2018年09月23日

何杯分ずつ淹れるべきか(ゴーフ)

こんにちは。コーヒーブロガー(名乗ればなれる肩書)のゴーフです。
今日はコーヒーのドリップは何杯分ずつ淹れるのがいいのか、という話。

「一杯ずつ淹れるべき」という意見も「複数杯分を一度に淹れると安定する」という意見もあります。
いきなりですが、先々週の話とほぼ同じです。
初心者が一杯分だけを淹れると抽出不足になってしまう可能性が高い。なぜなら、どうしても一杯分だけでは抽出時間が短くなり、時間が短ければ当然それだけ抽出はされなくなるからです。逆に複数杯分を一度に淹れれば、抽出時間は長くなるので、抽出不足をいくらか補えるというわけです。
上級者なら抽出不足にならないだけのテクニックがあるので、一杯で淹れても問題ない。逆に複数杯分を一度に淹れると、必然的に抽出時間が長くなるので、細かいコントロールが難しくなるわけです。
ざっくり美味しさの傾向を、
初心者一杯のみ<初心者複数杯≦上級者複数杯<上級者一杯のみ
みたいな感じのイメージでつかんでもらえると意義がわかるかと思います。

と、まあ、あくまで俺が考える「何杯淹れるか」論議の答えであり、正しい保証はしません。
ただ、ドリップバッグの初心者殺しっぷりを見ると、あながち間違ってない気はするんですよねー。
posted by 漢字中央警備システム at 22:15| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: