2020年09月10日

頭痛にみまわれる(ふかみ)

というわけで絶賛頭痛中です。
こんばんは、ふかみです。

ようやっと、FateのHF最終章観てきました。
ゲームはPC版をほぼリアルタイムでプレイ済みだったのですが、なにぶん10年以上前の話なのでイイカンジに話の内容がすっぽ抜けてましたね……。
桜ルートは結末が3つくらいあったような記憶なのですが、ベストなエンディングを選んだんじゃないかな、と(それ以外だと賛否両論になりそうなとこではありますよね?)。
入場特典もいただけて(ボール紙とかでできたジオラマセットでした)、やったぜ、と。
今思うとFateは狂人率が高いのですが(登場人物が静かに狂っている感じと確実におかしくなっている感じとありません?)、うまい具合にプレイヤーに押しつけがましくなくさらっと狂人をなじませていくの、相当なテクニックなのではなかろうかと。
で。ラストはバチャバチャに泣いてました……3年間見守ってきた(映画館で)なかで感無量になったのと、展開に感情がメチャクタにされたのとで涙腺崩壊必須なもので。おっかしいな、わたしセイバーさん派だったのに(ディーン版に触れるのはNO!)。
テーマソングも3年間同一のアーティストで統一していたのもいい味出していましたよね……感情の揺れ方が歌詞やリズムに出ているような気さえしました。
ステイナイトのほうはボーイミーツガールな雰囲気で進行した、とはどっかで読んだのですが。確かにゼロのほうは救いがうすいのが、本当にもう……という具合ですもんね……。
いまだに感情がイイカンジにメチャクタになっているので。
FGOしかプレイしていないというのは非常に惜しいので、今からでもHFからでもいいので(あ、でもセイバー編とUBWの最低知識は必要かも)触れてほしさあります。ステイナイト。

そんな、お茶濁しトークでした。
映画っていいもんですよね。
来週も濁しトークしていきますかね。
posted by 漢字中央警備システム at 17:54| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: