2015年09月04日

2015ポケモン映画 byこくまろ

20150904_073551.jpg
今年の映画はフーパの話でした。
映画なんて幻のポケモンを手に入れるのが目的で、
内容の善し悪しは二の次ではありますが。
気になったので書きます。

以下、若干のネタバレ含みます。
物語のいきさつとしましては。
・百年ほど前、街に突然現れた巨大なポケモンのフーパ
・単純な正確なのですぐ街の人間と仲良くなるが、力が強いことを
 知った人間たちがフーパを他のポケモンとバトルさせて楽しみだす。
・他のポケモンを倒すと人間たちが喜ぶと知ったフーパは自分の
 空間を渡る力を使って伝説のポケモンを呼び寄せて自分と戦わせる。
・伝説ポケモンとの戦いの余波で街が危機に。
・ある人間がフーパの力を封印する。
 そして現在。
・力を封印されて幼児化したフーパを監視していた一族が、
 「もうそろそろ力を返してやってもいいだろう」と
 何の根拠もなしに封印を解く。
・フーパ暴走。街またも破壊。
・またしても伝説のポケモン呼んで大暴れ。
・もう一度封印しよう、の流れ

・・・・・・一作目のミュウツーの逆襲で、人間の身勝手さを
表向きに出していました。
映画は人間たちの私利私欲に翻弄される話が多いのですが、
今回はかなり露骨な気がしましたね。
今回はロケット団も後半モブと一緒に逃げ惑うだけですし、
本当に悪い敵は出てきません、それでも、
やはり悪いのは人間だろう、という物語でした。
ちなみにフーパはエンディングで、改心したので、
自分のせいで破壊した街の再建を手伝いましたが、
最初から最後までフーパは人間のいいように扱われていたようにも
みえます。
「本当は人間が好きなポケモンなのさ」
といえば聞こえはいいですが、人間の勝手な思い込みですよね。
人間の行いに激昂し、暴走した伝説のポケモンを
サトシが体を張って説得して鎮めた方がまだマシな話です。

まあ、派手なバトルが見られたので悪くなかったということで。
また来週。

・・・・・・ドラクエ[必死にプレイしてツイッターする時間もない。
posted by 漢字中央警備システム at 08:04| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: