2017年08月13日

コ○○○○○○○○○(ゴーフ)

コーヒー専用クッキーなるものがありまして食べてみました。
コーヒーと合わせると本領を発揮するという特殊なクッキーでうまかったです。
ここまで書いて思ったのですが、まったく「このクッキー独自のおもしろさ」も「おいしさ」も伝わってこない文章ですね。
というわけで、上記文章を何パターンかにアレンジしてみましょう。

【ver.1】
こんばんは、ゴーフです(シャキーン!)。
今日は気になる新商品を買って食べてみようのコーナーです(ピヨピヨ)。
というわけで今回の商品はこちら。
ババーン!
コーヒー専用クッキー。
コーヒー専用ってどういうこと?紅茶はダメなの?みたいなことを考えつつ袋をあけてみると(ぺろーん)。
ココアクッキー…みたいな黒いクッキーですね。
見たところは普通のココアクッキーとあんまり変わりはないです。
まずはクッキーだけでひとくち。
いただきます。
サクサク(早送り)。
普通のココアクッキーよりもけっこうビターな味わいですね。
これだけでも僕は好きな感じなんですが、名前どおりにコーヒーと合わせてみると?
ごくごくサクサク(早送り)。
おおっ!
これは!
クッキー単体でもおいしいんですが、コーヒーと合わせると味が変わって、より一層おいしくなります。
単体だとビターさが前面にでてるんですが、コーヒーと合わせると今度はクッキーの甘さが前に出てきて、「え? こんな一面もあったの?」みたいな驚きがありますね。
たとえていうなら、普段すごく悪そうな不良が捨て猫を拾ってたみたいなギャップ(キーンコーンカーンコーン)。

【ver.2】
サクサク、どーもー! ゴーフでーす!
毎日クッキー健康生活ということでやってるんですけれども。
今回ご紹介するのはこちら。ドン!
コーヒー専用クッキー。
こちらのクッキー、コーヒー専用に作られたクッキーということで、そのこだわりに期待が高まります。
では早速パクついてみたいと思います。
レッツゴー!(ソイヤ!)
袋をあけてみると、色が濃いめのココアチョコチップクッキーだー。
まずはそのままひとくち、いただきまーす。
うーん! おいしー!
かなりビターの自己主張が暴れだすー。
それでは、今度はコーヒーと合わせて食らみると、今度は甘味がしっかり効いていて不思議クッキーでーす。
この味の変化を楽しんだところで、コーヒー、クッキー、コーヒー、クッキーと食らっていったら、あっというまに完食でーす。
コーヒーと合わせることで違う味わいが楽しめるエンターテイメントなクッキーでしたー。
ごーちそうさまでぇす。

【ver.3】
どーも、ゴーフです。
いたずらをしかけちゃいましょう。
今回はクランキーが食べるこのコーヒー専用クッキーの袋を目立たないように開けて、色を同じにした激辛クッキーに入れ替え、袋を接着剤で新品とわからないように閉じます。
リアクションをみてみましょう。
(場面切り替え)
テロップ「何も知らないクランキーが登場」
(クランキーが激辛クッキーを食べる)
クランキー「うわっ!辛っ!辛っ!なにこれ!?」
ゴーフ「テッテレー! 愛くるしいなお前」
posted by 漢字中央警備システム at 21:59| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする