
更に、学生のころに経験した引っ越しの残骸が未だに段ボールの中に押し込まれているのを見ると途方にくれます。
これからどうにかしなくてはなりません。
収集癖のあるタイプではあったのですが、最近はアイテム消費しながら収集していくスタイルに移行するよう心がけています。
無限収集とかするタイプの方って、ある意味尊敬しますよね……。

そんな、お茶を濁す話でした。
来週も濁していきます。
posted by 漢字中央警備システム at 01:50| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

柔軟剤じゃないよ(Neu)

ソフラン。ソフトランディングって楽曲がこの手の音ゲー演出の走りとなったからこの名前になりました。
音ゲーといえば初音ミクproject DIVAやP4Dを制作したdingoが倒産したそうで、個人的にはフォトカノ、レコラブの後釜の方が心配ですが、まあKADOKAWAが「心配すんな」ってツイートしてるので一応安心なのかな?
何というか最近のゲーム全体がプログラムのミスとかオブジェクト定義のミス、テキストの誤字等の細かい品質に問題が発生してる気がしますね。大きな目で見れば映像表現を中心に向上したり、価格面では全体的に安価になった気はしますが。
なおスイッチは購入見送りが確定、ハード面での不具合が決定打に…クレードルにスイッチを入れる瞬間の映像を見るとどうしても脳裏に「スキマスイッチ」が出てきてしまうのはここを読んだ君たちだけの秘密だ。
仕事が混沌として思考も纏まりを欠いていますね。まともな記事が書ける状態に早くなりたいものです。
ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 00:12| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

音ゲー(ゴーフ)

ソシャゲでも最近音ゲーがいくつか賑わっているように感じます(個人の感想であり、実際に賑わっていることを保証するものではありません)。
むかしにゲーセンの音ゲーやってた人間の俺からすると、ソシャゲ音ゲーの観測範囲での共通点ぽいものを感じたので、今日はその話。
まずは、ソシャゲの音ゲーってシャンシャンゲーが多いのかなあと。
ゲーセンのビートマニアとかポップンミュージックとかギタドラなんかは、ボタンを押すとかの操作でメロディの一部が流れる。つまり、バックの音楽はところどころ欠落していて、操作をうまくやることで完全な音楽が成立するわけですよ。
そこいくと、シャンシャンゲーって、完全な音楽がバックで流れているところ、リズムにあわせてシャンシャンって鈴っぽい音が鳴るわけで。
この違いはおそらくビートマニア的なシステムはコナミの特許だから他社が使えない的なやつだと思われるので、まあ仕方ないかなと。
そもそもゲーセンでのプロジェクトディーバあたりがシャンシャンゲーの先駆けなのかな。たぶん。
てか、シャンシャンの音は楽曲を邪魔せず、音ゲー感も出せるのでなかなかの発明だと思います。

次にソシャゲの音ゲーで多いのかなあと思われる共通点はソフランなしということ。
ソフランとか言っても音ゲーマーしか通じない言葉だと思うんで、少し説明すると、一曲の中でBPM(曲の速度的なやつ)が変化することをソフランというんです。
というか、ソフランには複数の意味があるんで他の意味もあるけど、話に関係ないので割愛。
そもそもソフラン多用する楽曲は音ゲーマーに嫌われているらしいので、ソシャゲでは単に淘汰されただけなのかもしれませんが、真相は知りません。

という感じでソシャゲ音ゲーをいくつか見て、逆にビートマニアのDJゲーらしさを再確認したのが最近の俺。
どういうことかというと、少し長くなる。
ビートマニアってスクラッチ用のターンテーブルが筐体にでかでかとあるわりに、ゲームの実態はボタンというか鍵盤というかを押してサンプリングされた音を出すのがメインのサンプラーゲームじゃないですか。
でもね、BPMが曲内で変わるってのがソシャゲ音ゲーで当たり前じゃないのをみると、DJの仕事のBPM対応のさわりだけでもちゃんとシミュレートしてるゲームだったんだなあと。ビートマニアは。
そう思うわけですよ。
ほんとさわりだけですけど。
posted by 漢字中央警備システム at 02:00| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

参加したいのかそうじゃないのか byこくまろ

さて、明日はテキレボ5です。
雨らしいですね。客足にモロに出るので、
なるべく降らないで欲しいところです。

自分は今回準備には参加せず、
ひっそりとサークル参加だけして、さっさと撤退したいと思います。
怠慢だと思われますが、やる気がでないのです。
まあ、とあるサークルに承諾を得る為話し合いに行かねばなりませんが。
いや、パクリ扱いされたくないので設定を借りたよ、というだけなのですが。
もうずっと家では猫と弟としか喋ってないのでコミュ症がひどいです。
少し騒いだだけで喉がかれる始末。

そんなんならもう次はもう参加しないのか?
と言われると、実はもう6回目のテキレボアンソロの原稿ができているのです。
アンソロ本に載せたい、感想アイコンをおしてもらいたい、と思うと、
出ざるを得ないのです。
ただ、まだ次回のお題は正式には発表されていないはずなので、
変更される可能性があり、その場合お蔵入り、まとめ本にしたときの
書き下ろし扱いになる予定。

さて、明日行って来ます。
あ、スイッチはもっていきませんよ。

posted by 漢字中央警備システム at 07:45| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトデーの余り物、告知(ふかみ)

やっと買えました。
こんばんは、ふかみです。

ホワイトデーのお菓子、じわじわ値引率が上がっていったところで、目を付けていたお菓子をようやく買えました。
クッキーやブラウニーの焼き菓子が八つほど入ったものなのですが、なかなか美味しくて満足です。
知らない会社のお菓子なのですが、美味しいってやっぱり幸せです。

さて、まろ先輩も参加するテキレボですが、わたしのBL作品も三作品ほど、友人サークルのCielisteさんのとこで扱ってもらう運びになりました。R18作品ばかりですがご興味ある方はお手にとっていただければとか思います。

そんな、お茶濁しと告知でした。
来週もバリバリお茶を濁していきます。
posted by 漢字中央警備システム at 01:24| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

ホラー×YouTube(ゴーフ)

ユーチューバーの人たちってお決まりのパターンを持ってますよね。
そのパターンにホラーをぶちこむのってかなり狂気を感じるものがサクッとできそうな気がしますので、次週から気が向いたらそういうネタをやろうと思います。
ちなみにこういう予告をしたらやらないのがいつものパターンです。

それにしても、最近YouTubeのコメント欄に闇を感じます。
ユーチューバーのことが嫌いで悪口や暴言をコメントしている人は、普通はわざわざやらないでしょうが、まあ人間の行動原理から外れてはいないので理解することはできます。共感はしないけど。
こいつヤベェと思うのは、レポートしているユーチューバーを持ち上げるコメントしつつ、レポートされてる店の従業員に対する悪口や暴言をコメントしてる人。
味方ヅラして後ろから刺してくる感じがガチでヤベェやつだと思います。
案の定、そのユーチューバーのチャンネルはひっそりと更新しなくなっていました。
posted by 漢字中央警備システム at 04:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

気を取り直して byこくまろ

欝な気分は戻りませんが、
いつまでもぐずっていても仕方ありません。

こんなときに。
テキレボで私の本に始めて予約がつきました。
お買い物代行システムの都合上どなたかはわかりませんが、
頑張ろうという気力の足しになります。
本当にありがとうございます。
まだ生きていけそうです。

ですから気を取り直してゲームの話でも。
スパロボV2週目、もう終盤なのですが、
わかりやすいフラグのシークレットシナリオを逃したり、
フル改造だからって気を抜いて撃墜されたりと、
微妙にストレスの貯まることが多いです。
でもそれだけ難易度が丁度いいということですが。

そこでなんとなく、難しいので攻略本を待とうと思っていた、
スイッチ版ゼルダに手を出しました。
海外の有志が作成した全体マップをみながら、です。

凄まじい出来栄えです。
ゲームが。
二つ目の村を出ていよいよ神獣探しにでたところまで進めたのですが、
こんなのよく作る気になれたな、と感心どころか戦慄を覚えるレベルです。
世界はどこまでも広く、どこへでもいける。
武器は壊れるけどあちこちに落ちてる。
何もなさそうなところに収集物のコログが配置されている(900匹以上!?)
ダンジョンの出入りやワープ時のロードだけは長いのですが、
他は基本的にシームレスです。
敵も強いのですが、それ以上に大自然が手強い。
序盤のチュートリアルのはじまりの台地で攻略に必要なアイテムは全て揃うので、
最初から色々なことが出来過ぎてしまいます。

ファミ通ではスマホゲーばかりが軒を連ねるこんな時代に、
まさに伝説の幕開けといいたくなるほどの風を吹かせた、
ゼルダの伝説BOTW、是非ゲーマーなら体感して欲しい。
まあ、スイッチ品薄WiiU生産終了の今、手に入りにくいのですが。
もったいないですよね・・・・。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:19| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする