2009年12月30日

深海、大感謝(深海)

うふふ。
深海です。水曜日担当なので。
しかも。今日はコミケにぶつかってます。
が。深海は行けませんでした。
いろいろなおうちの事情です。
……なんか一気にテンション下がるようなことですな。

が!
スペースにお越し下さった貴方、
頒布物をお手に取って頂けた貴方、
しまいには頒布物をいただいて下さった貴方。
皆に大感謝。

もちろん、漢字中央メンバーや内都りたさん、AGJスタジオの方々にも大感謝。
来年の夏には、たぶん、きっと、だといいなぁレベルですが、行きたいなぁ、参加したいなぁと。
うふうふ。
参加して、俺……友人様サークルに行くんだ……。。。
って、なんだこの死亡フラグ。

遠隔地組には優しくないのがコミケ。
なんでもかんでも東京でやるなよー!!!!
と、僻地から叫んでみる。

では、皆様、良いお年を。
posted by 漢字中央警備システム at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

伊勢旅行記 byこくまろ

CIMG0904.JPG
魚「(撮影なぞ)やらせんっ!!」

……宣伝は来週からのはずなのに、もうゴーフがやっている件。
彼は来週は何を書くのでしょうかね。

さて。
先日2泊3日で三重県伊勢周辺に行ってきました。
上の写真は鳥羽水族館での一場面。
奥の魚を撮ろうとしたら、何かが横切ってこの有様。
うーむ、なんというタイミング。

他にも伊勢神宮にも行ってきましたが、
その辺りmixiで十分書いたので割愛。

宿泊場所が2箇所、どちらも温泉が3施設用意されていたので、
計6回も温泉に浸かって来ました。
お肌すべすべ。

移動時間や宿泊所ではレイトン4を必死にプレイ。
2泊3日で何時間やったんだろうか、何とかクリア。
難易度的には最難易度の2と3の間くらいでしょうか。
列車のミニゲームが楽しかったです。

旅はいいものです。
と、適当にまとめてみる。
posted by 漢字中央警備システム at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

小勝利(深海)

水曜日のぐだぐだ人間深海です。

さて。長々と語ってきた免許なのですが、
やっと取得に至りました。
ほっ。
自分の住む地区はもうすぐ雪に覆われます。
白く塗りつぶされる世界はずるずる滑ります。
……運転スキルを上げようと思います。

あ。深海個人の活動状況報告でも。
20日の十和田市民文化センターでのイベント「PLASTICS LOVER」に参戦します。
よかったら来て下さいー。
サークル名は「少女薬品」なので、ポップンとかサンホラとか、二次創作ばっかりです。あしからず。気が向いたらボカロのラミカがあるかと。
内都りたさんのグッズや本が買えるのは、少女薬品と漢字中央警備システムだけですよっ!
個人としては、青森市のほうにも、春以降進出したいところです。
サークルとしては、来年のナツコミには顔出ししたいです……ぐう。

さて。
プリンターが昇天しやがりました、この修羅場に。
何度動かそうとしてもウンともスンとも云わなくなって完全ストライキ。
……半ば号泣しそうになりながら新しいプリンター+スキャナーの複合機購入。
これから使用予定。
7年生きたか……。R.I.P.
posted by 漢字中央警備システム at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

「第9回文学フリマ」探訪記 byこくまろ

先週の日曜に9回文学フリマ行って来ました。
とはいえコミティアの本がまだ何冊も積んでいる状況なので、
あまり沢山買えないのも確か。

じっくり見て回るとあっという間に20冊とか購入してしまいそうなので、
サークルを適当にさらりと流し見ていきました。
それでもフリペとかあると足が止まりますね。

そんなわけで。
今回は殆どがリピーター買い。
mixiにもさらしましたが、こちらにも戦利品をずらりと並べて。

・本当はこの文章系同人がすごい(本当は(略)編集部)
・Transporter(MisticBlue)
・ソラヲユクモノ〜クモノムコウ〜(翼鈴)
・「ぬ」(脳内ハチミツジャンクション)
・六尺(新風舎)
・White Feathers(Feathers)
・あのこ何処へいった(脳内アルパカをもふもふする会)
・Inside Out vol.5(Inside Out)
・はなしずめ(伊予粋広報委員会)
・★チョコ文庫vol4(★チョコ文庫)
・★チョコ文庫vol5(★チョコ文庫)
・★チョコ文庫vol6(★チョコ文庫)

※六尺とInside Outは無料冊子です。

しかし・・・。
NorthWest航空さんとこでも何か買ったような・・・。
買わずに去ったのか自分?
うーん。記憶が曖昧だ。

尚、最も気になったのは一番上の「本当はこの文章系〜」という評論本。
mixiに感想をずらーと書いたので、興味のある方は是非。
こっちのブログに書くには少々長すぎるので。

さーて、積み本がまた10冊を超えちゃったぞー。
今年中に文フリの本を読み終わらせるぞー!
さもないと自分の小説の執筆が停滞したままだぞーっ!

コミケのカタログなんて重くて買いたくないよーっ!!!!

誰か文芸創作ジャンルだけコピーさせ・・・おっと誰か来たようだ。
posted by 漢字中央警備システム at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

コンボ5つめ(深海)

Image077.jpg
に、するわけないでしょうがこにゃろーーーーめ!!
ただでさえこのサークルが始まった当初の活動ぶりが不真面目だった自分なので、ここくらい真面目に書きます。

ここ数日、愛犬の夜泣きが激しかったのですが。
やっと解決しました。
理由は……

ごはん

でした。
なーんか最近食が細いなぁと思ったら。
ご飯が口に合わなかった様子。
ウェットフード+湯通ししたキャベツ+ドライフード
で、ごはんをもっしゃもっしゃ食べてくれるようになりました。
これで……しばらくは病院に行かなくても大丈夫かな?
すぐ近所に病院があるのですが、かかりつけなのですよ。
昔は病院の半径10メートル圏内に行くと本気で嫌がっていたけれど、
昨日散歩に連れて行った際に病院前を試しに通ったら抵抗なし。
……目も鼻も悪いんだなーと実感したのでした。

とまあ、ひとりだけ犬バカブログと化している当サークルブログでした。
場所取りブームだけれど、末永く閲覧して下さい。

明日こそ免許をもぎ取ってきます。
posted by 漢字中央警備システム at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ダブルコンボ! byこくまろ

場所取りっ!!
posted by 漢字中央警備システム at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

さぁて、と(深海)

明日、また免許の筆記試験に征ってきます。
そろそろ落ちるのに慣れてきて……正直なんだかなーな感じです。
もうね、アホかと。バカかと。
忙しいのはお互い様ってやつですねぇ。
だから、メンバー各位、助け合って参りましょうや。

最近の愛犬は夜泣きがひどいですよ。
冬で寒くなったせいか、比較的暖かい昼にスヤスヤ寝ています。
うーん……犬にも昼夜逆転ってあるんだね。

さて、来週に「深海、大勝利です」って書くのか、
はたまた「深海、また落ちますたぶーん♪」って書くのか
見物ですな。
posted by 漢字中央警備システム at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

同人小説レビュー終了の予定 byこくまろ

mixiに書いたことと重複しますが。

ブログやこの日記で同人小説の感想をつらつらと書いておりますが、
これって陰口に該当してしまうのでしょうか?

あくまで個人的な見解ですし、無料本と購入した本のみ
レビューしているので、どうしても辛口な評価や
問題点ばかりが並びがちです。逆に褒めまくりな本もありますが。

ブログでレビューを開始してもう一年は経つと思います。
ですが、「読んで気分を害した」「この評価は有り得ない」
等と言う意見を頂いたら即刻中止するつもりでやっています。

私は誹謗中傷をするつもりは一切ありません。
しかし、自分のブログでこっそり作品の欠点を挙げるという行為は、
あまり褒められたものではないのかもしれません。

なので、これだけはハッキリ言っておきます。

私はレビューするために同人小説を購入しているのではありません。

皆が読むポピュラーな本ではなく、あまり衆目にさらされない、
そんな埋蔵金のような作品を読みたくて買っているのです。
その過程で、うまく他サークルさんと仲良くできれば更に良しです。

レビューの目的は、ただのブログのネタ作りです。
それ以外にありません。

私が「気にしすぎ」であるならいいのですが、
もしも私の評価を見て創作を諦めてしまった方がいたとしたら……。
悔やんでも悔やみきれません。

ですから、繰り返しますが、問題があるようでしたら直ぐにご連絡下さい。
私は、創作作家を応援しています。


・・・とmixiには書きましたが。
少々思い悩むのにも疲れました。
レビューを終了することにします。
posted by 漢字中央警備システム at 08:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

きょうのわんこ(深海)

07-01-10_12-56~01.jpg
こんちは、水曜日のぐだぐだ人間です。
今回は、わたしのお友達を紹介します。
える君 おす 17歳です。
人間だと100歳近いらしいですよ。
昔は結構なイケメンで、肉食男子でした。
近所の熟女犬を誘惑したけど、思い切り振られる、とか
近所の美形犬を誘惑したけど、実はオスでした、とか。
そんな武勇伝があります。
え? これは武勇伝じゃない?
しゃらくせぇーーーー(殴る音)! 若気の至りって云うんだよ!
(CV:オリラジの中田さん)

しかし……最近は少し痴呆気味。
17歳だからな……。
さきさ氏のとこのわんこは赤ちゃんですがねぇ。
写メを見せて頂きましたが激しく萌えました。
ふっふっふ、見たいならばさきさ氏のターンなブログにコメント欄にて
「UP! UP!」
と脅迫するといいですよ……。あげざるを得ない状況を作るのですよ!
そして『漢字中央警備システム・犬バカサークル化計画』を。
……いや、うちのサークルは創作小説サークルですがね。
ひとりで犬バカ猫バカ叫んでいるだけで。
っとと、話がずれている。軌道修正、っと。
最近のえる君、痴呆で夜泣きするように。
散歩に行ったのに、ご飯あげたのにフィーフィー泣いてねだるのですよ……。
ついでに、もう目が見えないっぽいです。
耳もよくないし……。
あ、でも。
そんなえる君、お笑いコンビの『ビーグル38』なボケ担当の方(名前失念)だと思えば良いんだ。そう思うと愛しくて良いですよ。
さて、好評だったら……好評じゃなくてもしばらく愛犬写真を載せて違う層からも見てもらおう。良いですよね、neuさま?

では、またお会いしませう。
免許の話? しゃらくせぇーーーー(殴る音)! まだ取れてねぇよ!
♪武勇伝武勇伝 ……はい、洒落にならないですなorz
posted by 漢字中央警備システム at 17:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ネーミングなセンス byこくまろ

「小説を書くということは、
 ひたすらに名前をつけていくことである」

フィクションの場合、とりわけSF・ファンタジーでは
人物・地理・組織そしてオリジナルワードにいたるまで、
沢山名前をつける必要があります。

というわけで今回は「タイトルネーミング」のお話。

どんな作品、どんなジャンルにしろ、
何よりインパクトが求められる名前です。
これで頭を悩ませない人は少数派だと思います。

私の場合、
本文執筆前に仮決定したものが、
そのまま正式決定になるなんて毎度のことです。

逆に執筆後に考えると、上手く考えが纏まりません。
何故でしょうねぇ・・・。

インパクトの次にタイトルに求められるのは、
「内容や雰囲気を表していて、内容とずれていない」こと
なんですが。
これは私は思いっきりズレまくりです。
正直自分でも判ります。ええ。全然内容と合ってない。
でも何故かそれに決めてしまう。苦渋の決断も毎度のこと。

特に、不用意に英文字タイトル使うのは危険だそうです。
日本人、というか何処の国でもそうなんでしょうが、
無意識に異文化の物を遠ざけてしまうそうなので、
とっつきにくくしてしまうのだそうです。
覚えにくくもなります。 うーん納得。

なるべくタイトルで中身がわかるような、そんな名前がいいのですが……。
私の作品で当てはまるのは、ゴテキューかフェリアぐらいですな。
いや、ゴテキューはサブタイトルが英語だからアウトか……。


次回はキャラの名前についての独り言。


さて……後半は、いつもの同人小説レビューのコーナーですが。
mixiの方でうっかり宣伝してしまったのはまずかった。
上の独り言の文で思いっきり駄目出ししてるなw
そんなわけで、上記文は忘れてレビューをお読み下さい。


サークル:知識雑学研究所 石塚ひろし著
『O.D.D 〜Our Deciding Destiniy〜』

《気弱でマイナス思考》な主人公桐原美沙は、大学に不満があった。
それは在籍している学部では興味のある授業がないということだ。
しかもその大学では転部制度がない為、途方に暮れていた。
そこに、他の大学に「編入」するという助言が友人から与えられた。
友人は美沙をとある喫茶店へ連れて行った。そこにいたのは、
編入について詳しいマスターと、編入をするため勉強中の仲間、
そしてドジなウェイトレスだった。


この小説は上・中・下と三巻構成になっており、3巻セット販売で購入しました。
ただ、一冊のページ数が20Pちょいと短い為、一気読み推奨。

内容ですが、「学習用教材書にあるような漫画」をイメージするのが早い。
大学の編入試験を題材に、一人の編入を思い立った美沙が編入の制度を知り、
合格するまでのいきさつが描かれています。

その為、「大学編入」に興味がある、または興味を持てる方と、
興味のない「単純に小説として」読む方とで評価がかなり分かれるのが最大の問題です。

後書きで、「最初から最後まで読めばガイドブックにもなる」と仰られているように、
「編入とは何か」「どのような知識が必要か」など、編入に関する基礎的な知識を
さっと読むだけで何となくわかるのが最大の魅力です。

逆に言えば、キャラによっては個性に乏しく、
物語として山場部分をかなり端折っていると思われるのは少々残念。
ある特定のキャラに関しては飛びぬけた個性があり、作者の愛が感じられますが。

各サブタイトルにもセンスを感じますが、話の盛り上がり方がやや物足りないところ。
ただし、あくまで「編入についてわかりやすく理解してもらう」
ための物語ならば十分作品として評価出切る代物かと。
posted by 漢字中央警備システム at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

老犬とヒト(深海)

水曜日のぐだぐだ担当深海です。
今回もぐだぐだっとお届けしようとおもいます。

さきさ氏ー、うちのサークルジャンルは「犬バカ」じゃないけどサークルでも随一だと思われる動物好きとしては子犬様を見たいですよ? 是非意地でもブログに載っけてください。
かわりと云っては何ですがうちのイケメン老犬を載っけますよ?
こくまろ先輩のガンプラ達もいいけれど、犬も載っけてみようか、と。
とっておきのアホ顔があるので。


自動車の筆記試験に落第しまくってます。
おっかしぃなぁ今日はちょこっとだけ自信があったのに。
……来週頑張ります。
……いつ受かるんだろう。


と、とりあえず勉強しておきます。
では今回はこれにてお開き(ドロン)。
posted by 漢字中央警備システム at 21:50| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

主人公は遅れてやってくる byこくまろ

同人誌小説ではあまり気にされていないようですが。
ライトノベルの場合、書き出しが肝心、とのことです。

「冒頭で読者を引き込み、最後まで読ませる」テクニックなので、
当たり前と思われるかもしれません。

しかしながら、これ、結構難しいんですよね。

とりわけ私の場合アクションの要素が強い話ばかり書くので、
所謂「ホットスタート」が有効的だと思われます。

ホットスタートとは、「いきなりバトル&アクションではじめる」
という手法です。
熱い展開が読んでいけば更にある、それが冒頭で判るわけです。
その作品独自のワザ、魔法、武器が出れば、それだけ物語に
興味が注がれ易くなります。

ところが。
私の場合、スロースタートばかりです。
特に現在執筆中の話では、主人公が出てくるまでに1万文字を過ぎてしまいました。
初期の構想段階では、ホットスタートをめざして、
主人公が戦闘する場面から始めさせようとした結果が、何故かこれです。
戦場での話がやたら長くなってしまったのが原因です。

直す気にはなれないんで、このまま突っ走る事にしましたが。
やはりプロって凄いんだな、と思えた今日この頃でした。


はい以上です。
続いて小説レビュー。

サークル:光の旅 速水貴帆著
『透明――水のように(リメイク版)』
3人はいつも一緒だった。
仲の良かった、気の置けない親友だった美寿々が自殺した。
遺書には理由の記載がなかった。
主人公のるい達は原因を捜し求める。
そして、彼女達が見つけ出した答えとは。

ショートショート作品が多いこの作者には珍しい百頁の長編…
…と思いきや頁をふんだんに使っており、総じてみると文章量は
他の小説と比べるとかなり少ないです。
文章を詰めると恐らく1/3ぐらいの頁で収まってしまうと思いますが、
詩的な短編を好む作者ならではの特徴とはいえます。

十年も前に出した話を再製本したのは、伝えたい事があったそうで。
というわけで、何よりも「テーマ」がはっきりしていることが売り
のストーリーといえるでしょう。
自殺、その訳を親友にも打ち明けなかったということ。
それが主人公達を苦しめ、悲しませることになります。
最後は主人公達が自分達で答えを出して終ります。
それが例え正解でなかったとしても、知ろうと努力した主人公達に
誰が異論を唱えられるものでしょうか。
posted by 漢字中央警備システム at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

戦地へ(深海)

ぐだぐだの人、深海が水曜日にお届けする俺の武勇伝、Let’s go!

先週の結果発表ー!



落下しましたよ! 見事に! 落第ですよっ!
で、明日もまた筆記試験に征ってくることになりました。
ああああああ……!!!! 嫌だああああああ……!
何度墜ちるか見物です。
フユコミまでには受かりたいのですが。
そのころには、自分の住んでいる辺鄙な街は雪に覆われていることでしょう。
フユコミ自体は、身内の不幸につき、やっぱり自分は参加できないのですがね……。
ああ。
ああああ。
……なんか、ドラクエでの適当な名前ベストテンに入りそうですが気にしないで……。

まゆげいぬに出会いたい今日この頃
posted by 漢字中央警備システム at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

デウスエクスマキナ byこくまろ

CIMG0892.JPG
先週購入した小説ノウハウ本にて。

「漫画やラノベしか読まない方は小説を書くことに
 向いておりません」

・・・ええ。
まあ。
その通りだと思いますよ。
『堅い小説は私向きじゃない』なんて言ったら、
いつまでたっても進歩できませんし。

でも、ハードカバーをみるだけで気が重いんですよ。
新書やラノベが丁度いいんです。
どうしたものやら。



気を取り直して。

今日のタイトルは、
ラテン語で「機械仕掛けの神」の意味です。
複雑に絡み合ってしまった展開を、
無理やり収束される手法のことを言うそうで、
元は演劇などで使われていたとのこと。

ご都合主義とも広義ではいえます。

……この話を知って、思うことは一つ。
「ああ、そうか、これがヤクザENDって奴か」

ん、ちょっと違う?


もう一度気を取り直して。
同人小説レビュー。
サークル:ラブモナ 靖ゆき著
『ハルマゲドン1DK』
32歳の誕生日を迎えた三森あずさの家に、謎の少女が訪れる。
彼女は悪魔で、あずさの部屋が最終戦争場所に指定されたという理由で、
何か願いを叶える代わりに部屋を貸し出せと言ってきた。

発想だけなら誰でも出来るが、意外と誰も書かない、そんな話。
片付けられない女の部屋で、女二人がシュールな掛け合いを続ける。
特に悪魔のヴィーが淡々としながらもコミカルで、コント染みている。
作品自体23P、物語経過時間も一時間程度と、短い話ではありますが、
ギャグシナリオとしては十分長い。
最後はハッピーエンド…にみせかけてきちんとオチる。
爆笑モノとはいえないが、そこそこ面白い。
posted by 漢字中央警備システム at 09:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

何かやろうよ byこくまろ

107.jpg
さきさ&ふかみへ。
ありがとう。全員にスルーされてたらさびしかったところだ。

今回私がした提案は、「取りあえず何が出来るか?」
を探る為にあえて「内輪ネタ」から始めました。
でも確かに一見さんを考えてなかったと反省。

これについては再来週のサークルチャットで話しましょう。
流星群は無視しました。昨夜はずっとプラモ組んでました。



何事もなかったように別の話題が始まります。

昨日川崎駅のヨドバシカメラに行ってきました。

あ、いえ、
ウインドウズ7を買いに行ったわけじゃないんですが。

ついでに本屋で探してきたのが、小説ノウハウの本。

一応その類の書籍はもう持っているのですが、
何処かの賞応募を前提とした本だったのです。

なので、プロットの作り方や文章の構成についての基礎には、
やや記述が少なかったのが不満でした。

そこで更なる「基礎」勉強の為、購入。

まだそこそこしか読んでいないのですが、
今回はかなり「見易い」つくりになってます。

前の本は「帰納法」など、昔そんなの授業でやったっけ?
なやや難しい言葉が飛んできて大変でしたから。

まずはこれを読んで、それから次の作品に筆を入れ始めようと思います。

では恒例のレビューを。

サークル:Heart of Cool 水谷ちはる氏著
『放課後parasite Maze」
超常現象学園もの「放課後」シリーズ第3弾。
今まで戦闘役になっていた「森川恵理」が満を持して主人公になり、
放課後シリーズ最終章を締めくくります。

代々受け継がれた吸血鬼の力で闇の眷属を屠っていた森川恵理。
しかし吸血鬼の衝動は、次第に人間としての彼女を蝕んでゆく。
彼女の限界が近づいてきたとき、森川家の裏でのプロジェクトが動き出した。
ある日、とある学校の女子生徒が拉致された。
拉致された彼女は、恵理にあまりに酷似していた。

シリーズラストだけあって、1・2巻で登場し生き残ったキャラが
総出演します。ボリュームも少し厚く、おまけ話もあり。

今回のシナリオでは、一応敵として強大なヴァンパイアが2体登場しますが、
本当の敵は別におります。
シリーズ最後の《敵》としては少々つまらない相手かもしれませんが、
主人公「森川恵理」であれば他に相手が考えられないでしょう。
ですから話としては十分読み応えあります。

ところでこの本、イラストも著者が描いているのですが、
シリーズに6年かけているせいか上達が著しいです。特に表紙。
文章も一巻に振り返ってみると違いがわかります。

後書読んでて気がついたのですが、シリーズ通して、恵理は勝率が
あまり高くないんですね。力押しのシナリオじゃない証明ですな。
posted by 漢字中央警備システム at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ふっくらな動物たち。(深海)

どうも、週の真ん中水曜日にお届けしますぐだぐだです。

うちのいぬころは比較的スレンダーなのですが……、
テレビやら街頭やらではふっくらな子たちも見かけるなぁ、と。
はやりの「デブ猫」とかもいますし。
でぷっとしてて……か、かわいいじゃないか……。
教習所に通っていた頃は、なんかふっくらしたわんこを見ましたよ。
よっせよっせ歩いてたような。

がりがりよりはふっくらしている方が、好きです。
……少なくとも、自分みたくあんまりにあんまりなでっぷり体型じゃなければいいんです。
ただ、ダイエットはしようね、体に悪いよ!
posted by 漢字中央警備システム at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

そろそろ新企画考えませんか byこくまろ

Neuさんの女神転生シリーズ話が終ってから、
なんだかサイトアクセス数が減ったような気がします。

こういうブログって、
同人誌を購入した人が、どういう人が本を作ったのか、
その人となり……とまでは言いませんが、どんな人かを
知る機会になるわけです。

作った人がどんな人か判るほうが、同人誌はより楽しめます。

ですから、適当な日記でいいはずなんです。
それで創作同人サイトとして、一応機能していると思えるのですが。

折角見に来てくれているわけですから、
何かしら得るものがあるブログにはしたい、という欲求は少なからずあります。

とはいったものの。
以前のように猛烈に語りたくなったディスガイア解説のような真似は
いつもいつも出来る芸当ではありません。

かといってメンバーで連携を取るような企画も、お互いの足を引っ張るだけ。
マイペースな落書きだからこそ、2年近くもブログが続いているのですから。

しかしながら、あるいは。
メンバー作者陣がどういう人間かを知ってもらうのが目的ならば。

お互いコテつけて、メンバーに唐突な質問してみるのはどうでしょうか。
要はさきさ氏達が昔やってたQ&Aの突発企画です。
特に相手指定しなければやらなくてもいいんです。

例えば。

>メンバー全員へ

Q001.今期(2009/秋)何かアニメ見ていますか?

Q002.次のブログ更新後何をするつもりですか?

など。取り留めの無い質問をしていくというもの。いかがですかね。

因みに私は。

A001.サンレッド、レールガン

A002.mixiの日記更新

といった感じです。
面倒という方が大多数なら、個人で出来るものを考えますが。


では話を切り替えて。
同人小説レビュー。今回で何回目だか知らない。
サークル:企画屋GO-DA
『創作実験企画 ソラノナカマチ』

掠れて読み取れない定期券を人から人へ。
どこにでもあり、どこにもない、ソラノナカマチへ目指す。

この文芸誌は
「前の話の登場人物から定期券を渡され、次の話の登場人物へ渡す」
「話のどこかに《ソラノナカマチ》を入れる」
ことが前提のめずらしい風変わりなリレーに近い企画を行っています。
しかも恐ろしいことに、前の人の原稿を読んで次の人が書くのではなく、
全員が同時進行とのこと。よく出来たものだと感心してしまいます。
SFあり、ミステリあり、ファンタジーあり、漫画あり、童謡あり。

ただ、内容の良さにはかなりばらつきがあり、物語としてそれなりの完成度を
魅せる話もあれば、展開を投げっぱなしでさっぱりな話まで多様。

更に別冊として、「語られなかったもう一つの物語」と題された、
本編の作品を別の作者がスピンオフを書いていくという試みも驚かされます。
企画だけなら盛り沢山。ただ、企画に囚われすぎたのか、微妙に意味不明な作品も
あるのは仕方のないことでしょうが。
posted by 漢字中央警備システム at 09:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

シラカバの木が あらわれた!(深海)

水曜日のぐだぐだのヒトです。

卒検通ったけれど、まだ筆記試験行ってません……、どうなるだろう?
なんか、筆記ってやたら難しくないですか? ガタガタ

そんな卒検なのですが、ちょうど台風直撃の日でして。
雨天決行で実施した卒検。
順調に見えた一般道走行に、

木 が 倒 れ て い る 。

……え? どうしよう……、とりあえずぎりぎり通れそうな隙間が……って、ん?
なんかひとがたくさんいる。
え? あれ、ダメ? 通っちゃいかん、と?

……結局。急きょ別のルートを通ることになりまんた。
受かってよかったのですけれどねえ。
さて、筆記の勉強してきます……(てくてく)。
posted by 漢字中央警備システム at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

既に台風一過 byこくまろ

みなさん、台風は大丈夫でしたでしょうか。

mixiの日記でも書きましたが、
昨日朝、ゴミ出し行ったらすぐ脇を後ろからポリバケツが吹っ飛んできて、
危ぶなかったです。目が覚めたですよ。

それにしてもアレが映画化決定とは・・・。
アニメの映画か・・・一人で行くか仕方ない。


さて。
私の方は最近、執筆の手が止まってますね。
自分の場合書きたい意欲に相当な「波」があり、
ほぼ自分で調節出来ないのが問題であります。

こういうときは執筆をすっぱり諦めて、意欲が戻るのを待つだけなのです。
波が戻るのが一ヶ月も先……のときも。

安定して作品を作れる人を見習いたいものですが、
こればかりは性格にもよりますから……って、酷い、言い訳ですね。

そうそう。
先日UPしてしまった次回作のプロットですが、書いていない事があるんです。
それは別に隠しているわけではなく、まだ決まってないことなのです。
ですから、今後プロット内容が追加・変更されている可能性があります。
ま、大幅訂正はないでしょうから、注意書きするほどでもないんですが。

あー、思い出した。
さきさ&深海の短編を印刷してじっくり読もうとしたら、
印刷機が不気味な音を立てて紙をくしゃらせてしまった。
結構びびりました。

これは印刷するなって啓示なのでしょうか。
そんなこんなで、それっきり面倒になって忘れていました。
やれと言われればやります。ええ、言われれば。

今週はmixiで書けない執筆に関する愚痴が多くなりました。
読んでくれて方々に感謝しつつ、レビューに移ります。


サークル:骨牌倉 椎名香月著
「賢者の闇Mare Ingenii」
とある学園中等部にて、連続殺人事件が起こる。
その犯人である違法魔法使い達を裁く為、主人公黒須真理亜が転入する。

主人公とその兄は永い時を生きており、とある組織に属し悪い魔法使いを
魔法(PSY)によって退治してるという設定。

キャラ設定はそれなりに考え込まれているものの、
シナリオ自体は王道まっしぐら。展開が大体読めてしまうのは残念。
だが何といっても問題なのは主人公の一人称による状況記載が大雑把すぎて、
シーンによっては把握しづらい部分もちらほら。
魔法バトルが話を盛り上げるも、だらだらとした展開の方が長すぎて
この分ならもっと戦闘数を増やせたのではと思えるほど。

同人である以上、趣味全開で王道な物語とて問題はありませんが、
シナリオ自体に個性がないのが残念。キャラもありきたりすぎます。
決して出来の悪い作品ではないのですが、少々見所が少ないかと。

因みに、作者は商業デビューしているらしいです。
posted by 漢字中央警備システム at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

機械なのにいいいいっ(深海)

競馬の馬、『ディープインパクト』をなんかのAVかと勘違いしていた時期もありました、深海です。
……たぶん、どうかしていたんだと思われます。

明日、ついに卒検らしいですよ! ちょっと待て、縦列駐車できないよ!? ついでに言えば方向転換できないよ? ……やり直すくらいの気力で行こうと思います。
……テキストは読みますよ!
ウィンカーはどっちに出せば良いんだっけ……?
と、ともあれ征ってきますorz

某生命保険の『まねきねこダック』の猫とアヒルが可愛すぎます。
あの歌と、ダンスに骨抜きにされました。
あんな動きする猫も、アヒルもいないのにいいいいいっ。
しかも『みんなの幸せを招き』ますよ?
今の時期のCMだと『ゆいちゃんの幸せ』らしいですが……、あああ、招いてほしいや。
幸せ来い来い。
posted by 漢字中央警備システム at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする