2018年01月10日

成人式とな(ふかみ)

成人式は前撮りで記念写真を撮り、大学時代に住んでいた街の成人式典に顔を出して(今思うと何故なのだろうとか思うのですが、今でも分かりません)帰りました。
こんばんは、ふかみです。貸衣装の着物はほとんど丈が合わなくて、一着しか合うのがないという悲惨な状況でした。

この時期になるとほぼ確実に現れる、「花魁着付け警察」なのですが。
これ、確か彼・彼女らの主張だと花魁でもランクの低い着付けだからみっともない、やめなさいというのが理由らしいですね。
言い分も解らなくはないのですが、面識のない人間に言われてもなぁ。というところではあります。
そして、こういう着付け警察がいるから着物文化が衰退している部分もあるのでは?とも思います。
もともとこういうふうに規制に規制を繰り返すと表現の自由や多様性がガンガン奪われていきますし、昔の文化と現代文化は明らかに違います。文化は流動する生き物だと思うのですよね。
洋服は現在かなり自由に着こなしが可能なのですから、「お着物」なんてお高く留まっているとどんどん衰退していく文化の一つだと思うのですよね……。
洋服に和装テイスト入れるとかなりお洒落になりますし(上級者向けではありますが、和小物いっこ入れるだけで映えるとこありますよ)、和装系の服装も流行りなのですから、もっとカジュアルになってもいいのだと思うんですよね。
という、着物に憧れがあるもののなかなか着る機会を逃した者の下らないこぼしでした。
同様に、「お紅茶」なんてお高く留まっているように見える紅茶文化も相当カジュアルなものですから(ティータイム!なんて張り切っている文化の方々もいますが)、是非気軽にいろんな産地の紅茶を飲んでほしい、あわよくばお気に入りの茶園、産地を見つけてほしいなんて思っています、と一紅茶好きの話です。

そんな、少しばかり毒めいたブログでした。
和装っぽいブランドではキューティーフラッシュやオッズオン、かっこいいですよ。
では、来週もお茶を濁してまいりましょう。
posted by 漢字中央警備システム at 18:40| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: