2019年02月11日

うしみつ〜 あ〜わ〜♪(ゴーフ)

誰が言ったか知らないが言われてみればたしかに三時だ、丑三つアワーのお時間がやってまいりました。

コーヒーの記事を長々と書いて、終わりそうなときに突然のシャットダウンで記事が全部消えました。
そろそろ買い替えかもしれません。
気力がつきたのでまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 03:15| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

たまには主張をしてみよう(ゴーフ)

ここ読んでる人にはあまり興味ない話題でしょうが、せっかくブログがあってネットで意見を発信できるので、今回はひとつ主張をさせていただきます。

日経ビジネスオンラインが今年の1月半ばにサービス終了しまして、一見その代わりにみえる日経ビジネス電子版が創刊しました。
ですが、日経ビジネスオンラインの記事がだいぶ消えてしまっているようなんです。
そこは記事は残すなり電子版に移行するなりしてほしいわけですよ。

まあ、そもそも上記のことを知らない人も多いだろうから、影響力ないブログながら情報発信、兼、主張…ってか要望ですな。
というわけで、このブログにしては珍しい話題でした。
posted by 漢字中央警備システム at 04:56| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

「ネット喧嘩」の解説(ゴーフ)

今年に入ってから、ネットでの喧嘩でえげつない汚い手を使う人を見たんです。
で、その解説記事を書こうかなと思ったんですよ。
だけどやめました。

なんの得にもならないだけならともかく、損する予感がすごいするからです。

汚い手を使う人がそのせいで負けるなり、実際は勝ったけどこうすれば倒せたみたいな話なら読む側としてスッキリするんでしょうが、実際には汚い手を使った人が勝ったみたいな流れかつ倒しかたとかもないってやつなんですよ。
この読後感の悪さの矛先が理不尽に解説者に向かうことってよくあるやつですよね。

うん。書かなくてよかった。
posted by 漢字中央警備システム at 22:44| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

泉の種(ゴーフ)

アニメ声というと声の高いかわいい系の声を指すことが多いです。
で、「アニメ声」などというワードを使う人はアニメにあまり詳しくない人でしょう。
そうなると思うのが、そういう人がよく聞くアニメの声ってそういう声じゃないのでは?ってこと。
じゃあ、パンピーがどんな声をアニメで聞いていると思うのかというと野沢雅子ボイスですよ。
野沢雅子といえばドラゴンボールの孫悟空の声などで有名なおんとし82歳のでぇベテラン声優だが、はたしてパンピー1000人に聞いたアニメでもっともよく聞く声の第一位となっているのであろうか?

で、結果が田中真弓ボイスになってそうな今日この頃でした。
posted by 漢字中央警備システム at 20:34| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

抽出器具ごとの俺の淹れ方2(ゴーフ)

タイトルどおり、「抽出器具ごとの俺の淹れ方」シリーズの続きです。

というわけで、今回はエアロプレスでの淹れ方。
パーフェクトタッチUでの挽き目は「3の左」。
30gのコーヒー豆を挽きます。
とくに微粉な除去はしません。(挽き目が細かいから微粉と本来の粉の大きさの違いが少ないせいか、それとも抽出方法の特徴なのか、微粉の有無はあまり影響がない気がします)
エアロプレスには、通常方式とインヴァート方式があります。
通常方式はキャップにフィルターを入れ、キャップをチャンバーの底にねじ込み、マグカップなどに載せる。チャンバーにコーヒー粉を入れ、お湯を注ぎ、かき混ぜ、プランジャーを少しだけ差し込み、規定時間後にプレスするやり方。
通常方式の利点は3つ。ひとつめの利点はメーカー推奨の方法だけあって壊れにくいこと。理由はプランジャーのゴムにコーヒー粉が接するタイミングがインヴァート方式より遅い(あるいは無い)のでプランジャーのゴムがコーヒー粉で傷つけられにくいから。ふたつ目の利点は、インヴァート方式のようにお湯をいれたエアロプレスをひっくり返すという動作がないので、その点で安全ということ。3つ目の利点は、チャンバーにプランジャーを差し込む深さについて神経質にならなくて済むこと。インヴァート方式の場合、深く差しすぎるとお湯が入る量が減るし、浅すぎるとお湯が漏れる大惨事に繋がります。
通常方式のデメリットは、作業中にどんどん液体がマグカップに落ちてしまうので、「規定時間お湯と粉が触れていない」&「加圧されていない」液体ができあがったコーヒーに混ざってしまう。つまり、しっかり抽出できていない液体が多少混入してしまうわけです。
で、インヴァート方式の利点とデメリットは通常方式の逆になります。
俺的にはインヴァート方式で行います。いろいろ試した結果ですが、インヴァート方式で過抽出になることは無く、むしろ抽出不足が良くないとの判断です。その辺の話はまた後で。
インヴァート方式なので、まずプランジャーのゴムを濡らしてチャンバーに差し込みます。深すぎず浅すぎずがポイントで、ゴムが半分くらい入って、半分入ってないくらいが良いと思います。
キャップに専用のペーパーフィルターをセットしフィルターをお湯で濡らしておきます。
はかりの上にプランジャーを下にした状態で(つまり通常方式と逆に)置き、チャンバーにコーヒー粉を入れます。
タイマーを1分にセットしておきます。まだスタートは押しません。
80度のお湯を180g以上入れたいのですが、焙煎度が深いとガスでめっちゃ膨らみチャンバーからあふれてしまうためそういう場合はあきらめて170g程度にしておきましょう。このあとかき混ぜる際にもこぼれる危険があるのでチャンバーに余裕をもって、入れすぎないように注意しましょう。
お湯を注ぎ終えたらタイマーのスタートを押します。
付属のパドルでかき混ぜます。エアロプレスの製作国での説明では10回かき混ぜるとありますが、ここは日本の輸入企業の推奨している「ゆっくり5回」でいきましょう。混ぜることが目的ではなく粉にお湯が行き渡るようにすればオーケーという感覚でいいと思います。で、このときに、チャンバーのふちに粉がついてしまうと加圧の失敗に繋がる(具体的に言うと横漏れ)というのが俺の経験則なので、粉がふちに出ないように注意しましょう。
チャンバーにキャップをセットします。
そして、タイマーが鳴ったら、ミルクジャグを上下逆さまにしてキャップの上からかぶせ、ミルクジャグとエアロプレスの上下を逆さまにひっくり返します。
ミルクジャグでなくコーヒーサーバーでもサイズが合うやつなら大丈夫ですが、ミルクジャグのほうが壊れる心配がないし、コーヒーサーバーでエアロプレスにサイズ合うの探すのが大変なので、俺はミルクジャグを使います。0.6Lのサイズのミルクジャグが俺的には使い勝手が良く、エアロプレスのサイズにも合います。
で、プランジャーを押して加圧します。20秒くらいで終わるくらいの強さで加圧します。終わるタイミングはプシューという空気音がするあたりです。
それにお湯を、チャンバーに注いだお湯と合わせて450gになるように注いで(つまりチャンバーに180g注いだなら270gのお湯を注ぎ)薄めます。
以上で完成でーす。

以前このブログでブラジルショコラのレシピとしてエアロプレスで粗びき&微粉除去での抽出方法の紹介をしました。
その方法と今回の方法では、味のバランスは変わらないけど、粗びき&微粉除去だと単に出来上がりの量が減る(つまり同じ量作ると薄くなる)ことが判明しました。
なので、粗びき&微粉除去をエアロプレスでやるのは単純に「もったいない」というのが今の俺の判断です。
挽き目と加圧の関係性ですが、細かいほうがスムーズに押せる。粗いほうが押すのに抵抗がある。ですが、粗びきかつ微粉除去すると、今回の細かさよりもさらにスムーズに押せるので、あんまり圧がかかってない気がします。

挽き目が細かくてもエアロプレスではお湯との接触時間が短いので過抽出になりにくいのだろうと思われます。

というわけで、このシリーズの次回はペーパードリップのお話。
ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 21:07| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

テレビと映画の創作論(ゴーフ)

映画と違ってテレビは「ながら見」されるからしっかり見なくてもわかるように無粋な原作改変が行われる、的な話が流れてきたんで、それをダシに今日のブログ。
このことからテレビマンが矜持が足りないとか愛が足りないとか、普通は思うでしょう。
でも、俺からすると「中途半端に」矜持やら愛やらがあるという可能性も感じてしまうのですよ。
というのも、「テレビはながら見される」は正しいけれど、そこから「ながら見でもわかるようにすべし」に行くには飛躍があるわけです。

自分はテレビでもわりとしっかり見るタイプなんですが、俺の観測範囲にはストーリーわかってないのに見てる人とかいるんですよね。
より範囲を広げてみると、思想系の人のベストセラー本で「いまの人はストーリーなんか興味ない」的なことが書かれていたり、その本への反論として昔からそういう物語消費はされていたという証拠があげられてたりします。

つまり、ながら見でストーリーがわからなくても人は楽しむものだし、それでもストーリーをわからせたいというのは実に「中途半端な」矜持なり愛な可能性があるなと思うわけです。
まあ、ストーリーわからない人は見ないみたいな先入観から抜け出てないだけの可能性もありますけどね。

追記:いや、もし無粋なわかりやすさで視聴率が上がるっていう有意な調査結果あるならごめんなさいだけどな。
posted by 漢字中央警備システム at 23:07| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

2018総括(ゴーフ)

一度別の内容でアップしたけど、しっくりこなかったので書き直し。

今年は、去年機種変更したスマホがストレージ容量少なすぎて、アプリゲームをいくつか諦めた年でした。
諦めたゲームのひとつがバンドリガールズバンドパーティーです。
音ゲーは本当に容量でかいですね。
というわけで、機種変更前のバンドリのストーリーしか知らない俺が、その程度の知識でバンドリ最強バンド編成を妄想するのが、今回のブログです。
なんでよりによって平成最後の年末にこんなネタなのかというと、バンドリ(アニメ、マンガ)の登場キャラクターにRASというバンドが来年はじめに加わるので今まで考えてた「最強」が変わってしまう可能性があるからです。要は駆け込みネタ。

【ルール】
・最強とはゲームでの数値の話ではない。
・最強とはストーリーから読み取れる設定としての最強のことである。
・バンドとして成り立つ編成でなければならない。なので、全員ベースとかは失格。
・一応、ゲームどおり5人編成とする。
・中の人ではなくキャラクターで考える。

【それでは俺の考える最強編成はこちら】
vo.湊友希那(ロゼリア)
ストーリー的にも一番プロに近い人物として描かれていますね。
gt.氷川日菜(パステルパレット)
才能のある天才ですからね。
dr.宇田川巴(アフターグロウ)
あこ曰く、世界一のドラマーですからね。
key.白金燐子(ロゼリア)
実力者であることがストーリーで語られていますからね。
dj.奥沢美咲(ハロー、ハッピーワールド!)
バンドの作曲や裏方を一手に引き受けていることを考えると実力者としか思えない。

なお、キーボードとDJはリアルバンドでも役割がかぶりがちなのでそこの役割はDJをメインにします。
そして、キーボードでベースラインを弾くというYMOスタイルにすることでベースの不在をキーボードが補います。

どうです? 最強でしょう?

それでは良いおとしを。
posted by 漢字中央警備システム at 02:04| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

抽出器具ごとの俺の淹れ方・番外編(ゴーフ)

この記事(http://kcss.seesaa.net/article/463028612)でフレンチプレスでコーヒーを淹れる方法の話をしましたが、今回はそのオマケ話。
フレンチプレスは、ペーパードリップやエアロプレスと比較すると、抽出後のコーヒーの粉の処理(要は捨てることなんですが)がめんどくさいです。
ペーパードリップならペーパーごとゴミ箱へポイ。
エアロプレスならキャップを外して、そのまま押し出してゴミ箱へポイ。
ところがフレンチプレスはひっくりかえしてゴミ箱へ粉を捨てようとしても、湿った粉は大量にプレス内に残ります。
そこでオススメなのがこちら。
20181224220923463.jpg
100円ショップのキャンドゥで売られている水切りゴミ袋。(写真はオレンジの花柄ですが、黒い英字新聞柄のもあります)
これのミニサイズのだと一リットルのフレンチプレスには小さすぎるのでオススメしません。
で、これを流し台に立てておき、使用後のフレンチプレスに水を入れて、この水切りゴミ袋に捨てる。
「水を入れて捨てる」を二回くらいやれば、粉は綺麗に捨てられます。
実に簡単。

ちなみに最近はこれに似たやつがダイソーでも売ってるんで、キャンドゥが近場にない人でも入手可能かもしれません。
posted by 漢字中央警備システム at 22:17| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

公式サイト完全移転のお知らせ

当サークルのサイトが移転したことは先月お伝えしましたが、この度、これまでのサイトは新サイトへの案内のみのものとなりました。
ちなみに新サイトのURLはこちら。

http://kanjicss.syuriken.jp

いずれ、旧URLにある新サイトへの案内含め旧URLの内容は完全になくなるようなので、早めにブックマークの変更をお願いします。
posted by 漢字中央警備システム at 22:24| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

マヨネーズ(ゴーフ)

最近、初めてピュアセレクトマヨネーズのカロリーオフのやつを食べました。
俺の中で、カロリーオフをことさらアピールするやつは美味しくないというイメージがあるので今まで避けてたんですよ。
コーラにしてもむかしあったダイエットコークとか美味しくなくて、ペプシネックスとかあたりのカロリーゼロだけどそこをアピールしないやつが出てきたあたりでゼロカロリーコーラが美味くなったと思うわけで。
で、いろいろあってカロリーオフのマヨネーズを不本意ながら食べることになって食べたんですが、これがカロリーオフじゃないやつより美味い!
マヨネーズというより濃厚な卵ソースとでもいうべき味わい。
これ、カロリーオフとかデカデカと書いてあるせいで届けるべき人に届いてないんじゃないかと心配になります。
ただね、わざわざカロリーオフをアピールせざるをえなかった理由も想像できるんですよね。
というのも、カロリーはオフだけど塩分が約3倍なんですよ。
こりゃあ、カロリーオフでヘルシーアピールしないと塩分のデメリットだけが悪目立ちしそうですわな。
だとしてもね、カロリーなんぞより美味さを伝えてくれてれば、もっと早くに出会えてたのに、とは思いますね。
posted by 漢字中央警備システム at 21:44| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

抽出器具ごとの俺の淹れ方(ゴーフ)

どうも、1ヶ月ぶりのコーヒーの話題です。

今回は抽出器具ごとの抽出方法の話。
一応基本はおさえてはいます。
ですが、味の好みは人それぞれなんで、あくまで俺好みにカスタマイズした方法をご紹介します。
傾向としては苦味少なめ、味は薄すぎない程度に薄い、という感じのはずです。
多数杯どりでやっているのは、表向きは「味が安定するから」という理由ですが、単に俺がものぐさなだけかもしれません。


まずはフレンチプレスについて。
パーフェクトタッチUでの挽き目は「0の右」。
37gのコーヒー豆を挽きます。
それを茶こしに移し振って、微粉を落とします。この量の豆だと茶こしは98号(91-97mm)がちょうど良いです。ときどき、茶こしの外横についた微粉をトントンと茶こしのフチを叩いて落としたり、茶こしの内側に固まった微粉を計量スプーンで削り取るように取り除いたり、目立つ微粉の塊を計量スプーンで取り除いたりし、茶こしを振っても微粉が出なくなるまで微粉を取り除きます。
微粉を取り除いたコーヒー粉は30gぐらいになっているはずです(焙煎度とかでも微粉の量は変わるのですが、あまりそこまで厳密に俺はやってないです)。
それをフレンチプレス(大きめのやつ)に入れます。
そこに80度のお湯を520ml、粉全体が濡れるように注ぎます。粉全体を濡らすために棒などでかき混ぜる流派もありますが、俺はブレイクの概念(お湯を注いだ後のコーヒー粉の塊は上に浮くが、それを崩すと抽出が止まる[厳密にいえば、抽出されにくくなる]という概念)の信奉者なので、かき混ぜはしません。
お湯を注いだのち、フィルターつきの蓋をしてから、4分待ちます。
そして、フィルターをゆっくりおろして完成です。
いくつかのカップに注ぐ場合は、濃さが均一になるように、一杯分を一気に注がないようにしたいところ。

フレンチプレスだけでだいぶ文量が多くなってしまったので、他の抽出器具については、またの機会に。
それでは。
posted by 漢字中央警備システム at 21:52| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

サークルサイト移転しました(ゴーフ)

当サークルの公式サイトが移転しました。
とはいっても、いままでのは、まだそのまま残っていますが。

新サイトのURLはこちら。
http://kanjicss.syuriken.jp

引き続き、よろしくお願いします。
posted by 漢字中央警備システム at 03:44| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

麺活(ゴーフ)

ド濃厚ラーメンを食べに遠方まで行ったんですが、特にこのブログに書くような種類の内容はないです。
いや、なんか書けたらいいなと、だいぶ長い時間考えたんですが難しいですね。
写真は撮りましたけど、写真じゃ伝わらないし。

というわけで、ジオウの話でもしますかね。
ジオウ、回を重ねるごとに面白くなってる感ありますね。
ディケイドの不穏なコンセプトとは真逆に、わりと素直にお祭り作品になっているんじゃないかなぁ。
posted by 漢字中央警備システム at 03:06| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

サイト移転まだです(ゴーフ)

当サークルの公式サイトがジオシティースのサービス終了にともない移転することは、以前お伝えしたとおりです。
で、サイト移転方法の案内がジオシティースからあったので簡単にできるのかと思ってたんですよ。
そしたら、これが意外に面倒で、
まだサイト移転ができていません。

というわけで、中間報告的なやつでした。
posted by 漢字中央警備システム at 02:44| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

パーフェクトタッチU感想(ゴーフ)

メリタの電動コーヒーミル、パーフェクトタッチUを使用しての感想です。

挽き目を調整可能な臼式の電動ミルとしては、ほかと比べてとてつもなく安いのが特徴。
抽出方法などによって挽き目をよく変える俺にとって、臼式は重宝してます。
また、俺は一度に30g以上挽くので電動でないときっとキツかっただろうと思います。

微粉が出やすいとかそうでもないとか情報が錯綜していますが、個人の見解としては「それほどでもない」ですね。
実はしばらくは微粉がめっちゃ出るなあと思っていたんですが、もっとガッツリ高価格の評判の良い電動ミルでも微粉がかなり出てるのを見て、そんなに微粉量が変わんないことを知った感じです。
微粉が出やすいと言われてるのには、おそらく次の理由があると思われます。
まず、他の臼式の電動ミルは挽いた粉を真下に落とすので、挽き目どおりの粉も微粉もとくに分離することがない。
しかし、パーフェクトタッチUは前に風力とかで押し出すことと、本体のほとんどがプラスチック製ゆえに静電気が発生しやすいことが重なり、挽き目どおりの粉はその重さゆえに下に落ちるが、微粉はその軽さゆえにただでさえ上のほうに集まりやすいのに、静電気でさらに目立つところに集まってしまう。
そんなところではないかなぁと。

さて、パーフェクトタッチUは段階式の挽き目調整が可能です。
挽き目の段階の数字は0から4の計5つの数字しか書かれていませんが、実際はもっと段階数は多いです。
粗いほうから「0の右」「0と1の中間」「1の左」「1」「1の右」「1と2の中間」「2の左」「2」「2の右」「2と3の中間」「3の左」「3」「3の右」「3と4の中間」「4の左」「4」「4の右」の計17段階あります。

俺の考える基本の挽き目は、
フレンチプレスやメッシュドリップ→0の右
ペーパードリップ→1の右
ただし、ペーパードリップでもコスタリカの浅煎りで味が出にくいものは「2の左」。
エアロプレス→3の左
となっています。

パーフェクトタッチUは、清掃がわりと大変です。
プラスチック製で粉がつきやすいのですが、臼部分は水をつけてはいけないので水洗いできません。
挽いた粉が入る容器と蓋、本体の蓋の計3ヶ所は水洗いできますが、やはり臼を濡らさないようにとかいろいろ考えると、洗ったあとの水滴拭きが神経を使います。
水洗いできない部分は、布で拭いたり、ハケを使って綺麗にします。
とくに挽いた粉が出てくる出口が、汚くなりやすいうえに清掃しづらい難所ですが、100均のハケで良い感じになります。
といっても、ダイソーの毛がやわらかめで横幅もあまりないハケが非常に良く、セリアの毛がかためで横幅弘めのハケはあまり使い勝手が良くなかったです。

以上、パーフェクトタッチUを使用した感想でした。
posted by 漢字中央警備システム at 04:46| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

ふっとんだ(ゴーフ)

ブログ書いてる途中でスマホが強制終了したので書いてた内容が全部消えました。
来週書きます。
posted by 漢字中央警備システム at 01:28| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

パリピ向け超難易度ゲーム(ゴーフ)

パリピ向け超難易度ゲームをする夢をみました。
鬼のように難しかったです。
夢なんて起きて時間がたつにつれどんどん忘れてしまうものなので、もうあんまり覚えてないです。

さて、話は変わりますが、人狼ゲームってかなり論理的なゲームですね。
人狼ゲームの内容がわからない人は自力で調べてもらうとして、騎士の挙動からの推測できるものが個人的にはインパクトがありました。


残り3人で自分が市民。
で、騎士に守られたことにより狼による市民の死者が出なかった。
ここで自分を人狼扱いして処刑しようとする人は騎士ではありえない。

実にロジカル。
ゲーム開始時のあまりの自由さゆえに何を話せばいいのかわからない度の高さで初心者には論理性が隠れがちだと俺は感じましたが、これ以外にも論理的な思考で見える手筋があるんだろうなぁ。
posted by 漢字中央警備システム at 17:56| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

公式サイト移転予告のお知らせ(ゴーフ)

漢字中央警備システムブログに直でブックマークしているかたには関係ない話かもですが、このブログとは別にある当サークルのサイトとして使っているジオシティーズのサービスが来年3月に終了します。
そのため、当サークルのサイトをそれまでに移転することを予定しています。
このブログはジオシティーズとは無関係なので、このブログに関してはこのことからの影響はありません。
サークルサイトを移転した際はあらためて当ブログで告知いたします。
posted by 漢字中央警備システム at 06:26| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

人は誰かになれる(ゴーフ)

「人は誰かになれる」ってのはドラゴンクエスト7のキャッチコピーですが、このキャッチコピーが出た当初から「意味がわからない」「今の自分を捨ててまで他の誰かになろうとは思わない」みたいなことをネットで言われていた記憶があります。
で、結局あのキャッチコピーの意味ってなんだったのかなと思い、少し調べてみました。発売から18年も経てば、ゲームをクリアして「ああ、こういう意味だったのね」ってわかった人がたくさんいるだろうとの見込みですよ。
そうしたら、意外なことにみんなバラバラのこと言ってるし、そのうちけっこうな割合で「自分はこう思う」程度に不確定な言い回しだったりする。
例を挙げると、

「主人公が成長していく過程を体験してほしいということだと思う」
「グレーズ姫に惚れられたり、世界を救ったり、主人公はある意味で自分自身「平凡な漁師の息子」じゃない「誰か」になる」
「ゲームのどれかの役になりきれるくらい熱中できるゲームということなんじゃないでしょうか」
「他の人には代わりのできない、意味のある存在になれるという意味ではないでしょうか。私の中では、キーファがそのキャッチコピーに一番ぴったりのイメージです。」
「主人公と自分自身を置き換えてプレイできるという、ドラクエの醍醐味を表現していると思います。」
「Zの主人公のような漁村の普通の子供でも好奇心から世界を救ったように、人は何か行動をすればきっと何かが見えてくるみたいな事を言いたいのかな?」

で、これらの説明をみると、ふたつのカテゴリーに分けることができます。
1番目、3番目、5番目は、いわゆるロールプレイとしてプレイヤーが他の人になれるという意味。こちらは、「誰か」の一般的な用法ですね。
2番目、4番目、6番目は、「誰か」という言葉になんらかの肯定的な意味づけがされていて、プレイヤーなり登場キャラクターなりがその肯定的なものになるという意味。正直、自分としてはあまりピンとこない用法です。

さて、じつはドラクエ7のキャッチコピーが出た当時、いまはもうないとあるサイトで、このキャッチコピーは「be someone」の直訳・誤訳ではないかといった話をみたことがあるんです。(18年前だから記憶もあいまいだし、いまはないサイトなので確認のしようもないから多少違うかもしれないけど)
someone(somebody)には「誰か」以外に「大物、偉い人」という意味があり、be someone(be somebody)で「大物になる」という意味になります。(ちなみにsomeoneとsomebodyはほぼ同じ意味。somebodyのほうがくだけた言い回し)
たしかに、「大物になる」なら意味も通るし、先ほどの2・4・6番目の意味とも一致します。
しかし、そうするとひとつ疑問がわきます。
日本語の「誰か」に「大物、偉い人」って意味あるの?
そこで新明解国語辞典第四版を調べてみました。
しかし、「誰か」にそんな意味はなく、念のため「何物」と「何者」も調べてみましたが、やはりそんな意味は書かれていませんでした。
第四版刊行以降に定着した日本語なんですかね?
ピンときた人もいるかもしれませんが、以前このブログで書いた「何者にもなれない、何者でもない」ってなんで悪口みたいな使われ方してるのか(http://kcss.seesaa.net/article/452095124.html)と、この話は繋がってる気がします。

「何者でもない」は手元の和英辞典や英作文辞典で出てきませんでしたが、『夢と眠りの博物誌』の実存主義に関する箇所でnobodyを「誰でもない者」と訳しているので、英訳はnobodyになりそうです。
nobody(noone)には辞書的には「取るに足らない人」という意味があります。
うわぁぁぁぁぁ、繋がったぁぁぁぁぁぁ!

つまり、英語をわかりにくく直訳してしまった用法が日本語に定着したってこと?
「何者」とか「誰か」とかいうと、なんか深い意味がありそうに思ってたけど、単に「大物」だったり「取るに足らない人」程度の意味だったなんて。
近年世間で使われてる用法には、実存主義での用法みたいな深い意味はなかったのね。
posted by 漢字中央警備システム at 01:14| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

カレー試行錯誤、その3(ゴーフ)

当ブログの2016年1月から2月にかけて「カレー試行錯誤」なる記事を書いてたんですが、結末をまだ書いてなかったんで、そろそろ結末を書きます。
その後もいろいろ試行錯誤したんですが、結論を言うと、想定していた美味しさにならない理由はルーでした。
近場のスーパーにあるプライベートブランドのルーが美味しくないやつだったんですよ。
別のスーパーのプライベートブランドとか、プライベートブランドじゃないやつとかのルーは普通にもしくはとっても美味しいんです。
たまたま運悪く美味しくないルーで作り続けてたというオチ。

実際、カレールーって種類ごとにかなり味に違いがあるので、ルー選びって重要ですね。
posted by 漢字中央警備システム at 02:20| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする