2018年03月18日

ブラジルショコラのレシピ(ゴーフ)

みなさん、こんにちはこんばんは。
日曜担当のゴーフです。
今日はコーヒーの淹れ方について書いていこうと思います。
とはいえ、基本的なコーヒーの淹れ方については他のサイトにいくらでも書いてあります。
なので、今回のブログではそういったものではなく、「コーヒー豆に合わせた」淹れ方の話をします。
コーヒーは淹れ方によって味などが変わります。
そして、コーヒー豆にはそれぞれ個性があり、その個性を引き出すにはそれぞれに合わせた淹れ方をする必要があります。
というわけで、今回レシピを公開する豆はブラジルショコラの中深煎りです。
ブラジルショコラはその名のとおり、甘味が特徴の豆ですが、ちょっと気を抜くだけでひたすらに苦いコーヒーになってしまいます。
なので、しっかりと甘味を引き出しつつ苦味を出さないようなレシピにしました。

ブラジルショコラ中深煎(マグカップ2杯分程度)
1. コーヒー豆を粗〜中粗挽きにする。
2. 茶漉しに入れて振り、微粉を徹底的に落とす。
3. 微粉除去後の重さが30gになるようにする。
4. エアロプレスをインヴァート方式にセットし上記3を入れる。
5. エアロプレスのキャップにペーパーフィルターをセットしお湯をかけておく。
6. 80℃のお湯をエアロプレスに180ccそそぐ。
7. パドルで5回程度ゆっくり撹拌する。
8. キャップをセットし、上記6のときから1分経つまで待つ。
9. ひっくり返してサーバーや大きめのマグカップなどにセット。
10. 30秒プレス。プシューと空気の音がするまで。
11.  180ccのお湯を足してのばす。

かなり苦味を抑える淹れ方なので、一般的なコーヒー豆では酸味がきついコーヒーになりそうなレシピですが、ブラジルショコラ中深煎はどうやら酸味がまったくないようで、この淹れ方でもまったく酸味を感じませんでした。

ちなみに、次の2つのやり方では苦くなりました。
パターン1. 95℃のお湯でのメッシュフィルタードリップ。微粉をしっかり除去しましたが苦かったです。
パターン2.  今回紹介したレシピで微粉除去しなかったもの。

そんなこんなで、今後もコーヒーの淹れ方のレシピを公開していければと考えています。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 23:27| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする