2012年04月01日

108の質問国際条約(ゴーフレット)

自己紹介としてよく使われている「100の質問」。
しかし、たった100個の質問で自分を紹介しきれるでしょうか?
そんな不安を解消してくれるのが「108の質問」です。
聞きなれない皆さんは、きっと「108の質問」のルールを知らないことでしょう。
そこで今回は、そのルールとなる「108の質問国際条約」の条文をご紹介します!


【108の質問国際条約第1条】
頭部を破壊された者は失格とする。

【108の質問国際条約第2条】
北斗真拳を使用してはならない。

【108の質問国際条約第3条】
仮面ライダーは最後のひとりになるまで戦い合わなければならない。

【108の質問国際条約第3条・補足】
そして、最後の1人はその命を捧げなければならない。

【108の質問国際条約第3条・補足2】
バトルロワイ○ルと混同してはならない。したら死刑。

【108の質問国際条約第3条・補足3】
Fate/stay nightと混同した場合も同様とする。

【108の質問国際条約第4条】
一日一善一悪一意味不明を欠かさず行うこと。

【108の質問国際条約第5条】
午後の紅茶をPM12:01〜PM23:59の間以外摂取してはならない。
違反した場合、拷問の後死刑の上さらし首果ては蝋人形まで作られ、館に飾られる始末。

【108の質問国際条約第6条(食糧問題について)】
庭にいる生き物をむやみに調理し食してはならない。
以下に例を示す。
・イナゴ以外のバッタを佃煮にする行為
・ナメクジを塩辛にする行為
・ムカデ、ヤスデの踊り食い、またはこれに順ずる行為
・カタツムリのつぼ焼き

【108の質問国際条約第7条】
新年の抱負で「今年は彼女を作る」という内容は、本人の努力ではなくほぼ運に左右されるものなので認められない。

【108の質問国際条約第8条】
「今年こそ部屋を綺麗にする」という抱負は掲げた途端、その人の部屋が今まで汚かった事を物語る。
また、汚部屋(おへや)に宝石や貴金属類等のきれいな物を散りばめても綺麗とは言いがたい。

【108の質問国際条約第9条】
他人の血液をもてあそんだ場合、3日以内に身近な献血所に自分の血を大放出しなくてはならない。

【108の質問国際条約第9条・補足】
それは献血以外の方法でも構わない。

【108の質問国際条約第9条・補足2】
女子の場合、生理や出産による出血でも充当する事が出来る。

【108の質問国際条約第9条・補足3】
呪いを解くためにアステカの金貨をすべて集め、箱に収めた後の出血行為については除外される。

【108の質問国際条約第10条】
管理人は、現場のネタが切れかけていると第六感で察知した場合、例え試験勉強で多忙を窮めていたとしても速やかに素敵なネタ或いはネタ元を提供しなければならないこともが無きにしもあらず。

【108の質問国際条約第11条】
108の質問国際条約は、「108の質問」という企画をやっていく上でのルールを定めたものである。

【108の質問国際条約第12条】
ヴァニラ攻略を成し遂げた人を「非ヲタ」とか「脱ヲタ」とは言わない。

【108の質問国際条約第13条】
御詫び:この13条文は都合により削除されました。長い間御利用頂き、有難う御座います。
  なお、13条は国連議長により永久欠番及び第一級非公開資料に指定されましたので、今後の質問等は一切受付致出来ませんことを御理解願います。

【108の質問国際条約第14条】
フジヤマ体操によって静岡県民になれた者は、速やかに自己申告しなければならない。

【108の質問国際条約第15条】
大統領の命令により、16条は無視しなくてはならない。

【108の質問国際条約第16条】
国連の決定により、17条は用いてはならない。

【108の質問国際条約第17条】
イエスの教えに従い、15条は施行してはならない。

【108の質問国際条約第18条】
女装は禁止!絶対禁止!禁止といったらったら禁止!

【108の質問国際条約第19条】
『○○といったらったら○○』という言葉は『○○は神と仏とマザーの名に於いて、この世界の中心で愛を叫ぶように、全身全霊をかけてすべからく○○であることを婚礼の如く永久に誓う』という意味である。

【108の質問国際条約第20条】
年下を「お姉様」と呼んだっていいじゃないか。
人間だもの。

【108の質問国際条約第21条】
108の質問国際条約18条から25条までは内容の如何に関わらず全て女装についての項目である。

【108の質問国際条約第22条】
助走距離については特に定めないのもどうかと思うので、いづれ定めなければならない。

【108の質問国際条約第23条】
除草剤は環境に悪いので、極力控えめにそれでいて大胆に使用すること。

【108の質問国際条約第24条】
便所掃除はこまめに行なうこと。

【108の質問国際条約第25条】
いくら長崎屋のサンバードが心の中にいても、店自体が撤退したのでは意味が無い。

【108の質問国際条約第26条】
予定を事前の連絡無しでドタキャンされ、なおかつその後、いつまでも連絡無し&謝罪無しというのはあまりにも失礼な行為だと思うのは俺だけでしょうか?
こんな事された日には、「ああ、この人は俺を軽く見ているんだな」などと思っちゃうわけですよ。


108の質問国際条約がどんなものかわかりましたか?
27条以降をご存じの方からのご意見お待ちしております。
posted by 漢字中央警備システム at 05:08| Comment(3) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

同人小説批評・第1回『*君に降りつもる感情*』(ゴーフレット)

 『*君に降りつもる感情*』の著者さきさ れね氏は、かつて漢字中央警備システムに所属していた頃から、自分の作品を「正統派」と言われることをよく思っていないと口にしていた。本人は「ひねくれている」というのだ。
 私はそれまで氏の作品を読んでひねくれていると感じたことはなかったのだが、『*君に降りつもる感情*』を読了し、初めて本人が言うようにひねくれていると感じた。一見すると『君に降りつもる感情』は、その表紙イラスト・裏表紙のアオリ文などから、男女の青春恋愛小説だとしか取れない。また、頒布前に行っていたPR活動からしても、直球勝負の青春恋愛小説であるとの告知を語っていた。
 しかし、それは盛大なフェイクだったのである。
 その実態は、主人公・ヒロトと親友である健吾の同性愛小説だったのである。
 このようなカラクリを用いた最近の代表例としては、『魔法少女まどか☆マギカ(以下、まどマギとする)』が、壮絶で血なまぐさい話であることをオンエア以降までひた隠しにしており、更に可愛らしいイラストを描くことで有名な蒼樹うめ先生をキャラクターデザイナーとして起用、ツイッター上でも脚本家の虚淵玄先生がフェイクに近い発言をしていたものが記憶としても新しいのではないのだろうか(ちなみに『*君に降りつもる感情*』のお試し版として発行された『君に降りつもる感情』は、まどマギ放送以前のものである)。
 相違点としては、『まどマギ』は3話目ですでに壮絶な話である片鱗を見せつけるのに対し、『*君に降りつもる感情*』は、最後まで主人公の独白(小説は主人公の目線で進んでいく一人称小説)の意識下においては明確な形で現れないという、徹底したフェイクのトリックが仕込まれているのである。

 最初に総括してしまうならば、ヒロトと健吾は相思相愛の仲であるにも関わらず、互いに己の感情に意識上では気付いていない。また、彼らは相手が自分を愛していることを知らないという、言うなれば“無意識下の両片思い”という状態に陥っているのである。これから、それを検証していこう。

 まず、この小説によく男子トイレに行くシーンがよく描写されるが、そこでトイレに行くと言ったヒロトの荷物を健吾が持ってあげるという描写がある。これは、因習的ヘテロセクシャルにおいて男性が女性にしてあげる代表的な行為のひとつである。その行為が行われているのが二人きりの場であることと、後に描写されるクラスメイト達の前でのシーンで彼らがさも悪友であるかのような振る舞いを見せることとの対比によって、後者が社会の目に対する一種のペルソナであることが伺える。以降も男子トイレをシチュエーションとして描く作品ではあるが、この男子トイレは、現実ではありえないまでにヒロトひとりしか存在しない空間として描かれている。つまり、“男子トイレ=ヒロトの内面の反映”なのである。また男子トイレとは、ホモソーシャルな場である。その場面で物語上重要な要素が多々出てくるということは、ヒロトにとって重要な決断が、異性に関することではなく同性のそれであるということを暗喩しているのだ。
 次に、ヒロトがポッキーを食べさせられるシーンが描かれるが、ここにもメタファーが隠されている。身動きを取れないよう健吾がヒロトを拘束し、“ポッキー=黒い棒”、つまり男性器を連想しかねないものを咥えさせるのは、健吾のヒロトに対する欲望のメタファーからくる代替行為と言える。また、それに対しヒロトが必死に抵抗するのも、そのメタファーに対して因習的価値観をもつヒロトの抵抗と考えられる。事実、健吾抜きで一夏から貰う場合、そのメタファーがないのでヒロトはまったく取り乱すことなくそれを咥えている。ヒロトが因習的価値観を強くもっている証拠は物語後半に表れている。それは、ヒロトが早く大人になる必要性を感じている、というところだ。中学校卒業に際し、現代において一般的である高校受験ではなく就職を選ぼうとしていたあたりは、特に病的なまでの義務感を読み取ることができる(そのあたり同性愛に寛容な自由主義的である現代的価値観ではなく、同性愛に不寛容な目的論的である因習的価値観にヒロトが依っていることが示されている)。それは非常に無意識的であり、それゆえ因習的社会で非難される同性愛を抑圧することもまた非常に無意識的におこなわれていることがわかる。それゆえ「無意識に束縛されていた」「仕方がないことだと割り切っていた」と(55ページ引用)いう独白の形で表出してきている。

 ヒロトが病的なまでに恋愛に対して臆病な要因を過去のトラウマとしている。だが、そこまで病的になるにしては、そのトラウマが“一般的には些細なこと”であり、誰しもが経験するレベルのありきたりな事象過ぎるのだ。なので、原因はほかにあると考えたほうがいいだろう。その原因としてもっともしっくりくるのは、因習的社会でのヒロトの同性愛感情である。このほうがヒロトのトラウマよりも現実的に考えて“恋愛を遠ざける要因”として深刻なため、ヒロトの病的なまでの恋愛回避行動に対応するものとして説得力がある。また、禁忌とされる感情を意識上で否定するというのは、ジグムント・フロイトのいう「抑圧」の心理そのものであり、それがもとで社会的不適合を起こすというのは、フロイトの精神分析に基づくとなんとも模範的なモデルなのである。
 ストーリーの中盤で、ヒロトと一夏が保健室に世話になる描写があるのだが、保健医・大森先生は“因習の圧力”の象徴として暗喩されている。なぜなら、“若い男女は恋愛すべき”とし、ヒロトに女の子の扱い方という因習的なモラルを指示するからだ。これはまさに、ヘテロセクシャルの恋愛の押し付けであり、先生という権力的立場からそれが発せられたということが、“因習の圧力”があることをより強調する。

 多く語るものというのは、最も興味を持っているものである。文中でヒロトは、健吾について不必要なまでに多く語っている。特に、“健吾が自分よりも男性的魅力がある”という趣旨のことが繰り返し独白の形で書かれていることは、ヒロトが健吾に対し好意以上のものを抱いている証拠とも言えよう。
 その後に語られるエピソードで、一夏の親友・美由と一夏の関係における問題が取りざたされるが、ここでわざわざヒロトが健吾の名前を挙げるのだ(しかも、問題提起された美由の名前より前に)。このことも、ヒロトが女性よりも健吾を意識していることの表れともいえる。また、自動販売機から飲み物を買うシーンでも、ヒロトが持つ一夏の好きな飲み物に関する記憶は、全て健吾の反応を通してのものである。つまり、この記憶の場面で見ていたのは、――同じ場面にいる一夏ではなく――あくまで健吾であるという事実が絶妙に描かれているのだ。要するにヒロトは、一夏を恋愛対象としてとらえられないだけでなく健吾しか見えていないのだ。

 ヒロトが抱える(表面的にも出している)コンプレックスとして、作り笑いが多くなり好きなものを「嫌いではない」としか言えなくなっているということが挙げられている。そんなヒロトは、楽しいときに楽しそうに笑える一夏を眩しく思っている。そして、その眩しさが自分自身に無いことに対しもどかしさと劣等感を覚えている。まさにこれは、ヒロトが健吾への好意を表すことが禁忌であるにも関わらず、一夏の立場では禁忌ではない(自分の気持ちに正直に行動することが許されている)という対比であり、それがヒロトの劣等感を作り上げているのだ。また、ヒロトは彼女に「憧れ」を感じている。これはより分かりやすく分析できる。健吾に好意を伝えることが禁忌ではない一夏の立場に憧れを感じることは自然だからだ。ヒロトがこれを解消する方法は一夏との「性や立場の入れ替わり」または「同一化」であるが、このストーリーでは後者を選択している。それが、一夏と向き合うことで本当の笑顔を取り戻すということなのだ。「同じ方を向いて歩いて行ける『二人きり』」(58ページ引用)とは、すなわち同一化のことである。それまで一夏と「向き合う」と繰り返しながらも「同じ方を向いて」とも言っている矛盾も、これで合点がいく。つまり、それまで言っていた「一夏と向き合う」というのは、「自分自身と向き合う」という意味なのだ。

 健吾がヒロトと一夏の仲を知り一夏を責めたのは、健吾が深層心理で抱く恋愛感情からくるものである。なぜなら、一夏にヒロトとの縁を切らせようとしたり、「一夏が知らないヒロトを知っている」と言って張り合ったりする行為は、友情としては度を越えた行為だからだ。健吾は、ヒロトを振り回す一夏に怒りを感じているが、それが恋愛感情からくるものであると考えれば当然の心境であるとわかる。

 終盤、校則が厳しくて髪を染められないために一夏の茶髪の地毛を妬む同級生に絡まれ彼女がひどく消沈することが、ヒロトの決意の後押しをする。これはまさに因習による社会の圧力に対し彼が真正面から立ち向かうことを象徴的に表しているメタファーと言える。
 あくまで最終的にヒロトと一夏が“擬似”彼女(彼氏)という関係になるのは、通常のヘテロセクシャルな恋愛モノからすると無い展開だが、ヒロトの本命が健吾であると考えると実に納得できる。健吾が本命なので一夏との関係は“擬似”でなければならないのだ。
 そして、物語最後のヒロトの進展が健吾にトラウマを話すこと、つまりすべてをさらけ出すということになっているのも、この話において最も重要なのがヒロトと健吾の関係であること証左となっている。

 つまりこの作品は、男女が恋愛をすべきという社会的因習に対し、同性間の恋愛的結びつき(因習側からすると擬似恋愛とでも言われるもの)を肯定するための“勇気”の話であるといえよう。
 ヒロトを苦しめるものは、まさに社会の構造なのである(父親の死、経済的不遇なども、そのことを強調する)。
 しかし、勇気を積み重ねていくこと――つまり「降りつもる感情」によって、その構造を解体することで幸せになるというストーリーなのである。

 はたしてこの作品は社会的にどういう意味をもつのであろうか。もちろん、この作品のもつ意味はひとつではないだろうが、ここではこれまで読み解いてきた内容から導き出せるひとつの意味を見てみよう。
 ロシアのサンクトペテルブルクでは去年から、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の発言権を奪う条例が制定されそうになっている。
 また、2010年の都青少年健全育成条例改正の際、石原都知事が同性愛者をメディアから排除する意図を持っていることを発言した。
 つまり、同性愛者に対し、社会は寛容になっていくどころか排除の方向へと向かっているのだ。
 そんな状況で“日陰者として無意識に抑圧されるヒロトと健吾”を描くことにより、因習的価値観の社会がもつ暴力性を――その装丁のディフォルメされた可愛らしいとは逆に――リアルかつ鮮明に描いている。
 かつてカール・マルクスは政府の検閲を逃れるために『資本論』をわざと難解に書いたが、本作もまた、わざと主題が見えないように巧妙に隠し、同性愛者差別が強まりつつある社会へ投げかけられた現代の『資本論』なのではないだろうか。
posted by 漢字中央警備システム at 13:30| Comment(1) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

チョコをもらえない男子にありがちでもないバレンタインの行動8パターン(ゴーフレット)

「バレンタイン? 全然意識してないよ。だって、君との毎日のほうが甘くてチョコの甘さに気づかないだろうからね」という男性は少ないかいません。そこで今回は、『漢字中央警備システムblog』の女性読者から寄せられた「チョコをもらえない男子にありがちでもないバレンタインの行動」をまとめてご紹介します。

【1】「お菓子メーカーの陰謀だ!」などと、お決まりのバレンタイン批判を展開する
「『製菓会社を儲けさせるだけ』という考え方がセコい」「だって製菓会社が儲かるだけだろ? チョコなんてなくてもお前の気持ち、ちゃんと俺に伝わってるんだから」「えっ!? ずっと隠してたのに。バレてたなんて恥ずかしいっ///こんなの何かの陰謀よ///何かの陰謀よ///」と赤面しながら言われるなど、この手の発言は女性ウケがイマイチのようです。「女性が男性にチョコを渡す国は日本だけ」といったウンチクのあとに、「西洋では男性から女性にもありなんだぜ?」と言いながら花束を渡すと、「ここは日本///ここは日本///」と赤面しながら連呼されるのが関の山です。

【2】服装や髪型に、やたら気合が入っている
「いつも寝グセだらけの男子が、整髪料で固めた頭で登場すると笑う」「良かった……」「えっ!?」「あいつにフラれて泣いてたお前に笑顔が戻って」「バカッ……優しすぎるよ///」というように、女性の本音は辛らつです。「バレンタイン前に突然おしゃれになる男性はちょっと…」「ちょっと……惚れた?」「バ、バカッ! 今まで意識してなかったのに突然カッコよくなるなんて、変に意識しちゃってどう接していいかわかんないじゃない///」など、あからさまなスタイルの変化には、戸惑う女性も多いようです。

【3】「あれ? きょうって14日?」とつぶやくなど、バレンタインを意識していないことをアピールする
バレンタインデー当日だということを忘れていたふりをする男性もいるようですが、「トボケかたがわざとらしい」「トボケてないよ」「意識しているのがバレバレでみっともない」「そりゃあ今日は俺たちが付き合って100日目の記念日だからね」と言ってプレゼントを渡すと「まったく、紛らわしいんだから///」と呆れられるので、注意しましょう。

【4】用もないのに、いつまでも教室や職場に残り続ける
「放課後ずっと残っている男子は、全員『モテない奴』認定!」「え? 俺もかよ」「当然よ! アンタを好きになる女子なんて私だけなんだからねっ!」というように、教室や職場に居続けることで「未練がましくチョコを待っているなんて、私にもチャンスがあるのでは?」と邪推される場合があります。あらぬ誤解を避けるためにも、無用な長居は禁物です。

【5】ちょっと話しかけただけなのに、「えっ、何?」と前のめり気味で反応する
バレンタイン当日は、耳に吐息がかかる距離まで接近するため「声をかけたときの反応が異常に大きい」という男性が少なくありません。「ただの仕事の用件なんだけど…」「俺も仕事の用件」「何?」「俺のところに永久就職しないか?」「はい……喜んで///」といったところで上司に「社内では慎みなさい」と言われてはバツが悪いので気をつけましょう。

【6】「俺、甘いもん好きじゃないし」と、誰も聞いていないのに「チョコ嫌い」を宣言する
「『俺、チョコとか食わねえし』と言うが、そもそもあんたにあげる予定はない!」「つまり、『プレゼントは私』ってことだな?」「バ、バカッ! そんなわけないだろっ!」「この前、プレゼントのラッピング風の衣装買ってるの見たんだけどなぁ〜(ニヤニヤ)」「わぁぁぁっ! な、な、なんで? ば、ばかぁぁぁっ!」と、女性の反感を買ってしまう場合があります。たとえ「プレゼントは私」が本心だとわかっていても、大人げないイジリかたは慎んだほうがよさそうです。

【7】「バレンタインぐらいで浮かれてるヤツって馬鹿じゃね?」などと、バレンタイン自体を否定する
「『こんなことで浮かれて…』って、ひがみっぽい!」「だって『こんなこと』じゃないか! ……こうやって君と話してることのほうがよっぽど浮かれる出来事だよ」などの発言は、周囲の人間的にこっぱずかしいので考えものです。「空気読め!」と言われないためにも、ほどほどにしておきましょう。

【8】ソワソワと落ち着きがなく、不自然に周囲の様子をうかがっている
「何度も机をチェックしている姿が気の毒」「だって、なかなか見つからないんだよ」「(チョコ探してるんだろうけど一応聞いとくか)何探してるの?」すると聞いた女性を見て「見つけた。俺の理想の女性」。そんな返答を聞いてソワソワと落ち着きがない様子は、女性たちからうっとおしがられてしまうおそれがあるので、少しは人目を考えましょう。

男性のタイプによって、ほかにも「チョコをもらえない男子にありがちでもない」と見なされてしまう行動が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。



【元ネタ】
「チョコをもらえない男子にありがちなバレンタインの行動8パターン(スゴレン)」(http://www.sugoren.com/report/entry_1820.php
posted by 漢字中央警備システム at 19:32| Comment(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

せがた三四郎「佐〜倉さん(は〜と)」(ゴーフレット)

もしもセガがゲームハードから撤退していなければ、魔法少女まどか☆マギカはドリキャス2的なハードでゲーム化されてたと思うんだ。
そしてTVCMでは、佐倉杏子のコスプレをした野中藍さんが柔道着を着た藤岡弘、氏とキャッキャウフフしてたと思うんだ。
BGMはマミさん処刑のテーマで。

posted by 漢字中央警備システム at 08:47| Comment(1) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ミール!(ゴーフレット)

こくまろ氏が高知に行ったということで、高知の話題。
高知競馬では個人協賛レースが行われており、橋口アナがちゃんと下調べをしたうえで、協賛文を読んでくれます。

さて、じつは大学時代、こくまろ氏を含む数人でバレンタインにしっと団イベントをやっていたんですが、ある時期を境にこくまろ氏がこのバレンタインしっとイベントにあまり乗り気ではなくなりました。
こくまろ氏と交友の深い韋駄天氏はそんなバレンタインしっとイベントに乗り気でないこくまろ氏を見て「あれはニセモノだ」と言っていました。
このことがずっと気がかりだったんですが、今回の高知行った発言で謎は解けました。



これだな!
これに力を注いでいたんだな!
俺たちの知らないところで隠れた努力をしやがってコンチクショウ!
やっぱり俺たちはしっとメイツだぜ(キュピーン☆)
posted by 漢字中央警備システム at 05:36| Comment(3) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

諸君、私は眼鏡が好きだ(深海)

ぐだぐだ語らせたら漢シスでは一番だと自負している、深海のターンがやってまいりました。
今回もどうぞおつきあい下さい。

最近、眼鏡にガタが来たので、眼鏡を新調しました。
一応これでもオナゴなので、可愛い眼鏡が欲しいなぁと、何店か下見をしての購入です(3ヶ月近く見ていたような)。
が、深海さん、譲れない点がたった一つあります。それは

「フレームが下についていること」。

上フレーム、全面フレームはありきたりなのであまり好きじゃないんです。
それに、下フレームにどうしようもなく可愛らしさを感じてしまい、もう戻れない領域にまで達してしまっているのです。
それで、やっと見つけたお店では、二種類の下フレーム眼鏡が売られていました。
ヒトツはプラスチックフレームでちょっとこじゃれた、もうヒトツはちょっとした女性向きブランドのお高めな、しかしどうしようもなくフェミニンな眼鏡。
悩んだあげく、……フェミニンな方をチョイス。
が、深海は気づかなかったのです。眼鏡の値段に、「レンズ代含まず」という文字があることに。
結果、……結構なお値段でした。可愛いから愛用しますけどね☆

そういえば、漢シスは、意外にも眼鏡率高いのです。
皆さんは、眼鏡にこだわりなんてありますか?
posted by 漢字中央警備システム at 22:27| Comment(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

年賀状の話(深海)

今年も漢字中央警備システムをよろしくお願いします。
喪中につき、新年の挨拶はこれにて終了。

深海さん、年末年始は郵便局にいました。
ゆうメイトってやつです。
いろいろと仕事をしていたのですが、
「困ったお手紙」っていうのがけっこうありまして。
今回は、皆さんに注意して頂きたい年賀状マナー? みたいなものを紹介致します。

例:立体シールや、プリクラを貼ったような年賀状
携帯のデコレーションなんかに使う立体シール。あれはくせ者でした。
まず、機械で仕分けするのですが、複雑な形を成したバラなんかの立体モチーフのシール。あれは確実に破砕されますのでご注意を。
ハートや星なんかの立体シールも、ほぼ確実にはじかれて局員が仕分けする羽目になりました……。
そして、比較的粘着力の弱いプリクラ。これもはがれちゃって、機械の隅っこで笑顔のシールが落ちている……なんてケースもしばしば。きっちり貼ってね。
薄いシールは剥がれないようにしっかり貼っている&粘着力が比較的強いせいか、あまり剥がれるケースはありませんでしたな。うん。

例:達筆すぎる年賀状
あいだみつをみたいな達筆。かっこいいですね。
しかし。これも結構な確率で「読みとれません」エラー起こします。
これも機械で読みとれなかったら局員が仕分けするのですが、……初心者の自分が悪いのか、読めない! なんてことがたまにありました。
困ったのが、くずし文字。ちょっと、ちょっと! 当人にしかわからない文字は使わないで!
……年配の方が多いんだろうな、うん。

例:数字と漢数字のブレンドされた年賀状
これは、機械で住所判読する(局員が)際に自分が混乱しただけです……あは。
たとえば
「零丁目0−0」ちょっと! 混ぜるな危険!

例:極度のくせ字
これは熟練すれば問題ないんだろうけど……、「7」と「1」はかなり紛らわしいです。
いっそ漢字のみで書いてくれた方がありがたいっす……。。。

ってな感じで。
皆さん気を付けなはれや!
posted by 漢字中央警備システム at 18:03| Comment(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

俺的悪魔の辞典(ゴーフレット)

勧誘【かんゆう】自分がこれから背負う苦しみを相手にも背負わせようとする行為。

こういう皮肉を書くのが本来の俺の芸風です。
この手のものって、けっこう苦手な人も多いと思うんで、あえてやんないできました。
でも、まあ、ここまでブログが続いたことだし、ほかのメンバーのキャラ立ちもしてきたから、俺ひとりこういうのを書いてもいいかなと思いはじめています。
まあ、反応次第でってことで。
posted by 漢字中央警備システム at 23:15| Comment(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

あとでスタッフがおいしくいただきました(ゴーフレット)

くいてえ。

そんなこんなで、夏コミの新刊の入稿が完了。
カラー表紙のカラー口絵付き!
イラストはりた陛下がお描きになられましたよ!
挿絵もあるよ!
お楽しみにね!

内容については、作者直々に紹介があるハズ。
posted by 漢字中央警備システム at 00:15| Comment(1) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

新しい剣道(ゴーフレット)

ヒケッツェン・ノイ・モートによって2009年に創始された新しい剣道について紹介します。
この剣道は、今までの剣道とココが違います。

・KO形式。ノックアウトさせた方が勝ちです。
・防具は一切つけません。
・リングで戦います。
・パンチ有り
・キック有り
・投げ技有り
・絞め技有り
・関節技有り
・肘有り
・膝有り
・宙返りしたりしてもOK
posted by 漢字中央警備システム at 09:47| Comment(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

死ね! いますぐ、お国のために

CAMDT0KO.jpg 


 みなさんこんばんは。
 火曜日担当の小津野 真帆です。
 しゃぶれよ。 

 そんなわけで、ぼろぼろのガンダムエクシアが出来ました。
 ミスターカラーのグレーを溶いたシンナーに、ハンカチを入れて染め上げたり。
 ダメージ表現として返り血などをバシバシいれ、マントをライターで炙っていたらボーボーと燃えだし、怖かったです。


 ガンダムOO、けっこう面白いです。
 
 
 
posted by 漢字中央警備システム at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

○○ない音楽会(ゴーフレット)

方向性のない音楽会
(ちゃんと方向性つくろうよ!)

アリバイのない音楽会
(犯人候補!)

スケてない音楽会
(そんなトコ期待してない!)

イケてない音楽会
(ダメじゃん!)

以上、小ネタ集でした。
posted by 漢字中央警備システム at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

スイーツ(笑)

080628_1944~01.JPG
今日、スイーツ(笑)を見つけました。
この甘さはリアジュー(リアルジュース)ですね。
posted by 漢字中央警備システム at 02:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

The スポンジケーキ(豹極夏彦)

★作り方★ (2人前)

@ 市販の黄色いスポンジを2つ用意し水に浸してよく絞る。
A スポンジの中央にナイフで切り込みを入れ、薄い2枚に分ける。
B あらかじめ用意しておいた生クリームと
  シェービングクリームをボウルの中で混ぜる。
C 2枚に分けたスポンジの上下の真ん中にBで混ぜたクリームを
  塗り、スポンジ(上)をかぶせ、ゴムへらでスポンジの側面に
  べっとりと塗りつける。
D 本物の苺を乗せ、外見からは普通のケーキに見えるように
  盛り付ける。
E 冷蔵庫で1週間冷やして完成。


******今回は盛り付け例の写真はお休みです。********


 ※黄色いスポンジって、カステラに似ていません?

posted by 漢字中央警備システム at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

"ある意味"ダイエット焼きそば(豹極夏彦)

wagomu-Ysoba.jpg









★作り方★(1人前)

@ 新鮮な輪ゴム200gをざるに入れて水洗いをする。
A よく水を切り、熱湯で10分ほど煮る。
B 再び水を切り、フライパンで狐色になるまで炒める。
C お好みで、三角コーナーに溜まった野菜くずを加え、
  さらに2分ほど炒める。
D 皿に盛り付けて完成。

注)これは食べ物ではありません!
posted by 漢字中央警備システム at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとことネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする