2020年09月22日

スパイスカレー(ゴーフ)

スパイスカレーってネーミング良くないよねって話はカレーマニアの間で言われていましたが、今年に入って本当に良くないなぁと思う事態になっています。

2019年序盤頃は、普通のカレーとは違う大阪発祥の独特なカレーを指すことが多かったように感じます。
カレーにスパイスが使われてるのは当たり前なんで、当時からなんともヘンテコなネーミングではあったのですが、普通のカレーよりもスパイスが強調されている仕上がりのことを表してはいるので、(諸手をあげて賛同はできないまでも)一定の合理性はあったと言えるでしょう。
ちなみに、日清焼きそばU.F.Oスパイスキーマカレー焼きそばで、この大阪発祥のスパイスカレーのうまさを知った自分はスパイスカレーのレトルトを探して買ったりと、ややハマったりしたわけです。

しかし、今年に入ってスパイスカレーの名前が違うものを指すケースが唐突に急激に増えました。
YouTubeにせよ、本屋にせよ、スパイスカレーといえば単にルゥを使わないカレーを指しているものだらけになりました。
大阪発祥の独特の味わいのものではなく、実に平凡なスパイス構成のカレーをスパイスカレーと呼ぶものばかりです。
かつてのスパイスカレーを探す人にとっては検索汚染甚だしいでしょう。
そもそも、ついこの前まで、スパイスから作るカレーのことをスパイスカレーなんて呼んでなかったじゃん!

とまあ、そんなふうに思うのは自分が2019年からスパイスカレーに触れたせい。
どうやら、2010年にスパイスを調合して作るカレーをスパイスカレーと呼ぶ本があったようです。

結論:ともあれネーミングが悪い
posted by 漢字中央警備システム at 21:38| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする