2016年05月11日

ジャムを紅茶にくわえます(ふかみ)

ロシアンティー、好きなんですよ。
こんばんは、深海です。ゴフタンが中期休養に入るそうで、このブログも軽く過疎化してきました。

ロシアンティーですが、日本ですと紅茶にジャムを入れて溶かして飲むのが主流です。
しかし、本場だとジャムを舐めながら紅茶を楽しむのが主流なんだとか。
日本式ロシアンティー用のジャムと紅茶のセットっていうのを買ったことがあるのですが、ジャムが紅茶に溶けやすいように割と緩めに作られていたことを覚えています。
そういうタイプだといいのですが、最近ミルクジャムを買って紅茶に溶かして飲もうと思いたったのですが、だいぶ固いタイプだったので巧い具合にジャムが溶けなかったんですよね……。
やむを得ず本場式(?)で楽しんでいますが、溶かすのとはまた違う味わい方が出来て良いです。
アッサム紅茶がまだまだたっぷりある上に、もう一個ほどミルクジャムで試したいものがあるので、これはいいぞ……! という具合です。
あ、でもミルクジャムならコーヒーに溶かしても何となくいいかもしれない、とか思っています。勿論パンにつけても美味しいでしょうし。

今週はこれでおいとまさせていただきます。
来週は何を話しましょうか。
posted by 漢字中央警備システム at 22:16| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする