2018年12月24日

抽出器具ごとの俺の淹れ方・番外編(ゴーフ)

この記事(http://kcss.seesaa.net/article/463028612)でフレンチプレスでコーヒーを淹れる方法の話をしましたが、今回はそのオマケ話。
フレンチプレスは、ペーパードリップやエアロプレスと比較すると、抽出後のコーヒーの粉の処理(要は捨てることなんですが)がめんどくさいです。
ペーパードリップならペーパーごとゴミ箱へポイ。
エアロプレスならキャップを外して、そのまま押し出してゴミ箱へポイ。
ところがフレンチプレスはひっくりかえしてゴミ箱へ粉を捨てようとしても、湿った粉は大量にプレス内に残ります。
そこでオススメなのがこちら。
20181224220923463.jpg
100円ショップのキャンドゥで売られている水切りゴミ袋。(写真はオレンジの花柄ですが、黒い英字新聞柄のもあります)
これのミニサイズのだと一リットルのフレンチプレスには小さすぎるのでオススメしません。
で、これを流し台に立てておき、使用後のフレンチプレスに水を入れて、この水切りゴミ袋に捨てる。
「水を入れて捨てる」を二回くらいやれば、粉は綺麗に捨てられます。
実に簡単。

ちなみに最近はこれに似たやつがダイソーでも売ってるんで、キャンドゥが近場にない人でも入手可能かもしれません。
posted by 漢字中央警備システム at 22:17| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする