2019年09月30日

水出しリターンズ(ゴーフ)

再び水出しコーヒーの話題に帰ってまいりました。
こんにちは、ゴーフです。

以前、おうちの水出しコーヒーがお店の味みたいな個性の出方しないと書きましたが、原因がわかったかもしれません。
原因はコーヒー豆です。
おうちでの淹れ方のせいでは、どうもなさそうです。

時系列にそって説明します。
まず、喫茶店で水出しコーヒーを飲みました。
豆はエチオピアのモカ。酸味寄りの豆です。もっとも、焙煎を深くすると苦味寄りの豆にはなりますが、このときは特に深い焙煎ではありませんでしたので、原則どおり酸味寄りの豆です。
で、この水出しコーヒーがお湯抽出とはまったく異なる個性を出していたのに感動します。
ただ、酸味寄りのはずのモカにしてはだいぶ苦い仕上がりでした。
そのためこのとき、水出しコーヒーは酸味寄りの豆でも苦くなるという知見を得ます。

その後、カルディのアイスブレンドのコーヒー豆を人からもらったことをきっかけに、透過式の水出しコーヒー器具を購入。
なぜかというと、アイスブレンドは全力で深く焙煎しているわけですが、全力で深く焙煎している豆を以前別のコーヒー豆屋で買った際、俺の持つそれまでの抽出器具のどれでも俺好みの味にならなかったから。
そして、水出しという究極の低温抽出なら、苦味が抑えられるだろうという目算があったわけです。
で、目算どおり苦味が抑えられたコーヒーが水出しによって作ることができたことは、過去のブログどおり。

で、せっかく買った水出しコーヒー器具をいろいろ試したいと思い、浅めの中煎りくらいの焙煎度のエクアドルとハイチの豆のブレンドで試してみました。
焙煎度的にも豆的にも酸味寄りですが、どっちかの豆にもともとやや苦味があるやつです。
その結果も過去のブログのとおり、お湯での抽出より苦味が強調される形になりました。

そしてここからが新情報。
今回は、コロンビア産のコーヒー豆をかなり浅く焙煎したものを水出ししました。
もう少し詳しく説明すると、上記エクアドル・ハイチのような直火焙煎でなく、これは熱風焙煎。そして、同じ焙煎所の同じくコロンビア産の豆が別にあるのですが、それよりも味が出にくいタイプの豆を使用しました。
なお、挽き目はアイスブレンドのときなどど同じくパーフェクトタッチUの「2の右」でやりましたが、浅煎りゆえ油分が少ないためか抽出された液体の落ちが早いようなので、浅煎りの場合はもう少し細く挽いてもいいかもしれません。
で、今回は喫茶店で飲んだときのような、独特の個性が出るではありませんか。
ただ、完全に苦味のない豆だったためか、喫茶店のときやエクアドル・ハイチのときとは異なり、苦味はまったく出ませんでした。
なお、渋味はかなり強く出ました。
前述のとおり味の出にくい豆なんですが、水出しではしっかりと味が出ました。(具体的にどういう抽出だと出づらいかというと、フレンチプレスや、少量のペーパードリップをウェーブドリッパーでした場合ですね。エアロプレスや俺式ペーパードリップならちゃんと出ます)

というわけで、再び水出しコーヒーのお話でした。
posted by 漢字中央警備システム at 01:05| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

更新されてませんでした byこくまろ

先週金曜日に記事書いていたんですよ。
ですが保存ボタンを押し忘れ・・・ていたんだと思います。
結局ふかみ嬢に指摘されるまで放置しておりました。
他のみなのブログは金曜にまとめて読むので、
尚更気づかないものでして。
ご迷惑をおかけしました。

さて気を取り直して。
テキレボ9の配置がでました。
C-12
です。
今回は模型部に入部したのでガンプラを展示しております。
まあ、つや消し程度の珍しくもないやつで恐縮ですが。

次の10回は一年後。
まあ来年はオリンピックの影響でイベントの数自体が激減するので
仕方ないのかもしれません。
ですからかわりにどこかのイベントに出ようとしても、
ソコソコなのあるイベントは厳しいでしょう。
とくにコミティア、文フリは今年も応募が殺到しているとか。
難しいところですね。

そういえばライザのアトリエ買いました。
むちむちでゆれゆれな主人公ですが、
ネットで話題になっているとおり、とあるキャラの爆乳が二度見する
レベルで笑ってしまいました。
アトリエシリーズでは線の細い主人公が多いので、
中々新鮮です。
ただ、私は操作キャラを見ながら移動するタイプではないので、
あんまりライザをみてないかもしれません。

ではまた。
今度こそ保存して終わります。
posted by 漢字中央警備システム at 08:11| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

byこくまろ

>自宅にパソコン及びプリンターがあるご家庭だと、
 意外に必要になるもの、それはプリンター。

・・・???

こんにちはこくまろです。
今日はスイッチライトとゼルダの発売日!
なのですが、今週は今週だけ繁忙期になっております。
具体的な件数は言えませんが、GW並の量をさばいており、
昨日もかなりみんなで残業しました。
まだ今日明日も頑張らなければ終わらず、
日曜も朝一でビックサイトで仕事です。
ゲームしたくても回らない状態です。
来週は打って変わって静かな週になりそうですが・・・。
ともあれ、頑張って生き延びます。

ではまた来週。
・・・うちのプリンターは黒しかd
posted by 漢字中央警備システム at 20:20| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか間違えてまして(ふかみ)

プリンターがある家には、そりゃプリンターはありますがな…というわけで先週の記事はそっと訂正してあります。
こんばんは、ふかみです。

まろ先輩の手伝いとして、値札作りをしています。
昨日やっとプリンターのインクが届いたのですよ! これで年賀状作りも怖くないです。
が、このプリンターと付き合ってもう何年も経つのでいい加減なんとか新しいものを買いたさはありますね…でもインクが切れるまではもってほしいとか思うのはわがままですかね。
印刷の際によくエラーをはじき出すようになったので、うーん…とか思いつつ付き合っていこうと思います。
年末まで創作は少しセーフモードでいくつもりなので、こういうこと(手伝い)で創作した気になろうと思うのですよ…、とはいいつつガタの来た備品の買い直しとかはしないとですね…。
増税は本当に何なんだよォという気が強いですが…、中途半端に増税しないものもあるのは、幸か不幸か?ですね。うちのサークルも増税にあたり価格見直しとかした方がいいんすかね? わっかんないです。
生活困窮しない程度に増えるならまだ耐えられるのですが、重すぎる増税は民を切り裂くだけです! と、珍しく社会的なブログでしたとさ。なにかいてんだか自分でも混乱してきたのでこの辺で終わります。

以上グダグダブログでしたとさ。
来週もレッツグダグダ!
posted by 漢字中央警備システム at 20:06| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

おれと☆え〜る(ゴーフ)

エールビールとの初めての出会いはアイスビアという氷を入れて飲むタイプのビールだった。
単に「氷を入れる」というところに惹かれて買ったため、当時はエールという概念すら知らず、「なんか変な味がする」という感想だった。
2011年か2012年頃の話である。

その後、第3次クラフトビールブームがくる2017年より2年早い2015年にアサヒビールのクラフトビールシリーズであるアサヒクラフトマンシップが発売される。
その第2弾がペールエールだった。
まだ今ほどエールビールが日本でポピュラーでなかった当時、というかわりかしクラフトビールが地方の地ビール的な認識でしかなかった当時、一般的なラガービール以外の味わいに馴染みのない一般大衆向けに、ラガーじゃないビールをその個性を出しすぎない程度に抑えることで、飲みなれなさすぎないように計算されたシリーズだったのだろうと今になれば思う。
むしろ、第3次クラフトビールブームの下地を作ったのがアサヒクラフトマンシップだったのではと思うくらいだ。
そんなわけで、アサヒクラフトマンシップのペールエールはペールエールらしさがどぎつくない一品であり、おかげでエールビールを飲みなれる第一歩となった。

その後、調子にのり、他のエールビールも飲んでみるわけだが、他のやつはエールビール玄人勢向けでかなりエールの個性がどぎつい。
そのため、しばらくエールビールを敬遠することになる。

2016年、ザ・プレミアム・モルツ香るエールが発売。
プレモルといえば、かつて香るエールじゃないプレモルの飲んだ際、その強烈なホップの香りをジョッキのすすぎ残しの洗剤のにおいと勘違いしてからというもの忌避感がつきまとい飲まなくなっていた。
ところが、当ブログでお馴染みのサイゼリヤの人が香るエールをオススメしていたため興味をもち購入。
通常のプレモルのような強烈なホップの香りはなく、まず第一関門突破。
そして飲んでみると、これがなかなかにうまい。
エールの個性が強すぎないため、かなり飲みやすい一品。
このエールならイケる、と再びエールを飲むようになる。

そして、つい最近、ヱビスプレミアムエールが発売される。
これまたうまく、同じくエールの個性が強すぎないため、これまた飲みやすい。
残念なのは売ってる店が少ないこと。


実は今年に入って一時期、禁酒をしていた。
で、禁酒明けでビールを飲みたいと思い居酒屋に行ったのだが、ビールはプレモル香るエールしかない店だった。
問題ない、香るエールは大好きだ。
そう思い香るエールを注文。
おいしく飲み干したわけだが、ビール欲はまったく満たされなかった。
エールはエールというお酒であって、それはそれで好きだけど、ビールを飲みたいときはラガーを飲まないとビール欲は満たされないんだなあ。
スープカレーは好きだけどカレーはドロドロであってほしいみたいな話。
posted by 漢字中央警備システム at 04:12| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

VS プリンターインク(ふかみ)

自宅にパソコン及びプリンターがあるご家庭だと、意外に必要になるもの、それはプリンターインク。
こんばんは、ふかみです。

最近のプリンターってすごく安い割には、インクが曲者ですよね。
長いと10年くらいは付き合うモノですから、インク代が本体代金を超えることとかザラっぽいです。
というわけで、ここ数年は純正品をリタイアしてジェネリックインクを使っています(純正品のインククオリティは確かなので、それはとても素晴らしいのですが!)。
現行のプリンターはもう7、8年は使っているので十分もとは取れている感、ありますね……そして、何にも代えがたいくらいに型が古いです。
ちょっとまろ先輩から依頼されて値札を作っているのですが、印刷しようとしたらあらまあらま、インクが切れちゃったのですよね。
それで慌ててジェネリック型のインクを買ったのですが、今冷静になってみるとコンビニで印刷した方が早いのでは……とか思っちゃいましたよね……コスパもなんだかんだ良さそうですし……。
ま、まあいいとしますか……年賀状に使いますから、プリンターインク……多分……。

そんな、どうしようもない日常でした。
また来週もグダグダと、参ります。
posted by 漢字中央警備システム at 21:55| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

喫茶ゴーフ(ゴーフ)

いや、開店しませんけどね。

店としてコーヒー淹れる場合、自分の好みの味じゃなくてお客さんの好みの味にしなきゃイカンしなぁ。

それはさておき水出しコーヒーですよ。
その後、挽き目をより粗くしパーフェクトタッチUの「1の右」でやってみました。
すると、シンプルに苦いコーヒーになりました。
感覚的には、細かいはずの「2の右」より苦い。
とはいうものの、より苦味が出たというよりは、苦味以外の味の成分があんまり出てないせいでより苦く感じているっぽいですね。
だから「シンプルに」苦い。
あんまり深みがない仕上がりでした。

そんなこんなでアイスコーヒー用のガンガンに焙煎の深い豆で水出しコーヒーをやってきましたが、その豆もなくなっちゃったので実験はおしまいです。
次回は別の話題でお会いしましょう。
posted by 漢字中央警備システム at 01:36| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

お忘れになってましたか?(ふかみ)

ブログ当番がすっかり頭から抜け落ちてました。
こんばんは。燃えかすふかみです。

先週末はブックハンターセンダイに参加してました。
隣が、珍しいことに(文学フリマ系のイベントではほぼ隣接しないであろう)ジャンル・詩歌を扱う友人のブースでした。彼女は本当にアクティブでびっくり。ほぼ全てのブースのかた(20に満たないブースですが…)とお話ししてたのではないでしょうか。友人知人も多そうで、人を見るとカオナシのような態度になったりATフィールドを展開しがちな身としては見習いたいとこです。
戦果はどうぞ、聞かないでと言う状況ではありますが、楽しいイベントでした!アットホームですし、何よりもインディーズブックバザールの他に一箱古本市を開催してたのが嬉しいポイントでして…思わずそちらでたんまり買い込んでしまいました。
この日はジャズフェス、おたく系なら仙台コミケが同日開催だったのですが、そこそこ人の入りもあってよかったかな、と。
売り上げに結び付くかは、別問題ですが…。
個人的雑感、仙台の人は東北内だと腰が重いので仙台で文学イベントを開催したのでしょうが、是非岩手の文学フリマにも足を運んでほしいな、なんて。岩手文学フリマとブックハンターセンダイとで仲良くなれたら最高ではないですか?

そんな、雑な感想でした。
今年のソロで動くイベントはもう終わりなので、あとはのんびりです。
また、来週にでもお目にかかりましょう。
posted by 漢字中央警備システム at 20:27| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

外は涼しいけど byこくまろ

ゴーフ氏はゆうゆくは喫茶店でもひらくおつもりか。
事故にあったNeu氏はお大事に。

さて。
FEも3週目に入りましたが、まだ遊び足らない気分です。
ただ来週にはゼルダ、その次にライザが控えているので、さっさとすすみたい
ところ。

台風がすぎて、今年一番の厚さが到来し、漸く昨日から秋らしい天気になりました。
今週末にはゲームショーに行く予定ですが、
なんかまた台風ができたとか・・。

・・・いつものことですが、
木曜日あたりにはあれ書こうとか思いつくのですが、
実際金曜になって更新しようとするとネタが思い出せない。

のでこの辺で。
また来週。
posted by 漢字中央警備システム at 08:09| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

水出しコーヒー器具使用レポ(ゴーフ)

透過法の水出しコーヒーの器具を使ってみたので、そのレポをします。

【1】お店の味にはなりませんでした。
豆が違うせいか、淹れ方が悪いのかわかりませんが、とりあえずお店の味にはなりませんでした。

【2】挽き目
説明書によると中細挽き推奨とのこと。粗すぎると抽出不足になり、細すぎると詰まってしまうらしい。
で、俺として気になるのはパーフェクトタッチUではどのくらいの挽き目になるか。
試しに「3の左」(俺的にはエアロプレスと同じ挽き目)でやってみたところ、見事に詰まってしまいました(必ず詰まるわけではない)。
「2の右」だと綺麗にコーヒーが落ちたので、挽き目は細くする限界は「2の右」っぽいです。
さらに粗くするとどうなるかは、まだやってないのでなんとも言えない状態。
ちなみに、「3の左」だと粉のところに水が溜まり浸漬法(透過法より薄くなる傾向がある)状態になるためか、細い「3の左」より粗い「2の右」のほうが味が濃い印象になりました。(たまたまかもしれませんが)

【3】お湯での抽出との違い
正しい水出しができているかはわからないので、あくまで試行錯誤中の途中経過として聞いてください。
水出しコーヒーの味の傾向としては、苦い豆はお湯より苦味が抑えられている気がします。逆に、酸味寄りの豆の場合はお湯より苦味が出る気がします。
理屈としては、お湯の温度が高いと苦味が出やすく低いと苦味が出にくいため、苦い豆を水出しすると苦味が抑えられる。
そして、コーヒー粉とお湯(または水)との接触時間が長くなるほど苦味が出やすくなり、短くなるほど苦味が出にくいため、水出しコーヒーは点滴のように注ぐ関係上、お湯のドリップと比べ大変に粉との接触時間が長いので酸味寄りの豆でも苦味が出る。
という感じなのかなと思っています。

【4】粉に落とす方の穴が詰まりやすい
点滴のように水を粉に落とすため、水タンクの穴がめっちゃ小さいんですが、水に泡が自然発生し、空気のかたまり(泡)が出口を塞ぐことがわりと起こるので、ちょいちょい、ちゃんと落ちてるか見てあげないといけません。
詰まる頻度は運です。たぶん。
posted by 漢字中央警備システム at 18:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

製本完了!byこくまろ

表紙用1.jpg

新作のテキレボ9新刊、
「限りなく近く極めて遠く果てしなく殺風景な世界の無難な過ごし方」
ついに完成!!
月曜に入稿し、次の日の夕方に私のもとに運ばれてきました。
今回もひよこさんのイラスト。
とにかく前作までの差別化を図り、殺風景さを取り入れた結果、
こういうイメージになったそうな(ひとごと
テキレボ9にて頒布開始です。

なお、今回のテキレボでは部活動にも参加しております。
なんと模型部(爆
どうやって安全にプラモをもっていくかが問題ですが
まあ、箱も確保できたし包めばなんとかなるでしょう。
それに盗難・破損も怖いですが、サークルスペースに展示したい欲が
出てしまったのでもうやるしかないw

ゲームの話。
FE風花雪月2週目、帝国ルートクリア。
ツイッターで「シナリオ100点、道徳0点」とまでいわれるほど、
かつての教え子と殺し合ったり
引き抜いた生徒を故郷の家族と戦わせたり、
捨石になりに来た忠誠心の塊を放置して敵将を討ったり、
UCガンダムの台詞あれこれ叫びたくなるような物語です。
あんなのひとのしにかたじゃないですよ、とか。
で、今日から3週目。黄色学級です。
実際には4ルートありますが、多分それは攻略本とか出たあとで。
とにかく面白いけど人の心をなくしたら負けなゲームです。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 08:39| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

行ってくるます(ふかみ)

イベント前で慌ただしいので、さらっと。
こんばんは、ふかみです。

さて、ブックハンターセンダイ01、参加します。
隣は友人にして北東北唯一のロリィタ詩人を自負する、メンタルティック→ワルツという詩歌サークルのひめるさんがいるので、よければそちらも。
ブクハンは個人名義の「少女薬品」で参加しますが、漢シス本も豊富に扱うのでいわば分店です。
今回は漢シス本は「ED(エンディング)シリーズ」全て、そして「ゲームとは人生を費やす暇潰しである」を持っていくので、全四種類ですね。どうぞお楽しみに。
エンディングシリーズのほうは、特製元ネタペーパーをお付けします。
当日はなるべく大型紙幣を避けていただけると助かります、そして恐らく心身ともにテンパってるので、少しだけおおらかなきもちで挑んでいただけたら、と思います。

では、当日お会いしましょう!
来週は軽くレポートでも書きます。
posted by 漢字中央警備システム at 21:37| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

水出しコーヒー(ゴーフ)

一時期、コールドブリュー(要は水出し)コーヒーが話題になり、缶コーヒーとかでも出ていました。
いままで当ブログを見てた人ならおわかりでしょうが、低温抽出は俺の好みになりやすいわけで、その時もその缶コーヒーを飲んでみたんですよ。
どうだったかというと、まあ、普通の缶コーヒーとあんまり変わんなかったですね。
違うっちゃ違うけど、さほどどうというほどでもないというのが俺の感想。

そんなことがあってからしばらく経ち、最近、喫茶店で水出しコーヒーを飲む機会があったんですよ。
抽出方法は浸漬法ではなく透過法の様子。
で、これがめっちゃ特徴的なあじわい。
お湯で抽出するのと比べ、露骨に違うあじわい。
おそらく水出しでしか出せない味。
水出しすげぇなと思いましたね。

浸漬法(麦茶作るときのアレ)で、このように特徴的になるかはわかりませんが、とりあえず透過法の水出しはすごかったです。
posted by 漢字中央警備システム at 22:10| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする