2017年07月27日

カニカマにも似た、あいつ(ふかみ)

侮れませんでした。
こんばんは、一日遅れでふかみです。

土用の丑の日でしたね。うなぎの旬は冬なのだそうですが、絶滅寸前のあいつ、うなぎは皆様いただきましたか。
そんなうなぎですが、うなぎかまぼこという表現ができる「うな次郎」という蒲焼きかまぼこがスーパーでやすく売られていたので、手に取りました。
うなぎって国産も中国産もほどよく高いのですが、うな次郎さんは300円前後で買えるようです。
ネット民の反応を見てみると「ほぼうなぎ」という意見が多く、ハードルは食べる前からバリバリに上がりましたね…。
さて、温めてごはんにのせ、甘辛いタレをかけて…見た目は少しわざとらしいながら、形のよいうなぎ。さあどうなんだろうな、と食べてみると。
ふわっふわのジューシーな肉厚うなぎでした。かまぼこだと言われない限り騙される可能性、お高めの予感がします! いやはやご飯が進む進む。あっという間に完食していました。
結論的に、ほぼうなぎ。という感想でした。ごちそうさまでした。企業努力に頭が下がります。

そんな、お茶を濁したお話でした。来週も濁していきますよ!
posted by 漢字中央警備システム at 22:37| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: