2017年02月21日

働き方改革(Neu)

派遣労働法やらの関係で、ついに自分の所も無関係ではいられなくなったらしく制度が変更になるようです。苦し紛れもいいところですが、まあ食いっ逸れるよりはマシなのかな。まだ判断出来るほどの材料が正式に提示されてないから何とも言えませんが。
正直現在開かれている働き方改革の検討委員会についても経団連から意見は聞いても労組等からは意見を聞かないで月の残業時間の上限を100時間で検討したりしている。そもそも世間で言われている過労死ライン80時間をオーバーしていると突っ込まれている体たらく。中立の立場で改革する気も発端になった電通事件を踏まえた議論をする気も見られない。
36協定にしても国会で総理自ら「会社に残業は必要だ」と言う始末。残業の免罰や労働時間、また労働契約の締結に関する取締法として労働者の権利を保護する事を目的とする労働基準法の理念に逆行しています。総理は立法府の長なのですから、法の詳細はともかくも基本理念くらいは把握していて欲しいものです。

まあ理想と現実のミスマッチなんて今に始まった事ではありませんが、そもそものスタートラインが偏った状態、それも経営者側にでは本来の意味での落としどころなんて見つからないでしょう。また労働者側が妥協して契約→きついけど我慢→使用者側が仕事量を吊り上げる→死人が出るってパターンを繰り返すだけです。そんなに銭が欲しいか金持ち共。

実はコーヒーに続いて労働関連(共通項:ブラック)で攻めてみただけだったりして。
posted by 漢字中央警備システム at 23:14| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

アメリカの3(ゴーフ)

来週はコーヒーの話題しません。

【これまでのあらすじ】
アメリカンコーヒーを飲もうとするも、缶、コンビニ、本格的カフェ、ミスド、スタバ、アメリカンな店、クリスピー・クリームにアメリカンコーヒーがない。
ドトールにアメリカンという名前のメニューはあるも、ブレンドコーヒーをお湯で薄めてたものらしい。
アメリカンコーヒーとは、ブレンドコーヒーをお湯で薄めてたものではなく、浅く焙煎したコーヒーである。

【ここから本編】
あれからさらに反応をもらいました。

反応1 ベローチェは?
ベローチェにアメリカンコーヒーなるメニューが存在することが判明するも、さらに調べていくと、ブレンドコーヒーをお湯で薄めてたものであるとの情報がYahoo!知恵袋に。
またか…

反応2 サンマルクは?
サンマルクにアメリカンなるメニューが存在。
ネット検索してみても、ブレンドコーヒーをお湯で薄めてたといった情報は見当たらず。
公式サイトでの説明に「深いコクとスッキリした酸味にこだわった一杯だてをお楽しみください。」とあり、アメリカンの特徴である酸味の記述から、これは本物かもしれないとの期待が高まる。
しかしブレンドコーヒーの説明文を見てみると「深いコクとスッキリした酸味にこだわった一杯だてをお楽しみください。」。
アメリカンとまったく同じじゃねぇか。コピペや。
確定情報はないものの、本物のアメリカンであることはあまり期待できそうにないです。

反応3 パン屋は?
パン屋にコーヒーあったりしますが、スーパーの中にあるパン屋のはセブン&アイグループだったため、セブンカフェでした。
当然、アメリカンなし。

反応4 ミニストップは?
コンビニになかったと以前書きましたが、調べたのはセブンイレブン、ローソン、サンクスだけでした。
そこでミニストップを見てみると、なんとあったのですよ。アメリカンが。
これまで見てきたお湯割り系のエセアメリカンは、お湯で薄めてるだけあって、ブレンドコーヒーと同じ値段でサイズ大きめというものだったのですが、ミニストップはブレンドコーヒーとアメリカンが同じ値段で同じサイズ。
なんか、期待できそうではないですか。
というわけで、
20170219225355246.jpg
飲み比べてみました(左がブレンドコーヒー、右がアメリカン)。
写真だと違いが全然わかりませんが、生で見るとアメリカンのほうが色が薄いのがわかります。
飲んでみると、アメリカンのほうがすっきりしていて、ブレンドのほうが味が濃いです。
ただ、アメリカンでもとくに酸味が目立つようになっているようには感じなかったです。
というか、事前にネットで見ていた評判でブレンドより苦いと書いてあり「嘘でしょ?」と思っていたんですが(本当のアメリカンならブレンドより苦くないはず)、わりと本当でした。
コーヒーを提供してる機械の中身は客からすればブラックボックスなわけで、実際のところはわかりませんが、たぶん本当のアメリカンではないと思います。
本物だったらすいませんだけど。
posted by 漢字中央警備システム at 23:05| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

ネタにするためにも byこくまろ

Screenshot_2017-02-17-07-48-51.png
まだコーヒーのネタ続いてますか・・・・・・。
先週も言ったとおり、私はブレンディ無糖以外は
殆ど飲まないので話題にしようがありません。
あしからず。

現在FEヒーローズをちまちま遊んでいます。
コンテンツが少なめですがスタミナ最大値が低いので
文字通りちまちましかできず、しかも難易度がやたら高いので
中々育成もはかどりませんが、
かえって飽きずに遊べているのでいいのかもしれません。
それに、ようやくソシャゲガチャを身をもって理解したので、
次の話のネタにできそうです。

このFEヒーローズは始まった時から、微課金程度では恩恵が
ほとんど感じられないのはわかっていましたが、
どうにか試しに課金してみたいと思い、
Tポイント13000円分を生活費に変えて、
8800円分ゲーム課金しました。
課金した途端、いきなり5連ガチャで星5アクアが出たので、
満足してガチャ中断。残りのガチャ用オーブは、
次のピックアップに向けて温存することにしました。

でもスタミナ消費が激しいのでがっつり遊べないのはやはり寂しい。
来週発売のスパロボVが待ち遠しいです。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:56| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

キャラメルの存在(ふかみ)

コーヒーなら豆の種類とか言われてもよくわからないので、キャラメルマキアートとか、その辺の甘いコーヒー類が好きです。
こんばんは、ふかみです。

先日、友人とちょっとお洒落なカフェでランチをしてきました。
そこで頼んだドリンクが「ハニーミルク」だったんです。
そこに自然についてきた、キャラメル一個。
お洒落なカフェなんてなかなかいかないので、こいつをどうすればいいのか一瞬小さく大混乱しました。
で、何を思ったかハニーミルクに入れ、混ぜて飲みました。
大きめのキャラメルだったので、当然完全に溶ける訳もなく……。
はちみつがすでに入っているのに更に甘くしてどうする、と今なら冷静に突っこめるのですが、あの時の思考回路はきっとどうにかしていました。
更に甘くなってしまったハニーミルクは結局飲みきりましたが、きっとキャラメルが入らなくても美味しかったんだと思います……。
そして、言うまでもなくキャラメルはそのまま食べるのが正解なんでしょう。
と、いうどうしようもない話を「誰でも自由に閲覧できる」ブログに「恥はかき捨て」として記してみます。
そのお店のメニュー自体はすごく美味しいので、また行こうと思います。

という、恥話でした。
来週はもう少しましな話をしたいです。
posted by 漢字中央警備システム at 22:20| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

アメリカの2(ゴーフ)

【先週のあらすじ】
アメリカンコーヒーが飲みたいと思うも、缶、コンビニ、本格的カフェ、ミスドにないことが判明。

【先週のおさらい】
・アメリカン→浅く焙煎したコーヒー
・アメリカーノ→エスプレッソのお湯割り(ちなみにイタリア発祥)

【ここから本編】
先週の記事に反応をもらいました。

反応1「スタバにあるんじゃね?」
というわけで、スタバを調べたところアメリカンはありませんでした。
そしてここでも出てくるアメリカーノ。
違う、お前じゃない。
シアトル系の代表のスタバでまさかのイタリア発祥コーヒーです。

反応2「アメリカンなお店にコーヒーあるよ」
というわけで、その店を調べたところ、たしかにコーヒーがある。
その説明文を読むと現れる「ハイロースト」の文字。
つまり、焙煎浅くないのね。
コレジャナイ。

反応3「クリスピー・クリーム・ドーナッツはバリバリアメリカ企業だし、あるのでは?」
というわけで、調べてみましが、アメリカンはありませんでした。
そしてまたしても現れるアメリカーノ。
違う。違うんだ。お前じゃないんだ。

反応4「ドトールは?」
というわけで、調べてみました。
すると、メニューにアメリカンがある!
やった! ついにアメリカンを見つけたぞ!
しかし、ここで野生の勘(feat.狩野英孝)が働き、少し詳しくネット検索してみる。
すると、Yahoo!知恵袋にこんな趣旨の回答が…
「ドトールのアメリカンはブレンドコーヒーのお湯割り」
Oh!

というわけで、アメリカンコーヒーはあいかわらず見つかりませんでした。
たかだかアメリカンを飲むということがこんなに困難だとは!?
posted by 漢字中央警備システム at 20:08| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

初ガチャげーむ byこくまろ

コーヒーはブレンディ無糖を10数年愛飲しております。
加糖はイマイチ。気分によって足す牛乳の量を増減していれば
飽きるどころか飲み足りない人生となります。
半分冗談ですがね。

ファイアーエンブレムヒーローズを
ポケモンなどの合間にちまちまプレイしています。
がっつりやり込むにはまだ物足りない感じですが、
少しずつ楽しむにはちょうどいい量かと。
ただ、戦闘マップに入るにはスタミナが必要で、
後半のマップ程消費量が多く、回復アイテムは有限、
しかも課金でも買えず、その上上限値が低いので次第に
あそびにくくなります。
課金で構わないので、上限値を増やせるようにして欲しいところ。
スタミナ回復アイテムが課金になると、逆にもったいなくて
買い控えそうですが・・・そっちの方が現実味ありますね。

現状はまだ課金しておりませんが、このまま遊べそうなら、
少し課金しようと予算調達中です。
ただ、無課金でもたまにガチャができるので、今後他に課金要素が
増えるかもしれないと考えると暫く様子見がいいかもしれません。
無課金・ノーリセマラで星5のリンがでたときは嬉しかったですね。
さすがに強いです。でも流石に打たれ弱いので格上相手にはきついですが。

そういえば英雄総選挙女性部門、私の好きなミカヤが9位にランクインしていて
嬉しいです。早くこないかなーと。・・・・・・大分先になる気もしますが。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 18:19| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

パイポネタトーク(ふかみ)

ある人から貰ったパイポが最近お気に入りの非喫煙者です。
こんばんは、ふかみです。

元々お菓子を口にしながら作業することが多い人なのですが、パイポってこの点では意外といいものだな、と思いまして。
フレーバーの香りが口腔を満たしてくれるので気分は良いですし、ハッカの感覚が眠気覚ましにもいいんじゃないかなと。
難点は一本当たりの効果が短いことですが、そんなに高いものでもないのでまた買おうかな、と思います。
さて、このパイポなのですが、昔「ダイエットパイポ」なるものが出ていたことをおぼろげに覚えています。ピンク色のパッケージで、たしかスイートポテトの香りがする、とかなんとかの内容だったような。他にもオレンジ色のパッケージのもあったような気もしますし、少し調べてみた感じだと現時点では少なくとも3種類はパイポが発売されているようです。
やっぱ、電子煙草の人気に押されているんでしょうかね?
とはいえ、なんだかんだ言って生活になじみ深いパイポなのですから、当分無くならないとは思いますけどね。

そんなこんなで、パイポを咥えながらお茶を濁す話でした。
来週も濁していきます。
posted by 漢字中央警備システム at 21:47| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

批評(Neu)

ビートルズはデビュー当時の雑誌の評価はボロクソでした。
ゴッホの描いた絵は生前殆ど売れませんでした。
八木博士が作ったアンテナ及びそれを用いたレーダーは日本軍には評価されなかった。
イチローも松井もメジャーでは通用しないとアメリカでは言われていた。
ウォークマンはそれほど売れないと企画会議で言われていた。
等、世界的大外れも存在するから読み物程度として参考にするのが良いのでは。

中には客観論ではなく主観や感情による表記に終始した物も少なからずあるので、実際に体験した人の一意見に過ぎないと言うのが本当の所ではないでしょうか。よくある「個人の感想です」ってアレ。
アンチが些細な問題も針小棒大に騒ぎ煽って評判を落とすのも世の常ですしね。
なぜか記事を書いてる人間は自分の意見が世の大多数の代表だと思い込んでいたり、普遍的な価値観に基づく物であると思い込んでいるのが何とも滑稽な話ですが。

あ、コーヒーはディープローストの方が好きです。
posted by 漢字中央警備システム at 01:32| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

アメリカの(ゴーフ)

アメリカンコーヒーって、意外と飲めるシチュエーションが限られています。
缶コーヒーでアメリカンコーヒーってあるらしいけどそうそう見ないですし、コンビニコーヒーにもアメリカンはない。
わけあってアメリカンコーヒーが飲みたかったので、ちょっと本格的なカフェへ。
アメリケーノってのがアメリカンの別名だと思って頼んだんですが、どうやらまったくの別物のようです。

・アメリカン→焙煎が浅いコーヒー
・アメリケーノ→エスプレッソのお湯割り

そう言えばミスドにもコーヒーあったなと思い行ってみるもアメリカンは無し。
ネットで調べてみると昔はあったみたいです。

たかだかアメリカンを飲むということがこんなに困難だとは!?
posted by 漢字中央警備システム at 01:26| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

ゲームレビューについて byこくまろ

ゴーフ氏の玩具はもう右上の中国語が全てというぐらい。
ダウトの塊で素晴らしい。ツッコミが追いつかない逸品。

さて、先日ファミ通にて、
「商品のレビューで、日本人は低評価をつける」
で、前々から思っていたことを改めて考えました。

参考までに
俺的ゲーム速報より
http://jin115.com/archives/52164841.html

この記事だけをみると、日本の方が意見が評価バランスよく
合う人と合わない人がいる、むしろ良いレビューだと思うのです。

そもそも、ゲーム以外の商品はともかく、ゲームソフトに関しては、
どこぞのレビューが「低評価は納得だが高評価は信用できない」
ほど、高評価を連発するようになり、レビュー不審になったゲーマーも
多いのではないでしょうか。
私もそう思います。20年ファミ通を読んでいて、高評価ソフトばかりに
なっていったように思います。

先日のファミ通内の漫画に「死ぬほど頑張ったのに評価されないのは悲しい」と
あります。
何を言っているんですか。努力すれば何でも報われるわけないじゃないですか。
時間と労力をかけても、頑張る方向が好ましくなければそれはゴミです。
厳しい言い方ですが、商品として出す以上、言い訳は許されません。
まあ、言いがかりのようなレビューもちらほらあるのも確かですが・・・・・・。

叩かれないゲーム、どこをとっても文句のないゲームを作るのは確かに不可能に
近いでしょう。特にハードレベルの上がりすぎた今の開発の難しい現状では。
ですから批判だらけのレビューを悲しいと思うのはわかりますが、それでも
受け入れねばなりません。

では消費者は買うとき迷ったら、レビューをどう見ればいいのか。
持論ですが、点数よりレビューコメントをよく読むべきなのです。
特にファミ通は、点数より、コメントで吟味しましょう。
レビュアーが高得点を書いても口を濁していたら、
そこはプレイしていて気になるところなのです。
微妙な得点でもみなが褒めていたらそこはとても素晴らしいポイントなのです。
アマゾンでもそうですね。とにかく迷ったら多くのレビューをみましょう。
出来ればまんべんなく。

ただ、低評価のゲームは話題にしやすく、思い出に残りやすく、
値が下がりやすいので気軽にかいやすく、
更にほかの面白いゲームを再評価できたりと、メリットもあるので、
余裕があるならネタとして買ってみるのも一興です。
まあ私の場合見えてる地雷を発売日定価で買ったりしますがw

何はともあれ、ゲームの面白さなんて人それぞれです。
レビューなんて気にせず、思う存分地雷原に踏み込むのもありです。
私はKOTYにノミネートされた天外魔境Vも2週クリアして満足しましたし、
ガンダム EXTREME VS-FORCEはさすがに序盤で投げましたが、
アップデートでかなり遊べるようになった(らしい)です。
ロードが長すぎるPSvita版いけにえセツナはPS4版ならかなりマシだとか。
やっぱり色々挑戦してみるのが、正しくはありませんが面白いゲームの
発掘の仕方ではないでしょうか。
まあ、発売日定価で買ったゲームが酷いと落ち込みますけどね!

もっとも、ゲームは安くないので、ゲーム選びで失敗したくない!
という方はたくさんおられると思います。
特に学生さんや、時間のない社会人さん。
でもですね、実際に手にとって遊んでみないと、わからないものです。
ナンバリングでも失敗していたり、安定メーカーでもどうしてこうなったソフトが出たり。
良作すぎてすぐ完全版やリメイクが出たり。面白くてもバグが多すぎたり。
逆に攻略に良いバグが修正されたり。攻略本も出ず攻略ページも寂れていて路頭に迷ったり。
・・・・・・後半は何か違いますねw
とにかく何十年ゲームやっていてそう思いますから、他人のレビューをみたぐらいでは
地雷を踏まずにゲーマーなんてやれませんよ。

結論。
レビューの得点数字は気にするな!
レビューのコメントの方が圧倒的に大事だ!

以上、また来週。
posted by 漢字中央警備システム at 08:19| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする