2017年04月28日

混ざります byこくまろ

先週3DSファイアーエンブレムエコーズを購入してから、
まずスマホのFEHをプレイし、スタミナがなくなったらエコーズを
遊ぶスタイルになりましたが、
似ているようで感覚がまるで違うので戸惑ったりしますね。
特にエコーズはリメイク作品で、FC版の仕様を大事にしている為、
武器相性なしやクラスやキャラの少なさ、シナリオの短さが
少し目立っている気がします。
そしてキャラが少ない上に、2部隊存在し、最終盤まで合流しないので
殆どのキャラがスタメンで戦わなくてはなりません。
そのためレベル上げが大変です。
FEHで慣れていると経験値がとても少なく感じます。
それなのにセリカなんて中盤でシナリオ上強制クラスチェンジがあるので、
面倒でもレベル上げしないとヘタってしまいかねません。
とはいえ、今週末から9連休なので、
じっくり遊ぼうと思います。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:26| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

キンコーズに行ってきたよ・第一章(ふかみ)

先日、キンコーズで印刷の話を話を聞きに行ってきました。
こんばんは、ふかみです。

私の行ったキンコーズは、繁華街から少し離れたところにあり、そこはほんのりビジネス街でした。
店内も清潔で、PCやコピー機がたくさんあり、まさにオフィス街にあってこそ、といった感じの趣です。
さて、ここまで来て多少怖気づくわたし……、今までは比較的おたく向けに特化した秋葉原製作所というところでお世話になることが多かったのですが、そことは違い完全にビジネスパーソン向けの店内です。
おたくが行って大丈夫か……?と怖気づいたのですが、店内に入ってしまったからには後退するわけにはいかず。
意を決して、カウンターにいた店員さんにお伺いしてきました。
「あのーすみません、ちょっとよろしいですか? コピー印刷の冊子を作りたいのですが……」
そこからは、しどろもどろになりながらも、どんな冊子を作りたいかの説明タイムです。
ちなみに作りたい冊子の内容として、こんなことをお話ししました。
・コピー印刷
・20ページ
・40冊作りたい
・全編モノクロ
・特殊紙が使えるなら使いたい
・原稿はデータで作成する
・冊子の完成サイズはA5
・印刷用のテンプレートなどがあるなら教えてほしい
順不同ながらも以上のことを説明しました。
店員さんの方は親切にもキンコーズのパンフレット片手に説明してくれました。
会員になればPCを使っての印刷もできること(PCレンタルは有料だそうで)、特殊紙はバリエーション豊かに揃えていること(追加料金がかかるそうですが、本当に沢山の特殊紙がありました)、データはフォトショップの保存形式なら問題ないこと(店によって違うかもしれないので、その辺は要確認かもしれませんが)、製本(中綴じのホチキス)はセルフで可能なことなどなど、親切かつ丁寧に説明してくれました(見積もりもしてくれましたが、印刷代金自体はコンビニ程度のお値段でした)。
そして、印刷用のテンプレートは無いのでA5サイズのデータを作ってくれとのことでした。
おそらくセブンイレブンのテンプレート辺りを使えば印刷で切れるアウトゾーンなども分かり易いのかな、とは個人的な感想です。
また、お客様相談センターもあるので、作業中に分からないことがあったらそちらにどうぞ、とも案内していただきました。

……という感じで、外観はおたく向けではないものの、印刷サービス自体は親切なのでは?という感想です。
来月か6月にでもデータをこさえて印刷しに行くので、そのレポートはまた後日。
という、分かり易くも無いレポートをお届けしました。役に立つかは、分かりません……。
そんなこんなで、また来週お目にかかりましょう。
posted by 漢字中央警備システム at 19:46| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ピンクチェックスクールのオムライス(ゴーフ)

http://elephant.2chblog.jp/archives/52180564.html
↑このSSでピンクチェックスクールが作ったオムライスを作ってみました(2食分)。
ちなみにポジパのオムライスを作ったときの記事はこちら↓
http://kcss.seesaa.net/s/article/447629414.html

で、ポジパと違ってSS内で作業行程描写が少なかったので、近いレシピとして↓を参考にしました。
https://zexy-kitchen.net/recipes/1457
なお、この参考にしたレシピは鍋で炊き込みするためおこげができます。
今回はそのおこげができるレシピで作りましたが、気になる人用に炊飯器レシピだとこうだろうなというのも書いていきます。

まず、鶏もも肉(100g)を皮を分けて、皮以外を食べやすい大きさに切り、塩コショウ(少々)をもみこみます。
玉ねぎ(1/4)をみじん切りにします。
パプリカ(1/2)もみじん切りに。
マッシュルーム(小さめのやつなら5個くらい)をSS準拠で大きめにカット。小さめのやつなら4等分くらいが現実的なバランスかと。
20170423020834971.jpg
米(1合)は軽く洗ってざるにあげ水気をきる。

ブイヨンスープ(180ml)を作っておく。ちなみにあらかじめお湯でブイヨンキューブを溶かしておかないと固まりが残るぞ。てかブイヨンスープの量が半端なのでキューブをどう切るか戸惑うけど、ブイヨンはコンソメと違って塩分あんまりないんでざっくり多めでも不味くはならないからざっくりでも大丈夫かと。

で、鶏皮をフライパンで熱し、鶏皮の脂が出てきたら、鶏もも肉を色が変わるまで炒めます。
20170423021236623.jpg

次にバター(10g)を鍋で中火で熱し、溶けたら玉ねぎを炒めます。
20170423020936923.jpg
玉ねぎがしんなりしたら先ほど炒めた鶏もも肉を入れる。
20170423021829774.jpg
そして米を加えてサッと混ぜあわせる。
20170423021838173.jpg
全体にバターがなじんだら、ブイヨンスープとケチャップ(大さじ4)、パプリカとマッシュルームを入れて混ぜる。
20170423021907939.jpg
おこげが嫌な人はこれを炊飯器で炊飯。
それ以外の人は、このまま沸騰させ、沸騰したら弱火にし蓋をして15分加熱。

その間にボウルを二つ用意。
片方には卵(1個)とモッツァレラチーズ(適量)を入れ混ぜ、溶き卵にします。
とは言っても、丸いガチのフレッシュモッツァレラを卵とどう混ぜるねんと困ったので、混ぜやすいこれで代用しました。
20170423022423719.jpg
もう片方のボウルに卵(1個)と生クリーム(適量)を入れ混ぜ、溶き卵にします。

さて、鍋加熱15分経ったら、モッツァレラのほうの卵を表面全体に流し入れ、また蓋をして3分加熱。
火を止め、生クリームのほうの卵を表面全体に流し入れ、蓋をして5分蒸らす。
20170423023616691.jpg
仕上げにケチャップで絵を描けば完成。

なお、炊飯器の場合は、出来上がったチキンライスを器に盛り付ける。
そして油をひいたフライパンでモッツァレラチーズの卵でオムを作りチキンライスの
上にかける。
次に生クリームの卵でオムをトロトロになる程度に作り、先ほどのオムの上にかける。
最後にケチャップでお絵かきして完成。

なかなかに再現できたのでは?
これもうまいよ。
さすがピンクチェックスクールやで。
posted by 漢字中央警備システム at 02:44| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

菓子パンは好きだけど byこくまろ

猫が3才になりました。
20170417_195320.jpg
これからも応援宜しくお願いします。

で、今週のお題はパンですか。
食パン・・・・・・というよりサンドイッチは平日お昼にコンビニで買って
会社で食べてますね。美味しいですね。
でも菓子パンの方が好きなのですがカロリーも高いし、
お腹も膨れすぎるので最近は手を出していません。
たまに食べますけどね。

現在FEエコーズをプレイ中。
シミュレーションというよりRPGよりのシステムで、
原作に準拠しているのか、武器相性がなかったり、
弓射程が基本近接可能なので、レベル上げてゴリ押しな
感じが強いです。
プレイ感覚が狂って中々進めませんが、暫く欲しいゲームが
ないのでじっくりあそびたいところ。
ゼルダはラストダンジョンで火だるまにされて帰ってきました。
じっくり攻略しようと思います。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:21| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

♪朝はパン♪(ふかみ)

パン党です。
こんばんは、ふかみです。

この時期名物、春のパン祭り。
お皿がもらえるあの季節がやって参りました。
我が家は皆パンが好きということもあり、すぐにシールがたまります。
と、いうわけですでに二皿、今期のキャンペーンでもらえるお皿が家にあります。
パンとお皿の接点が最早分からないのですが、もらえるお皿は割と頑丈なので重宝しています。デザインもシンプルですしね。心なしか割れづらいような気さえしていますが、どんなもんでしょうか。なにか特殊な製法なのでしょうか。

そんな、パンを食べたくなる…というよりは、家に必ずといっていいほどあるパン祭りの、お皿の話でした。
来週はキンコーズのレポートなんて書けたらなぁと、思いますがどうなることやら。
posted by 漢字中央警備システム at 23:01| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

親がパン好き(Neu)

なので自分が食べる一日の食事のうち必ず一回はパン。最早食習慣になっている状態です。
自分の家で食卓に上る頻度が低いのは麵ですね。とは言っても米もパンも麵も個人的にはどれも嫌いではありませんが。こう考えるだけで、食物アレルギーが如何に大変かが窺い知れますよね…小麦と米はよく聞きますが、玉蜀黍にもアレルギーってあるのだろうかと思ってたらありました。
まあ、基本アレルゲンとなるものは蛋白質あるいは糖蛋白(金属は金属と体組織が反応して蛋白質を発生させる)なので肉、魚、フルーツ、ナッツ、芋、豆、穀物は間違いなく可能性があるんでしょう。
これの一番怖いのは酷いと死に至る事。しかしアレルギー対象を避け、薬を用いていればダメージを最低限に抑えられる訳ですが、アレルギーには交叉反応というものがありまして、対象ではなくともその分子構造が似ていると同様の反応が出ることがあります。有名な例だと栗アレルギーの人はバナナやアボカド、天然ゴムにもアレルギー反応が出るといった感じです。
身近な話題からまた面倒くさい上に暗いネタに持って行ってしまいました。
自分もそうですが花粉症(これもアレルギー反応)の方も気を付けてお過ごしください。ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 00:37| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

パイナップル(ゴーフ)

先週に話題にしたパイナップル入りチッザを作りました。
写真も撮りましたが、絵的に映えるものでもなかったので載せません。
味についても、特に書くことはないです。

で、そのチッザの余った材料消費のためピザパンを作ったわけです。
ピザパンを作るためには食パンを買わなければならない。
そこで、毎度おなじみ例の100%活用術の人が超熟をオススメしてたので初めて超熟を買いました。
正確にいうと、もともとパンがあまり好きではなかった俺が子供の頃に唯一好きだったヤマザキのダブルソフトを100%活用術の人が食パンが旨くなる課程の中間地点と表現していて、そしてその進化の現時点が超熟でまじウマイという話だったんで、そりゃあ食ってみたくなりますよ。
で、実際超熟はうまかったです。
大量生産の市販パンってここまで美味くなったのかぁ〜と驚きましたね。
それから、100%活用術の人がやってた食べ方もやりたくなります。
そのひとつが、トーストしてバターとはちみつを塗る、という食べ方。
朝食のときにやったので、とくに100%活用術の人がオススメとかまったくしてないトーストしてバター塗って目玉焼き載せ(塩、胡椒、うまみ調味料が混ざったやつじゃなく別々にかけた)も同時に作りました。
20170416212612748.jpg
バターとはちみつの超熟ももちろんおいしかったのですが、個人的にえらく気に入ったのは、熱ではちみつがとけてとなりの目玉焼きのパンに流れていってかかってしまい、味塩胡椒味の目玉焼きにはちみつの甘さが混じったパン(バターつき)。
なんか、マックグリドル感があってすごく好きです。
posted by 漢字中央警備システム at 21:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

猫が・・・ byこくまろ

だいたい3ヶ月ごとに目の周りが血まみれになる猫。
この春も思い出したかのようにちまみれに。
かなりひどいので病院で注射を打ってもらいました。
それでもまだ痛いのか、うめいたり、落ち着かなかったりします。
父がやっと北海道の単身赴任から戻ってきて、晴れて一緒に暮らすので
仲良くしてほしいのですが(時折帰ってきているのでお互いなれてはいるが)
どうもまだ微妙な関係のようです。猫と父が。

しかしまあ、語ることがありません。
ゴーフのように料理に興味があるわけでもなく、
Neu氏のように忙しいわけでも体調不良というわけでもなく
ふかみのように創作に勤しんでいるわけでもなく。

ゲームもまだゼルダをやっている段階で、クリアまでまだかかります。
とはいえかなり強くなっているのでシナリオ進めてもいいのですが、
寄り道が楽しいので最後の神獣攻略に行けません。
来週にはエコーズ発売なのでそれまでには、と思ったのですが、
GWの5月の1、2日が休みになり9連休になってしまったので、
むしろ遊べる時間が増えてしまったというか。

・・・・・・うん、やはり語ることがありません。
また、来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:11| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

VS キンコーズ(ふかみ)

6月に個人で出す冊子の話でもしようと思います。
とはいっても、冊子の内容の話はほぼしません。
こんばんは、ふかみです。

コミケのカタログなどでおなじみキンコーズですが、近々そちらでお世話になって冊子の印刷をしようと考えていました。
そんなことをツイッターでぼそりとつぶやいたら、親切なフォロワーの方に「キンコーズはビジネスパーソン向けな気がしますが大丈夫?」といった内容のリプライをいただきました。
たしかに、印刷のレポートなどを同人同業者のかたがたがちらほらアップしてくださっているのですが、サイトを見る限りだとビジネスパーソン向けのホムペ内容なんですよね。
同人界隈、あまり歓迎されてない……?とちょこっとだけ勘ぐってしまったり、しなかったり。
ですが、レポートを見る限りだと要領さえつかめればかなり素敵なコピー冊子が作れそうな気がしなくもないですし、元々コピーショップということもあり、ポスター印刷もお手の物なのだそうで。
要は「使いこなせたら相当便利なコピーショップ」なのだろうと思います。
わたしが東京へイベントなどで遊びに行くときは、基本的に「秋葉原製作所」でコピーをお願いしているのですが、こちらは同人パーソン向けに特化した作業環境になっています。同人誌等用のテンプレート等も作ってくれていて相当親切設計なのですが、こちらに慣らされちゃうとなかなかにキンコーズへ足が遠のきますね……。
ひとまず、キンコーズのほうに説明を伺いにだけでも行ってみようかと思います。
無理そうだったら、大人しくコンビニコピー冊子を作ろうかと思います。

そんな、お茶を濁す話でした。
来週も濁していこうと思います。
posted by 漢字中央警備システム at 21:13| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

どうしたものか(Neu)

いや、ポテチが買えなくなる事ではなく資格の勉強が進まない事です。
仕事が忙しすぎて時間が取れない事と、数日前まで腕の痺れと首の痛みがあったせいです。どうやら最近の疲労などから姿勢が悪くなってしまったことで神経が圧迫されていた様で、姿勢矯正してみたらかなり改善しました。
軽度の物でこれだけ支障が出ますので結構馬鹿にできません。長時間にわたって同じ姿勢をする方はストレッチ等をする事をお勧めします。
ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 04:53| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

こだわりのチッザ(ゴーフ)

少し前の話になるが、ケンタッキーでチッザというメニューがあった。
ピザのピザ生地の部分がフライドチキンになった代物だ。
それなりにカロリーの暴力ではあるが、炭水化物がたんぱく質とかに変わったわけで、思ったよりはカロリー多くないらしい。
というか、このジャンク感からか、ネットでの感想は素直に全肯定する人が少なく、誉めるにしても多少文句をつけるのがタシナミみたいになっているのが、なかなかにおもしろい現象だと思う。
それはさておき、チッザに関するユーチューバーのレビューとかブロガーの再現レシピとかで納得できないところがある。
チッザに塗られている赤い液体を「トマトソース」とか呼んだり「ピザソース」で再現しているところだ。
公式での図解にはトマトソースとかピザソースなどという文字は一切ない。
そこにはハッキリと「トマトケチャップ」と書かれているのだ。
もっともこのことは例のサイゼリヤ100%活用の人のツイッターで知ったんだが。
トマトソースだとかピザソースと書いたほうが一般ウケはいいだろうに、わざわざ野暮ったい「ケチャップ」と書いている以上、そこにはなんらかの意味がある、的なことをサイゼリア100%活用の人が言ってたのだ。
そこで、チッザの販売が終了した後、チッザの自作をした。もちろんケチャップで。
ただ、べつにブログのネタ用ではなかったので写真はないし、完全に自己満足のためだったので、サラミではなくカルパスを使用した。
さてその後「これ、ブログのネタになるじゃん」と思い、本格的にチッザの再現をやろうと一念発起した。
でもせっかくやるなら究極のチッザを作ろう、と思ってしまったのが今回のブログに間に合わなかった理由。
例のサイゼリヤの人曰く、日本のチッザはコーンが残念。海外ではコーンではなくパイナップル。パイナップルならケチャップである意味が云々。
よっしゃ! コーンやめてパイナップルにするべ。と思い海外のチッザを調べてみると驚愕の事実が。
パイナップルを使ったフィリピンのケンタッキーのチッザは、ケチャップじゃなくてマリナラソース(イタリア料理で、トマト、ニンニク、香辛料で作ったソース)。
しかもサラミは普通のじゃなくてペパロニ。
あげく日本のには入ってないピーマンまで入っているではないか。
コーンをパイナップルに変えればいいやという目算は見事に崩れさった。
なお、日本のを完全再現するにはチーズもとろけるチーズにするだけでは不完全でゴーダをメインにエグモントとチェダーの三種のチーズを使う必要があることも判明。もこみちか。
というわけで、とくに完全再現とか究極のチッザとかは作れなかったというお話。
posted by 漢字中央警備システム at 22:32| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

退魔の剣とれました byこくまろ

ゼルダの伝説BOTWで、先日漸くマスターソードを手に入れました。
まだ神獣は一箇所しか開放していないのですが、武器枯渇の心配が半減する
ので早めにとるのがおすすめです。
攻撃力と耐久力は並程度ですが、
リアルタイムで十分程で自己修復してくれるので、
強敵相手には躊躇わず使いましょう。
また、HPがマックスなら武器投げ動作でビームが出せるとか。
試していませんが。
かなりの時間遊んで、マップ見ながら進んでいますが、まだ半分も踏破していません。
装備もまだまだ少なくて強化も足りない状況。
FEエコーズを予約しているので、それまでにはある程度終わらせたい、
けど無理だろうな、という状況です。
とんでもないボリュームのゲームです。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:53| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

VS かたづけ(ふかみ)

あれこれあって、部屋の片づけをせざるを得ない状況になっています。
こんばんは、ふかみです。

大切そうにしまっていたものでも、今後絶対に使わないなぁとか思うものとか、
どうしてこんなに大切にしまっていたのかさえ分からないアイテムとか、
これはさすがに捨てていいなと思う雑誌などとか、
……とにかくいらないものがごろごろ出てきます。
更に、学生のころに経験した引っ越しの残骸が未だに段ボールの中に押し込まれているのを見ると途方にくれます。
これからどうにかしなくてはなりません。
収集癖のあるタイプではあったのですが、最近はアイテム消費しながら収集していくスタイルに移行するよう心がけています。
無限収集とかするタイプの方って、ある意味尊敬しますよね……。

そんな、お茶を濁す話でした。
来週も濁していきます。
posted by 漢字中央警備システム at 01:50| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

柔軟剤じゃないよ(Neu)

ソフラン。ソフトランディングって楽曲がこの手の音ゲー演出の走りとなったからこの名前になりました。
音ゲーといえば初音ミクproject DIVAやP4Dを制作したdingoが倒産したそうで、個人的にはフォトカノ、レコラブの後釜の方が心配ですが、まあKADOKAWAが「心配すんな」ってツイートしてるので一応安心なのかな?
何というか最近のゲーム全体がプログラムのミスとかオブジェクト定義のミス、テキストの誤字等の細かい品質に問題が発生してる気がしますね。大きな目で見れば映像表現を中心に向上したり、価格面では全体的に安価になった気はしますが。
なおスイッチは購入見送りが確定、ハード面での不具合が決定打に…クレードルにスイッチを入れる瞬間の映像を見るとどうしても脳裏に「スキマスイッチ」が出てきてしまうのはここを読んだ君たちだけの秘密だ。
仕事が混沌として思考も纏まりを欠いていますね。まともな記事が書ける状態に早くなりたいものです。
ではまた。
posted by 漢字中央警備システム at 00:12| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

音ゲー(ゴーフ)

ソシャゲでも最近音ゲーがいくつか賑わっているように感じます(個人の感想であり、実際に賑わっていることを保証するものではありません)。
むかしにゲーセンの音ゲーやってた人間の俺からすると、ソシャゲ音ゲーの観測範囲での共通点ぽいものを感じたので、今日はその話。
まずは、ソシャゲの音ゲーってシャンシャンゲーが多いのかなあと。
ゲーセンのビートマニアとかポップンミュージックとかギタドラなんかは、ボタンを押すとかの操作でメロディの一部が流れる。つまり、バックの音楽はところどころ欠落していて、操作をうまくやることで完全な音楽が成立するわけですよ。
そこいくと、シャンシャンゲーって、完全な音楽がバックで流れているところ、リズムにあわせてシャンシャンって鈴っぽい音が鳴るわけで。
この違いはおそらくビートマニア的なシステムはコナミの特許だから他社が使えない的なやつだと思われるので、まあ仕方ないかなと。
そもそもゲーセンでのプロジェクトディーバあたりがシャンシャンゲーの先駆けなのかな。たぶん。
てか、シャンシャンの音は楽曲を邪魔せず、音ゲー感も出せるのでなかなかの発明だと思います。

次にソシャゲの音ゲーで多いのかなあと思われる共通点はソフランなしということ。
ソフランとか言っても音ゲーマーしか通じない言葉だと思うんで、少し説明すると、一曲の中でBPM(曲の速度的なやつ)が変化することをソフランというんです。
というか、ソフランには複数の意味があるんで他の意味もあるけど、話に関係ないので割愛。
そもそもソフラン多用する楽曲は音ゲーマーに嫌われているらしいので、ソシャゲでは単に淘汰されただけなのかもしれませんが、真相は知りません。

という感じでソシャゲ音ゲーをいくつか見て、逆にビートマニアのDJゲーらしさを再確認したのが最近の俺。
どういうことかというと、少し長くなる。
ビートマニアってスクラッチ用のターンテーブルが筐体にでかでかとあるわりに、ゲームの実態はボタンというか鍵盤というかを押してサンプリングされた音を出すのがメインのサンプラーゲームじゃないですか。
でもね、BPMが曲内で変わるってのがソシャゲ音ゲーで当たり前じゃないのをみると、DJの仕事のBPM対応のさわりだけでもちゃんとシミュレートしてるゲームだったんだなあと。ビートマニアは。
そう思うわけですよ。
ほんとさわりだけですけど。
posted by 漢字中央警備システム at 02:00| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする