2020年11月15日

動画視聴の近況(ゴーフ)

鎧武外伝仮面ライダーグリドンVS仮面ライダーブラーボを目的に東映特撮ファンクラブ(TTFC)に登録しました。
これを機会にこれまで見れなかったものの一気見をしとります。
RIDER TIME仮面ライダーシノビ、仮面ライダーブレン、仮面ライダーブレイブ終結せよビーストライダースクワッドとか、TTFCオリジナルをメインに見てる感じですね。
そんな感じで、ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 22:35| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

なぜアメリカ大統領選挙は選挙人制度を採っているのか(ゴーフ)

グレイトー!アメリカー!
はい、「U!S!A!」で返してくださいねー。
最近、アメリカ大統領選挙が盛り上がっているので、なぜアメリカ大統領選挙が選挙人制度を採っているのかの話をします。
もともとアメリカ南部が……
(ズチャズチャ、ズン、チャッ、ズンズンチャッ♪)
何これ?
こんなリズム流されてもラップとかできんですよ。ぜんぜん。
こんなん流されても大統領ラップとかできんですよ!

トランプースランプー
バイデン終電
ナナナナーナナナナー
posted by 漢字中央警備システム at 21:17| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

今日俺(ゴーフ)

鬼滅をやるために上映が終わった感のある劇場版今日俺をなんとかギリギリのタイミングで観ることができました。
上映前は北根滅の田所が出ないんじゃないかみたいなブログがありましたが、ちゃんと田所は出てたし、鎖使ってたし、見せ場あったし、原作同様にやらかしてました。
posted by 漢字中央警備システム at 00:36| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

ここ半年の微々たる視聴履歴(ゴーフ)

度数99%てスピリタスよりすげぇ。

最近はテレビ放送のやーつがネットで公式配信されてて良いですな。
というわけで、ここ半年の視聴履歴。

・はめふら
アベマで見ました。
原作不足なためか、かなりオリジナル話が多かったですが、そこがむしろ良かったというか、「原作知ってるしなぁ」と切らなくて良かったと思えた作品。

・異世界居酒屋のぶ
実写化のほうをYouTubeで一話だけ無料配信。
ドラマ化あるあるの、わりと話を凝縮した感じですが、ドラマではこのくらいテンポが良いほうが良いですな。
ロバート秋山は、まあ、うん。

・仮面ライダークウガ
現時点で8話までYouTubeで公開。
平成ライダーで数少ない未視聴の作品のひとつ。
噂に違わず面白いですな。
posted by 漢字中央警備システム at 21:06| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

スパイスカレー2とハイボール(ゴーフ)

前回、スパイスカレーについてのブログを書きました。
その後、「なぜスパイスカレーを自作する男はめんどくさいのか」という文春オンラインの記事でいい感じにスパイスカレーの意味の変遷の説明がされていたので、俺のを読むよりそっちを読んだほうが良いと思います。

それはさておき、今回は缶ハイボールの俺的ランキングです。
独断と偏見なので苦情は受け付けません。

一位 Blackハイボール香る夜
甘い香りに、ウイスキー感もしっかりありつつ、嫌な味はないので、9%と度数が高いわりにだいぶ飲みやすいです。
いままで飲んだ中でダントツにうまかった印象。
なのに、値段は普通。
北海道限定と書かれていますが、北海道以外でもちょくちょくあるみたいです。
俺は南東北のイトーヨーカドーで買いました。

二位 甲州韮崎ハイボール
かなりニュートラルで個性薄めな味なんだけど、なんか飲んでいるとマッタリする独特さのあるハイボール。
原材料のウイスキーは、甲州韮崎の一番下のグレードのオリジナルではなく、その一個上のグレードのゴールド。
ウイスキーYouTuberが甲州韮崎のオリジナルとゴールドをハイボールにして飲んだレビューによると、ストレートで飲むと別におんなじくらいのうまさだけどハイボールにするとゴールドのほうが明らかにうまいらしいです。
オムニ7で買えるので、近くのセブンイレブンで送料無しで買えるのも良いですね。
値段は普通。
度数は7%

三位 トリスハイボール
レモン感強め。とにかく飲みやすい。
どこでも買えるんで低く見られがちかもしれませんが、普通にめっちゃうまいですよ。
度数7%

四位 ハリークレインズ クラフトハイボール
めっちゃ好きな人とめっちゃ嫌いな人に分かれると言われていますが、俺的には「そうなん?」というくらいニュートラル。
変な味もしないが、ウォッヒャー!みたいな感じもない。
どちかといえばクリアに感じるので、世間との評価の違いに戸惑っています。
ネックは値段の高さで、ロングではない缶で一本税込400円オーバー。
度数は9%

五位 ジムビームハイボール
バーボン由来の甘さと飲みやすさで良いです。
バーボンというものに期待をさせる味わいでした(バーボン飲んだことない)。
度数は5%

六位 ホワイトホースハイボール
スコッチ由来のスモーキーさで、ちと飲みづらさはあるが、おおむね悪くない。
度数は6%

七位 セブンプレミアム サントリー プレミアムハイボール
レモン浸漬酒使用とあるけどレモン感は全くないです。
ある意味普通。
度数8%

八位 淡麗辛口ハイボール
上記とは別のYouTuberがレモンの感じが強すぎると言っていました。
ですが、俺的にはレモンをしっかり感じるのは最初の方だけで、あとはアルコール感の強さに消されてしまう印象ですね。
ほぼほぼアルコール感。
なのに度数は7%

同率九位 ブラックニッカクリアハイボール
好みじゃないです。
香る夜と同じニッカなのになんで?という感じ。
度数9%

同率九位 角ハイボール
好みじゃないです。
度数7%

十一位 セブンプレミアム たしかな飲みごたえハイボール
ひたすらにごりごりのアルコール感。
ただ、値段はすごく安い。
度数9%
posted by 漢字中央警備システム at 21:48| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

スパイスカレー(ゴーフ)

スパイスカレーってネーミング良くないよねって話はカレーマニアの間で言われていましたが、今年に入って本当に良くないなぁと思う事態になっています。

2019年序盤頃は、普通のカレーとは違う大阪発祥の独特なカレーを指すことが多かったように感じます。
カレーにスパイスが使われてるのは当たり前なんで、当時からなんともヘンテコなネーミングではあったのですが、普通のカレーよりもスパイスが強調されている仕上がりのことを表してはいるので、(諸手をあげて賛同はできないまでも)一定の合理性はあったと言えるでしょう。
ちなみに、日清焼きそばU.F.Oスパイスキーマカレー焼きそばで、この大阪発祥のスパイスカレーのうまさを知った自分はスパイスカレーのレトルトを探して買ったりと、ややハマったりしたわけです。

しかし、今年に入ってスパイスカレーの名前が違うものを指すケースが唐突に急激に増えました。
YouTubeにせよ、本屋にせよ、スパイスカレーといえば単にルゥを使わないカレーを指しているものだらけになりました。
大阪発祥の独特の味わいのものではなく、実に平凡なスパイス構成のカレーをスパイスカレーと呼ぶものばかりです。
かつてのスパイスカレーを探す人にとっては検索汚染甚だしいでしょう。
そもそも、ついこの前まで、スパイスから作るカレーのことをスパイスカレーなんて呼んでなかったじゃん!

とまあ、そんなふうに思うのは自分が2019年からスパイスカレーに触れたせい。
どうやら、2010年にスパイスを調合して作るカレーをスパイスカレーと呼ぶ本があったようです。

結論:ともあれネーミングが悪い
posted by 漢字中央警備システム at 21:38| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

水出し飲みくらべ(ゴーフ)

以前、水出しコーヒーの話題をこのブログでしたんですが、それは透過式の抽出器具で点滴のように抽出するのでした。
今回、浸漬式の水出しコーヒーメーカーを購入したんで、その味の違いの話でもしますかね。
浸漬式の水出しコーヒーってのは、麦茶みたいな出し方をするやつです。
本当に麦茶サーバーみたいな形でそのまま傾ければ注げる(つまり注ぎ口が開いてる)のが多いんですが、自分が購入したのは密閉式。
密閉式は酸化しにくい(ような気がする)ので良いみたいな話を聞いてこれにしました。

さて、今回使用した豆はカルディのアイスブレンド。貰い物です。
容赦なく深く焙煎されたこの豆をお湯で淹れようものなら苦いこと間違いなしなので、水出し一択。
すでに中挽きに挽かれています。
透過式で淹れてみると、落ちが早すぎるので挽き目はもっと細かいほうがうちの透過式水出しコーヒーメーカーには適切ぽいです。
もっとも、飲んでみるとちゃんと抽出されているので、そんなに気にすることもないのかもしれません。

で、透過式と浸漬式の違い。
浸漬式より透過式のほうが香り立ちは良い。
透過式より浸漬式のほうが苦味がまろやか。といっても、苦味が同一ベクトルで強弱の違いがあるというよりは、苦味の質が違う気がします。なので、飲み方というか感じかたによっては浸漬式のほうが苦いと感じることもあります。でも、基本的には透過式のほうが苦いと思います。
posted by 漢字中央警備システム at 23:15| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

三面サイコロ(ゴーフ)

某小説に三面サイコロなるものが出てきまして、どんな形か想像できず、不可能立体物か何かだと思ってたんです。
ひとつの面の辺が最低3つ必要なはず(辺が2つだと面を作れないから)だけど、それだと最低でも四面ないとサイコロになる立体にならないはずと思ったわけです。
で、その小説のコミカライズで三面サイコロを絵として見ることができたんですが、思ってたのと違いましたね。
平らな面が3つあって、面扱いされてない部分があることで三面扱いなんですね。
「三面サイコロ」で検索すれば実物は簡単に見つかるので、何言ってるかわからない人は検索してみるといいよ!
posted by 漢字中央警備システム at 17:34| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

バンド編成の話(ゴーフ)

【今回は、過去に当ブログに書いた記事、ひそかにスゴイんじゃね? という内容です】

今月10日、バンドリのスマホゲームに新バンドのRASが実装されました。
しかし、RAS実装については、ゲームシステム的に難しいのではと考えていました。
というのも、発揮値を強化する設置アイテムとして楽器があるんですが、その分け方が「マイク・ギター・ベース・ドラム・その他」となっているからです。
RAS以外のバンドは、上記の分け方の楽器にそれぞれに一人のキャラがうまくあてはまっていたわけです(ギターボーカルはマイク枠になり、そのバンドはギターボーカル以外に必ずギターがいる)。
しかしRASの編成だとそれがうまく当てはまりません。
ちなみにRASの編成は、
・ベースボーカル
・ギター
・ドラム
・キーボード
・DJ
の五人。
まず、ベースボーカルはマイク枠になるのかベース枠になるのか、なるとしてどちらかの枠が空いてしまう問題があります。
つぎに、他のバンドではその他枠に入るキーボードとDJが両方いるためその他枠に二人入ってしまうことです。
つまりこれまでのゲームシステムのフォーマットが使えないと思ったんですよ。
しかし、バンドリではこんな解決法をとりました。
まず、DJをその他枠にします。
そして、ベースボーカルをマイク枠に。
そしてなんと、空いたベース枠にキーボードを入れたんです!

このブログのマニアの方は、これを見て思い出す記事があることでしょう。
そう、当ブログの2018年12月31日の記事です。(http://kcss.seesaa.net/article/463444655.html
バンドリアニメ第2期放送前のこの記事はバンドリ最強バンドを考える企画でした。
そのバンドもキーボードとDJがいる編成で、キーボードにベースラインを弾かせるYMOスタイルを主張しましたが、まさか一年半後に公式でキーボードがベース枠に入るとは思いもよりませんでした。
見方によっては予言的中ですね(ガバガバの判定)。
posted by 漢字中央警備システム at 18:54| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

生存報告(ゴーフ)

このご時世なんで、一応生存報告のブログ更新です。
近頃はアベマのアプリ入れたのでいろいろアニメとか見れるスマホ環境にはなったんですが、いまいち時間が作れないです。
そんなこんなな近況報告でした。
posted by 漢字中央警備システム at 23:30| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

ゴーフについてのおしらせ(ゴーフ)

俺ことゴーフは、今後半年ほど、当ブログの更新が不定期更新となります。
回数を減らしてひとつひとつの記事のクオリティをアップするためという理由は微塵もなく単に時間がないためです。
というわけで、たまに顔を出した際はよろしくお願いするタピ。
posted by 漢字中央警備システム at 14:45| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

静岡ツアー・おまけ(ゴーフ)

ここ2回ほど静岡ツアーのことを書いていますが、今回の静岡ツアーでは、当サークルのリーダーNeu宅へも行きました。
その際、Neu宅のNeuの部屋ではないところから次の動画のような音楽が流れてきました。
https://youtu.be/13mNLuYMu_I
それと同時に多くの子供の声も聞こえました。
将来、静岡から巌流島でフルコン空手を倒す人がでそうな予感を感じる静岡ツアーでした。
posted by 漢字中央警備システム at 23:21| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

続・静岡グルメ(ゴーフ)

先週のブログはさわやかで注文したものが届くまでの待ち時間で書きました。
そんなわけで、今回はさわやかの話。
一番有名なげんこつハンバーグをガン無視してカレーを食べるのもそれはそれでアリな気はするんですが、気分は完全にハンバーグだったのでげんこつハンバーグを注文しました。
前情報で、まず半分を塩、後半はオニオンソースで食べるのが良いと聞いていましたので、オニオンソースで注文。
到着したハンバーグを店員さんが半分に切り、切った面を鉄板に押しつけて焼きます。
そこで「ソースをおかけしてよろしいですか?」と聞かれたので「半分だけかけてください」と咄嗟に言葉が出るはずもなく「あっ、えっと、はい」と陰キャまるだしっぽい返答をしてしまう始末。
20191222183920351.jpg
そんなわけで、このようにオニオンソースがしっかりとかかったハンバーグとなりました。
で、さわやかといえば徹底した衛生管理により中が赤い生(なま)の状態でも安心して食べられるのが特徴。
事前にネットで見たゴリゴリに中が赤い写真とは異なり、食べる段階ではそこそこ焼けていて赤い部分は思ってたほど多くはなかったっす。
総評としては、かなりバランス型の味の構成のハンバーグです。
焼けている部分は牛らしい荒々しい味ながら食感は上品なぷにぷに感でした。
レア部分はふわふわしていて、恐らく唯一無二な感じ。
そして、オニオンソースの出来がとても良く、相性バッチリ。某他店のオニオンソースとは完全に別物でした。もののついでにその某他店のと比較すると、某他店のほうが食感もワイルドで完全に塩が最適解だったんですが、さわやかでの塩はオニオンソースを満喫するための準備という感じになりそうです(かろうじてオニオンソースがかかってない部分ひときれで塩を試した)。某他店の影響で「牛百パーセントハンバーグには塩!」みたいに思っていましたが、ものによると今回学びました。
posted by 漢字中央警備システム at 19:12| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

静岡グルメ(ゴーフ)

理由あって静岡に行きました。
静岡グルメといえばハンバーグのさわやかが有名ですが、それをひとまず勇敢にもスルーしてやってきたのは親子丼専門店中村屋。
親子丼といえば普通想像するのは、鶏肉をとろとろのたまごでとじたものが載っかった丼だと思いますが、ここのは違います。
言葉で説明するよりビジュアルで見てもらったほうが早いと思うので写真をどうぞ。
20191215173624670.jpg
固くなるまで加熱されたたまご。これが甘く味付けされています。
ほかには当然鶏肉が入っていますが、ほかにはカマボコっぽい食感の何かと、味がしっかりしている椎茸が入っています。
ご飯部分は、全体的に色がついており、頭部分の汁が降りてきたというよりは、ご飯自体に味がついている感じ。
これが総合的にマッチしていてうまいんですよ。
別に県外で有名な静岡グルメって感じはないんですけどね。
posted by 漢字中央警備システム at 17:40| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

ワインの話(ゴーフ)

ワインの香りの表現に「焚き火の香り」ってのがあります。
ただ、焚き火と言っても燃やす木とかによって香りも変わるだろうと思うんで、そのへんのゆらぎを解決する表現として「ハロゲンヒーターの香り」というのを思い付きました。
ロマンがないので流行らないと思います。
posted by 漢字中央警備システム at 01:53| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

新曲(ゴーフ)

「バキバキ童貞健康生活」というタイトルの曲の作詞をしたんですが、予想外に怒られそうな感じに仕上がってしまったので公開しません。
お疲れ様でした。
posted by 漢字中央警備システム at 21:42| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

クラウドファンディング(ゴーフ)

あるシンガーのアルバム発売をかけたクラウドファンディングがはじまりこくまろ氏がぶっこんできた旨のツイートを見て、少し頭に浮かんだ人物がいたんですが、はやくも95パーセント達成との知らせを見て
「あっ、違うな」と思った今日この頃。

さて、そんなこんなで上記のやつはvtuberだったので、今回はvtuberの話題。
一時期俺的にかなりハマっていたvtuberは葉邑ゆうです。
ワタナベエンターテイメント所属ということで鬼のように嫌われていたり、歌ってみたが下手すぎて不真面目だと捉えられ鬼のように嫌われていたり、体張った企画がべつにおもしろくなかったりと前途多難な感じでしたが、生放送はヤバいことを口走りそうなヒリヒリとした緊張感があってめちゃくちゃ面白かったです。
なぜハマって「いた」と過去形なのかというと4ヶ月以上更新がないからです。
そんな中、新進気鋭のvtuberが現れました。
その名もvtuber可憐。
ある日突然かわいい12人の妹が云々で有名なシスタープリンセスの可憐のvtuber化です。
これには全国のお兄ちゃんたちもDAIKOUHUNのようで、なかなか良いスタートダッシュをきめれているようです。
このインパクトたるや、半年以上更新がなかったvtuberバーチャルネットアイドルちゆ12歳もシスプリネタで更新をする始末。
ゴーフ・クランキーはvtuberバーチャルネットアイドルちゆ12歳を応援しています。
posted by 漢字中央警備システム at 22:33| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

久々のコーヒー話題(ゴーフ)

どーも、ゴーフです。
95℃のペーパードリップで淹れて苦かったコーヒー豆が100℃のフレンチプレスで淹れたら苦くなかったという経験を最近したゴーフです。

先月、喫茶店に行き、客が俺ひとりだったのでペーパードリップのハンドドリップをガン見してきました。
ハンドドリップのやり方には教科書的な基本となる注ぎ方があるんですが、その店は教科書的ではない注ぎ方でした。
教科書的な注ぎ方は円を描くように注ぐんですが、その店はわりと真ん中から動かない感じに見えました。
人ごとに個性がわりと露骨に出るんだなぁと思いましたね。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 22:37| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

カップ麺レビュー(ゴーフ)

「マルちゃん正麺濃厚魚介豚骨まぜそば」がえらくうまかったです。
どのくらいうまかったかというと、このブログでわりと普通にレビューするなどといういつもはするはずのないことをしてしまうくらいにうまかったです。
価格は(おそらく安い店で買って)198円+税だったので、そこそこ高いんですが、もっと上の価格帯のカップ麺と比べても遜色ないくらいクオリティが高いと思いますね。

【麺】
いわゆるいつもの正麺の麺です。特筆することは無し。

【タレ】
これが凄く良い。
魚介感がカップ麺の中では俺史上最強。
魚介感以外にも、濃厚の名に恥じない濃厚さがあり、じつにまったりとしているところも良い。
味はしっかりしているが、しょっぱさや脂っぽさよりも濃厚さが前面に出ている感じ。

【具】
特筆すべきはチャーシュー。
なんと、ホロホロと崩れるんですよ。うまい店のやわらか煮豚のように。
チャーシューの味付けもうまいラーメン店のやわらか煮豚っぽい感じの方向性。
ちょっと感動しますね。

というわけで、とくにひねりのないレビューをしてみました。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 00:17| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

Googleフォト(ゴーフ)

数ヶ月前にスマホの機種変更をしたんですが、その関係で初めてGoogleフォトを使用しました。
このアプリ、撮った写真を勝手に加工したり、まとめてコラージュしたり、動画にしたりして、そのことを通知してきます。
はじめのうちは、そのことに大変驚いたり、うっとおしく思ったりしていました。

ある日、ソロピクニックに行きました。
初めて行く場所で、ネット上にある情報もあまり充実していない場所だったので、適度にGoogleマップ&位置情報を使い、歩いていきました。
しかし、位置情報は電池消費が激しいので、必要ないときはこまめに切るようにしていました。
なかなかに景色の良い場所だったので、写真をたくさん撮りました。
すると、Googleフォトが写真の編集をした通知が届きました。
Googleフォトは写真と位置情報を関連させる機能があるんですが、写真を撮った場所が中国のよくわからない場所扱いになっていました。

ソロピクニックは、昼頃からはじめ、夕方過ぎくらいに終了しました。
終わり頃の写真はGoogleフォトによると中東あたりで撮ったもの扱いされていました。

そんなこんなでなかなかにおもしろいことにはなっていて、これをスクリーンショットしてブログに載せようと思っていたんですが、今日Googleフォトのアシスタント機能をみたところ、そのへんのやつは消えていました。
惜しい!
時間が経つと、Googleフォトのアシスタントが勝手にやったやつは消えちゃうんですね(泣)
posted by 漢字中央警備システム at 22:10| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする