2016年02月21日

カレー試行錯誤、その2(ゴーフ)

【前回のあらすじ】
思ってたような味にならない原因が旨味ではないと判明。

旨味が問題でないとしたら、何が原因だろうか。
パッと思いつくのはスパイスだ。
そもそも想定していたカレーと香りが違っていたので、可能性は高そうだ。
とりあえず、追加スパイスとしてよく使われるガラムマサラを投入。
辛みスパイスと書かれているだけに、単に辛さを増すだけかと思いきや、意外にもカレー自体がうまくなる。
味がスカスカだったカレーがスカスカじゃなくなる感じ。
これは良い。
良いんだけど、求めてるのはコレじゃない。
足りない香りはガラムマサラの香りではないのだ。
他のスパイスの香りも確かめてみた。
一般的なカレーのスパイスである、クミン、コリアンダー、ターメリック、カイエンペッパー。
日本では一般的ではないカレーのスパイスである、マスタードシード、カレーリーフ。
具材によって使われるスパイスであるフェンネルなど。
だが、どれも足りない香りのものではないのだ。

つづく
posted by 漢字中央警備システム at 22:53| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする