2018年03月13日

まるで落語かコントの如き(Neu)

国会答弁。見たことない人は一度見てみるのをお勧めします。
これが日本唯一の立法機関のお仕事だそうです。
陰でいろいろと頑張ってると先生方はおっしゃっていましたが、仕事とは結果があって初めて過程が評価されるものだと肝に銘じておいて欲しいものです。まあそもそも国権を司る機関に携わる人間を地方毎に選出すると言うのも正しいのかどうか。地域基盤に根回しするのに一生懸命なだけでなく、ちゃんと国全体を見れる人間でないとならないと思いますが。
いっそのこと党の資金からでる給与を歩合+出来高制で支払う形に変更したらいかがだろうか。
余計な忖度や財政支出も減るだろうし何より上がると思うよ、最近流行りの生産性。

世間では使用者に都合の良い「生産性」だけが独り歩きしていて腹立たしい最近です。ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 04:55| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする