2019年09月10日

水出しコーヒー器具使用レポ(ゴーフ)

透過法の水出しコーヒーの器具を使ってみたので、そのレポをします。

【1】お店の味にはなりませんでした。
豆が違うせいか、淹れ方が悪いのかわかりませんが、とりあえずお店の味にはなりませんでした。

【2】挽き目
説明書によると中細挽き推奨とのこと。粗すぎると抽出不足になり、細すぎると詰まってしまうらしい。
で、俺として気になるのはパーフェクトタッチUではどのくらいの挽き目になるか。
試しに「3の左」(俺的にはエアロプレスと同じ挽き目)でやってみたところ、見事に詰まってしまいました(必ず詰まるわけではない)。
「2の右」だと綺麗にコーヒーが落ちたので、挽き目は細くする限界は「2の右」っぽいです。
さらに粗くするとどうなるかは、まだやってないのでなんとも言えない状態。
ちなみに、「3の左」だと粉のところに水が溜まり浸漬法(透過法より薄くなる傾向がある)状態になるためか、細い「3の左」より粗い「2の右」のほうが味が濃い印象になりました。(たまたまかもしれませんが)

【3】お湯での抽出との違い
正しい水出しができているかはわからないので、あくまで試行錯誤中の途中経過として聞いてください。
水出しコーヒーの味の傾向としては、苦い豆はお湯より苦味が抑えられている気がします。逆に、酸味寄りの豆の場合はお湯より苦味が出る気がします。
理屈としては、お湯の温度が高いと苦味が出やすく低いと苦味が出にくいため、苦い豆を水出しすると苦味が抑えられる。
そして、コーヒー粉とお湯(または水)との接触時間が長くなるほど苦味が出やすくなり、短くなるほど苦味が出にくいため、水出しコーヒーは点滴のように注ぐ関係上、お湯のドリップと比べ大変に粉との接触時間が長いので酸味寄りの豆でも苦味が出る。
という感じなのかなと思っています。

【4】粉に落とす方の穴が詰まりやすい
点滴のように水を粉に落とすため、水タンクの穴がめっちゃ小さいんですが、水に泡が自然発生し、空気のかたまり(泡)が出口を塞ぐことがわりと起こるので、ちょいちょい、ちゃんと落ちてるか見てあげないといけません。
詰まる頻度は運です。たぶん。
posted by 漢字中央警備システム at 18:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

水出しコーヒー(ゴーフ)

一時期、コールドブリュー(要は水出し)コーヒーが話題になり、缶コーヒーとかでも出ていました。
いままで当ブログを見てた人ならおわかりでしょうが、低温抽出は俺の好みになりやすいわけで、その時もその缶コーヒーを飲んでみたんですよ。
どうだったかというと、まあ、普通の缶コーヒーとあんまり変わんなかったですね。
違うっちゃ違うけど、さほどどうというほどでもないというのが俺の感想。

そんなことがあってからしばらく経ち、最近、喫茶店で水出しコーヒーを飲む機会があったんですよ。
抽出方法は浸漬法ではなく透過法の様子。
で、これがめっちゃ特徴的なあじわい。
お湯で抽出するのと比べ、露骨に違うあじわい。
おそらく水出しでしか出せない味。
水出しすげぇなと思いましたね。

浸漬法(麦茶作るときのアレ)で、このように特徴的になるかはわかりませんが、とりあえず透過法の水出しはすごかったです。
posted by 漢字中央警備システム at 22:10| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

モテを語ってすれちがう(ゴーフ)

最近ネットで荒れている「モテ」に関するブログを書こうと思ってたんですが、なかなか難しく、もう木曜ですよ。
どうも、ゴーフです。
というわけで、その本編の話はちょっと間に合わないので前座的な話題。

どうやら「モテ」について語る人たち、「モテ」の定義がわりとバラバラっぽいんですよ。
「より多くの人に好意を持たれているほど、よりモテているといえる」程度のところなら、わりと皆さん共通認識っぽいんですが、何人から好意を持たれたら「モテ」といえるかというあたりはバラバラっぽいです。
とはいえ、具体的な人数を言ってる人は見たことはありません。
ただ文脈的に、ウン十人とかそれ以上から好かれないと「モテ」扱いじゃない人から、そこまで行かずともある程度多くの人に好かれないと「モテ」扱いじゃない人、複数人から好かれれば「モテ」扱いの人、そして、ひとりから好かれれば「モテ」扱いの人がいるようです。
なぜこのような違いが現れるのかについては、ふたつの原因が考えられます。
ひとつ目は、自説に都合のいい「モテ」の境界を設定しているから。
ふたつ目は、本当に「モテ」の境界がどこなのかの感覚が人それぞれ違うから。

ひとつ目の原因について補足すると、「モテ」の境界を高く設定すると「そんなんじゃモテない」が正しくなりやすくなります。ちなみに、極端に高くするとすべてのものについて「そんなんじゃモテない」と言うことさえできます。
そして、「モテ」の境界を低く設定すると「こうすればモテる」が正しくなりやすくなります。こちらについては最低でもひとりなのでさすがに自由自在に「こうすればモテる」と言うことは難しいでしょう。

ふたつ目の原因について補足すると、「ひとりから好かれればモテているといえる」という感覚は、すでにパートナーがいる人には理解されづらい傾向にある感じがします。逆にガチ非モテはそうでない人よりこの感覚の傾向にある感じがします。

というわけで、たとえ「モテ」について論争になっても、そもそも議論が噛み合ってない場合がけっこうある気がします。
なので、まず「モテ」の定義をハッキリさせないと、アンジャッシュ状態になるんじゃねぇかなと思うわけです。
posted by 漢字中央警備システム at 22:55| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

落語警察(ゴーフ)

異世界落語という、なろう原作のマンガを読んでいます。
ざっくり内容をいうと、落語家がファンタジーな世界観の異世界に召喚されて落語をする話です。
おもしろいので続きが楽しみなんですが、違和感がある部分があります。
それは、見台を小拍子で打つシーン。
主人公の落語家の落語は江戸言葉であり、上方言葉ではないのに、江戸落語に無く上方落語のものである見台と小拍子を使ってるんですよ。
最初「これ落語わかってねぇんじゃねぇかな」と思ったんですが、マンガより話が進んでいる原作を読んでみると、はめもの(ざっくりいうと三味線などの音楽隊。江戸落語にはなく上方落語にあるもの)が入るようになった描写があります。
どうやら主人公が江戸落語の人というのは俺の勘違いで、バリバリに上方落語の人という設定なんだろうなあと思った次第です。
それにしちゃあ、上方言葉ではないんですが。
それに召喚前の場所が東京都千代田区の国立演芸場(江戸落語の団体である落語協会と落語芸術協会がやるところ)のようだし、なおのこと江戸落語では?と思うわけです。
というわけで今回のブログは、めんどくさい落語警察をしてみたの巻でした。
posted by 漢字中央警備システム at 23:15| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

かき氷(ゴーフ)

このブログでは一度もそんな素振りは見せてきませんでしたが、「まろに☆え〜る」という栃木県のご当地アイドルグループという設定こマスコットキャラクターを追っています。
で、7月に公開されたまろに☆え〜るのボイスコミックが日光の天然氷のかき氷を食べる回だったんですよ。
その天然氷のかき氷は、食べても頭がキーンとなりにくいとのこと。
嘘やろと思いました。
で、頭がキーンとなりにくい理由が、不純物が少ないから温度が高くても溶けにくいので、冷たすぎないからとのこと。
そんなんある? と思いました。
そんなわけで、日光の天然氷のかき氷を食べてみました。
美味けりゃいいやと思い、頭キーンがどうこうにはまったく期待してなかったんですが、これがマジでキーンとしなかったんです。
それどころか、「こりゃあ、頭キーンとなりにくそうだな」と感じる感覚すらありました。
なんとも不思議な感覚で、言葉では説明しきれなそうなやつです。
もちろん、美味しかったですよ。
ともあれ、ボイスコミックによると、本気で早食いすればキーンとなるそうなので、もし食べることがあればご注意を。
posted by 漢字中央警備システム at 03:41| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

ジライヤ(ゴーフ)

東映特撮YouTubeチャンネルで世界忍者戦ジライヤの無料配信が始まりました。
で、さっそく少しだけ見てみたんですが、オープニングでジライヤが車を運転するときオートマ車のギア変換シーンが映るんですよ。
そこでえらくダサさを感じてしまいまして、コメント欄を見てみると、とくにそこを気になった人はいないようです。
電車のワンハンドルマスコンのようなデザインのギアにダサさを感じたのか、主人公がオートマ車なことにダサさを感じたのか、ダサく感じた本人である自分もよくわからないんですが、たまにはこうした考察のない感想文もいいかなあと思う次第です。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 02:17| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

土用の丑の日の話題(ゴーフ)

どーも、ゴーフです。
土用の丑の日だったのでそれ関連の話題。

みなさんはうなぎに山椒をかける派ですか? かけない派ですか?(話の導入とか文章のリズムのために入れている一文なだけで、ほかの人がかけるかどうかには本当は興味はない)
俺はどちらかといえばかけない派で、尻尾側については絶対にかけない派です。
なぜかけない派かというと、山椒が嫌いなわけではなく、うなぎ自体の味を楽しみたいというのが理由のつもりです(「タレは?」という質問は禁止)。
そんな俺ですが、うなぎ代替品・うなぎもどき・ジェネリックうなぎとでもいうべきうな次郎に関しては山椒必須だと思っています。
なぜなら、うな次郎のうなぎっぽさへの山椒の貢献度が異様に高い気がするからです。
というか、うな次郎は山椒ありきでうなぎっぽいとさえ言えそうです。
というわけで、うなぎに山椒をかけない派の人も、うな次郎に関しては山椒を試してみてはいかがでしょうか。

さて、うな次郎を食べる局面において、うなぎの肝吸いを合わせることはなかなか無いのではないでしょうか。
そんな場合、松茸の味お吸い物を合わせるのは、かなりアリだと思うわけです。
ジェネリックにジェネリックを合わせた感がありますが、松茸の味お吸い物があるのとないのとではグルーヴ感に結構な差があると感じます。
そもそもうなぎ屋での肝吸いは蒲焼を作る際にあまる肝の有効利用の側面がありそうですが、それはそれとして濃厚な蒲焼とあっさりとしたお吸い物の組み合わせ自体は肝抜きだとしても理にかなっている感じがします。
となれば、松茸の味お吸い物でもその役割としては可能だし、一食のコンセプトとしてもうな次郎と松茸の味お吸い物は一貫しているのでなお良いのではないでしょうか。

というわけで、土用の丑の日の話題でした。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 20:00| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

ラーメンの種類の名前についての雑談(ゴーフ)

最近、「醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンはタレの名前なのに豚骨ラーメンはタレではなく出汁の名前」みたいな趣旨の発言を見ました。
20年くらい前なら「たしかに〜」と思って終わる話だったんですが、それ以降、出汁由来の種類名のラーメンがだいぶ増えましたよね。

まず思い浮かぶのが鶏白湯ラーメン。たしかラーメン評論家の石神氏が十数年前に命名しブームになったやつです。
豚骨ラーメンと鶏白湯ラーメンの共通点といえば白濁スープなので、白濁するまで出汁をとるとタレではなく出汁由来の種類名になるのかもとの仮説がたちます。

で、次に出汁由来の種類名で思い浮かぶのが煮干ラーメン。スープが灰色になるまで煮干を使ったラーメンって俺個人としては初めて食べたのがここ10年以内なので、そういうド濃厚煮干のラーメンはわりと最近生まれた種類のラーメンなのかなあと勝手に思っています。
さて、スープが灰色になるまで煮干が使われたラーメンを、たとえ醤油ダレだとしても、単に「醤油ラーメン」という名前で提供したらひと悶着ありそうです。
なので、濁るレベルの出汁使いなら出汁由来の種類名になると言えそうです。
ただ、煮干ラーメンに関しては、濁らない程度に煮干出汁をとった清湯スープでも煮干ラーメンと名乗るケースをまあまあ見ます。
となると、濁れば出汁由来の種類名に確実になるが濁らないからといってタレ由来の種類名になるとは限らないといえそうです。

最後に出汁由来の種類名で思い浮かぶのが貝出汁ラーメン。俺個人としてはここ3年くらいで初めて聞いた種類名です。
このラーメンの不思議なところが、スープが濁るほど貝出汁をとったやつを見たことがないのに出汁由来の種類名なところなんですよ。
しかも、俺が知る限り貝だけから出汁をとってるものは無く、すべて他の動物出汁と合わせてあるんですよ。つまり出汁の一部由来とでもいうべき種類名なんです。
というわけで、スープが濁るほど出汁をとるかどうかとは完全に無関係のが出てきてしまいました。
posted by 漢字中央警備システム at 05:41| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

復帰(ゴーフ)

お久しぶりです。ゴーフです。
ブログに復帰します。
posted by 漢字中央警備システム at 22:37| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

お知らせ(ゴーフ)

ゴーフは2ヶ月ぐらいブログをおやすみします。
posted by 漢字中央警備システム at 22:40| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

ビデオパスの話(ゴーフ)

auビデオパスがアニメ充実してるって話は以前したんですが、あれ以降も探索してみるとおもしろそうなのがけっこうありますね。

とりあえず、「シンデレラガールズ劇場クライマックスシーズン」はリアルタイムで追っています。
アニメ最終回を迎えて間もないところでは「かぐや様は告らせたい」を見ましたが、ほぼ一気見ができるのはビデオパスの良いところですな。
去年の年末にブログでネタにしたバンドリのアニメ「バンドリsecondseason」も見ました。まさかそのネタっぽいマインドの新キャラが出るとは思いませんでしたので、アニメ放送前にネタにしといて大正解でしたね。

あとは「シュタインズゲートゼロ」「サンダーボルトファンタジー2」あたりが気になりますが、こうなるとビデオパスは本当に時間泥棒ですな。気をつけねば。
posted by 漢字中央警備システム at 03:56| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

抽出器具ごとの俺の淹れ方3(ゴーフ)

タイトルどおり「抽出器具ごとの俺の淹れ方」の第三弾です。

予告どおり、今回はペーパードリップの話。

ペーパードリップ自体は語ろうと思えば尋常じゃない数の要素があるんですが、俺的にはフレンチプレスやエアロプレスで出せない良さを出すことが目的となるので、それに関係しない話は一切しません。
で、ペーパードリップが前記プレスたちと違う特徴はというと、
【1】透過法ゆえに濃く出やすいということ。
【2】フレンチプレスと違って挽き目を細かくできること。
【3】エアロプレスより耐熱温度が高いこと。
あたりが考えられます。
なので、特殊なコーヒー豆の独特な味がプレス系でうまく出ない場合や、そもそも味自体が出にくいコーヒー豆の場合に重宝しています。
それゆえ、過抽出よりは抽出不足にならないようにすることに重点を置いています。

では、実際の抽出方法の説明をしていきます。
パーフェクトタッチUでの挽き目は「1の右」を基本とし、特に味の出にくいコーヒー豆では「2の右」にします。(この目的でもなお、細かければいいわけではないので、適切な挽き目をコーヒー豆ごとに見つけたほうが良いです。2の右が最適な豆を3の右で挽いた際、平凡で特徴が消えてしまう出来になりました)。
微粉除去は基本しません。
ですが、コーヒー豆によっては「0の右」で微粉除去するのがペーパードリップの最適解のものもあります。もっとも、いままでの経験上、そういうコーヒー豆はペーパードリップが最適解ではありません。

コーヒー豆30gに対し、お湯600ml使用します。
落としきりなので600mlきっかり落としきります。
お湯の温度は95℃です。しっかり抽出したいので高めの温度です。

で、コーヒー粉のどこにお湯を注ぐかですが、俺的には中心部一択です。
俺的抽出法でないなら、中心部と外側に適切な割合で注ぐことで複雑な味作りをしたりするわけですが、あくまで俺の目的に合わせるなら中心部一択です。

というわけで、ペーパードリップのなかでも俺独特な部分の説明でした。
他の部分はネットをあさればいくらでも情報があるので、知りたい人は自分で調べてね。

抽出器具ごとの俺の淹れ方は今回で最終回です。
ですが今後、FrankOneとか水出しコーヒーメーカーとか入手したら復活するかもしれません。

ではまた次週は別の話題で。
posted by 漢字中央警備システム at 00:01| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

最近の話(ゴーフ)

auビデオパスを使い始めたんですが、地方民にとってはなかなか良いです。
もともとはビデオパス独占配信のオリジナルコンテンツ目当てだったんですが、テレビで放送中のアニメが全話みれたりするので、かなり重宝してます。
とはいえ、定額課金で見放題ゆえに時間泥棒になりそうなんで、あくまで適度にしないといけませんな。

サブウェイが近くにないので、なかなか行く機会がなく、たまに行くと複雑な注文をやりきることができず、「こうすれば良かった」的な後悔が毎回おきます。
そもそも、よく行っていたゼロ年代とメニューも変わっているので、要所要所で想定外が発生します。
それもカスタム性の高さゆえなんで、こっちが慣れるのが重要ですな。
カスタム性が低くなったら嫌だしな。
posted by 漢字中央警備システム at 23:12| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

ダブルソース(ゴーフ)

焼きそばには粉末と液体のダブルソースが良いと思うんですよ。
そう思うキッカケになったのは、マルちゃん昔ながらのソース焼きそばです。
CMでもダブルソースを売りにしていて、実際うまい。
この経験もあって、当ブログで公開したオムソバのレシピでもダブルソースにこだわっていたわけです。

実を言うと、塩焼きそばでもダブルソースでうまくなると思っています。
というのも、サッポロ一番塩カルビ焼きそばが、初めて食べた2006年頃が粉末と液体のダブルソースでえらくうまかったんですが、2012年頃にシングルソースになっていてイマイチおいしくなくてあんまり食べなくなったんです。近年またダブルソースに戻っておいしくなったので、やはり決め手は粉末と液体のダブルソースだと思うわけです。

話は戻りますが、そのダブルソースの代表ともいえるマルちゃん昔ながらのソース焼きそばが、ダブルソースやめてました。
果たしてうまいのか。
それは食っていないのでわからない。
posted by 漢字中央警備システム at 05:12| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

訂正記事です(ゴーフ)

以前このブログに書いたコーヒーミルの記事で、清掃用のハケの話をしました。
その中で「ダイソー」と「セリア」を逆に書いていたことをお詫び申し上げます(現在は訂正済み)。
せっかくなので、実物の写真をどうぞ。

20190324214429533.jpg
左がセリア(おすすめのやつ)。
まん中と右がダイソーのやつです。

毛の質としてはまん中も悪くはないのですが(右のよりは柔らかい。とはいえセリアよりはかたい)、小さいので広い範囲を掃除するには掃く回数を増やさなくてはいけないので、めんどくさいです。
posted by 漢字中央警備システム at 21:51| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

メールの話(ゴーフ)

Gmailの引用文が手を色々加えても紫色になってしまう現象があります。
どうにかならんかなぁと思い対処法をググってみたんですが、「送信先では紫色にならないから大丈夫」的なことが書いてありました。
そんなことなくない?
というのも、相手から送られてきたメールの一部が紫色なことがあるんですよ。
しかも、いかにも引用文をそのまま流用してそうな文章の部分なんですよね。
こっちのメーラーが勝手に引用だと判断して送られてきたメールの文字の色を変えてる可能性を否定する根拠がないとはいえ、やはり受信側ではなく送信側が色を変えてる可能性のほうが高い気がします。
なんとも迷惑な機能で、ググった感じでも迷惑に感じてる人いるようなのに、なくならないし、わかりやすい対処法もないっぽいの、謎ですね。

posted by 漢字中央警備システム at 01:07| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

れたぺぱ(ゴーフ)

先週、やたらとレタペパバーガーが食べたかったんですよ。
みなさん覚えてますかね、レタペパバーガー。
マクドナルドで100円で売ってたやつです。

そしたら、次のマクドナルドの新メニューの厚切りペッパーベーコンてりたまのソースがレタペパバーガーのやつらしいんですよ。
偶然ってあるもんですね。
posted by 漢字中央警備システム at 01:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

カスクート(ゴーフ)

セブンイレブンで発売されているカスクート(カマンベール&ロースハム)が、たしか首都圏でしか販売されていなかったんです。
それがついに今月ぐらいに、東北でも販売されるようになりまして、ようやく食べることができました。
値段は高くて味は硬派。
それだけにいつまで売り続けてくれるかわかりませんが、良いものでしたよ。

この調子で関東・中国・四国限定のもっちりクレープ(カスタード&ホイップ)も販売地域拡大してほしいところ。
posted by 漢字中央警備システム at 02:04| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

にゃんにゃんにゃんの日(ゴーフ)

この前は2月22日でにゃんにゃんにゃんの日でしたね。
猫好きとしては見逃せない1日。
なのにそれとは無関係な写真をわけもなくアップしちゃいますね〜。
20190226024727120.jpg
20190226024745671.jpg
20190226024805369.jpg
20190226024818740.jpg
20190226024835251.jpg
20190226024924306.jpg
20190226025017742.jpg
posted by 漢字中央警備システム at 02:51| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

見果てぬ夢の数を指で数える(ゴーフ)

どうも、流浪のダベり屋もどきのゴーフです。

今週はSS版「メルティーランサー Re-inforce」です。
とでも言いそうな流れですが違います。

テレビのバラエティー番組でベテラン声優対アイドル声優という切り口の内容のものがありました。
それがネットニュースになっているんですが(https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1902/14/news142_0.html)、要約に難あるかもなあって部分があるので物申すマンするよ!

当該記事の
「実力があっても年齢でオーディションに落とされてしまう現状が紹介されると、尾崎さんは「今の声優は、アフレコだけじゃなくて歌ったり踊ったりとかキャラクターに近い人が選ばれる可能性が高い。歌って踊れる声優が今一般的」だと見解を示しました。」
というところは番組どおりなんですが、その後の
「池澤さんが、自身が歌って踊れるタイプの声優ではないと話し」
という部分は、だいぶ記者の解釈が入っちゃってる感あります。
実際は、尾崎さんの発言に対し「歌えない、踊れない人は…」と言いかけたところで言葉が途切れてしまっているだけなので、自分のことを言っているのではない可能性があります。
それどころか、池澤さんのキャリアからすると自分のことではない可能性のほうが高い気がします。
というのも、プレステやサターンで出たゲーム「メルティーランサー Re-inforce」のオープニングテーマソングWhisper Blueとか歌ってるんですよ。
今回のタイトルはその歌詞です。

ちなみに、昔に当ブログで連載されていたNeuのギャルゲーレビューですが、メルティーランサーは取り上げられていません。
これ、豆な。

来週は物申すマンじゃないことをします。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 02:49| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする