2019年12月10日

ワインの話(ゴーフ)

ワインの香りの表現に「焚き火の香り」ってのがあります。
ただ、焚き火と言っても燃やす木とかによって香りも変わるだろうと思うんで、そのへんのゆらぎを解決する表現として「ハロゲンヒーターの香り」というのを思い付きました。
ロマンがないので流行らないと思います。
posted by 漢字中央警備システム at 01:53| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: