2016年02月29日

映画『英雄の条件』にかんして、他の人の書いたあらすじであまり触れられてない点について(ネタバレあり) byゴーフ

2000年公開のアメリカ映画。
裁判(正確には軍法会議)がメインとなる映画である。
戦争モノ的なものであり、エクスペンダブルズなどのアクションエンターテイメントのような戦闘シーンの痛快さは無く、戦闘シーンはひたすら悲惨な描写となっている。
だが、「敵にも敵の正しさがある」とかいった種類の難しさはまったくなく、主人公が正義(正しい者)として描かれており、そういう意味ではシンプルな勧善懲悪ストーリーである。
もっと言うと、主人公のひとりである弁護士が裁判に勝利しその上それまで家族から評価が低かったのに見直されるという、進研ゼミの勧誘マンガ的サクセスストーリーともいえる。

あらすじは、DVDパッケージによると
「「米軍が一般人に向けて銃を乱射!」恐るべき“虐殺者”として裁かれる、歴戦の英雄チルダーズ大佐。彼の攻撃命令は正しかったのか?マスコミ・政府をも敵に回し、彼の無実を信じるのは、かつての戦友ホッジス大佐だけだった……。」
おおむねその通りのストーリーである。

で、Wikipediaにはこの映画についての「人種差別描写と反感」の項目がある。
それによると、
「本作品のアラブ人の特徴の描写は人種差別であると広範囲に及ぶ批判を招いた。アメリカアラブ反差別委員会は、「おそらく、これまでのハリウッドの作品で最もアラブ人に対して差別的な作品」と評した。
ボストングローブ紙のポール・クリントンは、「悪く言えば、露骨に人種差別的で、風刺漫画の悪役のようにアラブ人を利用している」と評した。
映画評論家マーク・フリーマンは、「(本作品において)イエメン人は、考えられるうちの最も人種差別的な描かれ方をした。フリードキン監督は、イエメン人のこわばった表情を誇張し、また、彼らの奇怪な容姿や様式、辛辣な言語、暴力への強い欲求を誇張した。(本作品の鍵となる)"真実"が終盤で開明されるとき、本作品の人種差別的意図はより強調される。本作品のメッセージとは、アメリカに批判的な勢力や女子供を殺すことを活発に許容する必要性のことだ」と評した。」
とのこと。
この点について、もう少し付け足したい。
この映画には、途中、片足を失ったかわいそうな小さな女の子が出てくる。
米軍の銃撃による犠牲者だ。
悲劇的な被害者であるように、観客は途中までは思う。
そのように感じるように描写されている。
だが、物語が進み、真相が明らかになると、その女の子が、実はアメリカ大使館に向けて(米軍が銃を発砲するより前に)銃を発砲してきていたということが、観客に示される。
被害者と思われていた小さな女の子が、じつは加害者だったという構成だ。
もっとぶっちゃけていえば、このイエメン人の小さな女の子がこの映画における悪役の一人とされているのである。

ネタバレを避けるためか、このあたりのことがぼかされずに書かれている感想やら記事やらが見つからなかったので、ちょっと今回書いてみました。


【以下、お蔵入りがもったいないレベルに長くなってしまった映画内容のまとめ。読まなくていいです】

まず、1968年のベトナムから話は始まる。
ホッジス(のちに弁護士になる)とチルダーズは、アメリカ海兵隊員として参戦している。
チルダーズの隊がベトナム兵と交戦し制圧。ベトナム人2人を捕虜にする。
直後ホッジスの隊がベトナム軍の攻撃を受け撤退不可能なまでにやられてしまう。
通信でそのことを聞いたチルダースは捕虜のベトナム人に対し、ホッジスの隊を攻撃している部隊を撤退させなければ殺すと脅す。
本気であることを示すために、もう一人のベトナム人を殺し、ふたたび先ほどのベトナム人に銃口を向ける。(抵抗できない捕虜を殺すことは規約違反であり、のちにそれが問題となる)
このことで、ホッジスの隊を攻撃していた部隊は撤退し、ホッジスは生きながらえることができた。

それから28年後。
イエメンのアメリカ大使館がデモの群集に包囲され、その数に怖気づいたイエメンの軍隊が逃げ出したとして、チルダーズの部隊が警護するよう命じられる。
現地ではデモの群集とは“別にいる”狙撃手が大使館に発砲をしていた。

デモ隊は大使館に火炎瓶や石を投げつけたりしている。
大木をぶつけて入口をこじ開けようとしている。

チルダーズの部隊のヘリが大使館に到着し、大使一家を避難させようとする。
その間も、狙撃手によって隊員が撃たれ負傷したり死亡したりする。
狙われているため、頭を低くして障害物に隠れるように隊員たちは行動している。

無事、大使一家をヘリで避難させた後、負傷した隊員らも避難させようとしているとき、チルダーズ大佐はある光景を見てしまう。
そしてチルダーズ大佐は「群集に向けて発砲しろ」と命令する。
部下が「発砲することなどできません。撃ったら女や子供が犠牲になる恐れがあります」と言うも、チルダーズ大佐は「悪党をぶっ殺せ」と命令する。
そして米軍の一斉射撃によって女子供含めデモ隊の83名が死亡、100人以上負傷した。

チルダーズ大佐は非武装の群集を虐殺した罪で裁判(軍法会議)にかけられる。
国際問題(イエメンとの戦争。中東の穏健派の国から締め出され大使館を失う)に発展させたくない大統領補佐官は、チルダーズ大佐一人に罪を着せようとする。
調査資料でも群集は武器を持っていなかったとされている(後に、それは調査隊が到着したのがイエメン政府が現場を片づけた後だったためということがわかる)。
マスコミもチルダーズ大佐が虐殺をしたものとして扱う。

弁護を引き受けたホッジス大佐は、イエメンに証拠を探しに行く。
町のあちこちにカセットテープがある。
そこで、片足を失った小さな女の子に出会う。
その女の子が向かった先は、米軍の銃撃によって大けがを負った子供や大人たちが入院している病院。
子どもたちの痛々しい姿。
ホッジスが女の子に「かわいい子だ」と優しく話しかけ手を触れようとすると、女の子は「人殺し!」と言って拒否する。
その病院にもカセットテープがある。

監視カメラのビデオテープには群集が大使館に銃を撃ってきている映像が映っていた。
だが、大統領補佐官はそのビデオテープを燃やし隠ぺいした。

カセットテープは文字の読めない者へのプロパガンダ用で「イスラムの神を信じ神の命令に従うことで報われることを願うすべての者に告ぐ。アメリカ人とその仲間を殺せ。民間人も軍人も両者とも殺せ。それがすべてのイスラム教徒の義務だ」と言っている。

回想シーンで、群集の中の女子供も大使館に銃を発砲していることが判明。
その中にはホッジスが会った当時片足を失っていた女の子もいて、彼女も銃を発砲していた。
それを見たチルダーズ大佐は、群集に向けての発砲を命じた。
つまり、群集が先に発砲してきたのだ。

「武器を持たないものは攻撃しない」とのチルダーズ大佐の証言を覆すため、ベトナム戦争での例のベトナム人が証人として呼ばれる。
武器を持たない捕虜をチルダーズ大佐が殺したことは証言したものの、自分が逆の立場だったら同じことをしたとも証言する(裁判後、チルダーズ大佐と敬礼し合う)。

最終的に、軽犯罪的なものを除き、チルダーズ大佐は無罪となる。

ビデオテープを隠ぺいした補佐官が後に処罰されたことなどが、字幕で書かれて終了。

この映画の要点をざっくり言うと「死と隣り合わせの戦場で、交戦規程がどうとか言ってられないよね」。
ちなみに原題は、そのものずばり「交戦規程」。
posted by 漢字中央警備システム at 05:45| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

薄味。 byこくまろ

20160222_075245.jpg
いえ、カレーの話ではなくて。
vita版いけにえと雪のセツナをクリアしました。
ストーリーはまんまFF10ですね。
ただ、FF10のときは自ら運命を否定し、新しく、より
困難な道を選んで旅を続けるというものでしたが、
こちらは目的地がラストダンジョンです。
値段が5000円弱とお手頃ということを考えると、
こんなものだろうという気にはなりますが、
不満点というか、減点が多いのは問題です。
とくに、 
クロノトリガーを意識した、と公式で謳っているのが致命的。
戦闘やシステムでリスペクトした部分は悪くないのですが、
それ以外の質が悪い。
グラフィックは綺麗ですが、ずっと冬景色で、ダンジョンも
ラスダンも含めて使い回しばかり。またここか、という感じ。
音楽はピアノでこれもいいと最初は思えるのですが、
ずっと静かなイメージなので眠くなります。
メリハリが乏しいのです。

周回要素はありません。やり込み要素もアイテム収集くらい。
何より、vita版はロードが長いです。それも頻繁にあります。
ですから「また最初からやりたい」という気になりません。
というわけで、どこをきってもクロノトリガーに勝る点が
見当たらないのです。
値段? 
クロノがバーチャルコンソールで買えるので、値段でも負けてますよ。


ネタバレですが
最後はヒロインが戻ってきません。
主人公も戻れたのかわかりません。曖昧です。
いけにえとなって終わったのとあんまり変わりません。
というかシナリオネタばらしが本当に最後の最後で、
なんかおかしくないか、という点がちらほら。
セーブポイントに意味があったことだけは驚きましたがw
あと、開発室作るぐらいなら他にやることあっただろうと
つっこみたくて仕方ありません。

他にもいいたいことはありますが、
昨年末のガンダムEXVSフォースよりははるかにまし、
クリアまでそこそこ楽しめたといえるので、
クソゲー扱いにはしません。

買うならPS4をおすすめします。
ではまた来週。

posted by 漢字中央警備システム at 07:43| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

日常ふらぐめんつ(深海)

今日は本当にどうしようもない日常のことでも書こうと思います。
こんばんは、深海です。

ヘアピンを入れるケース、ありますよね。それが先日壊れたんですけど、さて次にヘアピンをどんなケースに入れようかと半ば難民状態に陥りかけた瞬間がありました。
とりあえず目についた、ルピシアのお茶缶(丸くて小サイズでもちょっと大きめ。普段はピアスを入れている)に入れてみたのですが、やはりどうも大きすぎる。他の物、と思い引き出しをあさってみてもブリキペンケース(どう考えても大きい)、ジップ式の袋(やっぱりこれも大きいし収納には疑問符が)、……こ、このままではフタの無い不安な状態でヘアピンを収納しなくてはならないの……?
と、思った瞬間、目についたものがありました。フリスクサイズのチョコレートが入っていた、まどかマギカ展で買ったチョコレートのケースなんですけど、試しにヘアピンを入れてみたらサイズも収まりも丁度良くて「やるじゃん!」といった状況です。コンパクトで前の物より収まりも良く、ヘアピンを収納するためにあったのか!? といういらぬ錯覚すら覚えるくらいには感動的な収まりの良さで……。
これが壊れるまでは、このままで行こうと思います。

そんなこんなで、これにて。
来週は何かもうちょっといい感じの話題でもあればいいんですけど。
posted by 漢字中央警備システム at 20:14| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

カレー試行錯誤、その2(ゴーフ)

【前回のあらすじ】
思ってたような味にならない原因が旨味ではないと判明。

旨味が問題でないとしたら、何が原因だろうか。
パッと思いつくのはスパイスだ。
そもそも想定していたカレーと香りが違っていたので、可能性は高そうだ。
とりあえず、追加スパイスとしてよく使われるガラムマサラを投入。
辛みスパイスと書かれているだけに、単に辛さを増すだけかと思いきや、意外にもカレー自体がうまくなる。
味がスカスカだったカレーがスカスカじゃなくなる感じ。
これは良い。
良いんだけど、求めてるのはコレじゃない。
足りない香りはガラムマサラの香りではないのだ。
他のスパイスの香りも確かめてみた。
一般的なカレーのスパイスである、クミン、コリアンダー、ターメリック、カイエンペッパー。
日本では一般的ではないカレーのスパイスである、マスタードシード、カレーリーフ。
具材によって使われるスパイスであるフェンネルなど。
だが、どれも足りない香りのものではないのだ。

つづく
posted by 漢字中央警備システム at 22:53| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

webアンソロをチェックだ! byこくまろ

20160219_074904.jpg
ゴーフの記事にあるように、何事も「マナーだよ」と
決められるのは鬱陶しい限りです。
神経質過ぎると思いませんか日本人は。
逆に、ルールを守らない人間は、世界的に見れば
少ない方なのかもしれません。
もっと大らかに生きられる世の中であって欲しいと思う方も
多いでしょうが、がちがちなルールでなんとか上手く回っている
場面も多いので難しいところです。
何がいいたいのやら。

さて、今日は第三回テキレボwebアンソロで
私の短編が公開される番です。
・・・狙ったように金曜日ですね。
頼んだわけじゃないですよ。
ここをご覧になったみなさま、どうか感想ボタンを
ぽちりと押してやってください。
ワンクリックで済みますから!

さてさて、昨日から「アナ雪のセツナ」じゃなくて
vita版「いけにえと雪のセツナ」をプレイしておりますが。
まあ、ロードが長い。それも結構な頻度で。
図鑑項目をみるにもロードが発生するって・・・。
これがPS4版だとかなり快適と聞いて、
ちょっぴり後悔しております。
PS4ホコリ被ってるから使ってあげてもよかったかも。

ともかく、しばらくゲームの雪の中で戯れております。
え、創作の進捗? まだ一万千文字ぐらいですよ。
まだ学校中の日常パートです。
中々ゲームにすすみません。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 08:01| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

続・お勧めの本でも(ふかみ)

雪がちらついたり、みょうに暖かかったり……。春の足音はすぐそこですかね。
こんばんは、深海です。

さて、先週に引き続きお勧めの本紹介でもやろうかと思います。ネタが無いなんて、そんなそんな。
翔泳社から出ている、「和文フリーフォント集」という本なのですが、フォントの紹介・およびCDROM収録という割とどこにでもあるフォント収録素材集……と、思いきや。
フリーフォント集って、アルファベットフォントならたくさん収録されてはいるものの和文はからっきし弱いということが結構多いんですよね。それで困ったことは多いです。
そこでこの本なのですが、和文と飾りフォントに強い上、私的にありがたいことに手書きフォントにも強いので買って早々に活用していた本です。今でこそツイッターなどSNSで、選びさえすれば点滴のように情報が入ってくる時代ではありますが、まとまった情報を一気に仕入れるにはやはり書籍というのは強いなぁと思います。
ちなみにこの本、好評だったようで第二弾も出ているとか。そっちもチェックしたいところではあります。
それともう一つ。本文中にCGイラストが掲載されているのですが、この本の編集者さんのイラストだったという小さな、そして衝撃のマニアックな萌えポイントがありました……どうぞ書店で見かけたら立読みを、気に入るようなら是非お手に取ってみることをお勧めします。
フォントって馬鹿に出来ないですからね……いつまでもデフォルトフォントっていうのも、味気ないです。

そんなこんなで、これにて。
来週は……どうしましょうかね。
posted by 漢字中央警備システム at 23:30| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

マナー(ゴーフ)

【今回の記事の概要】
●「こうしたほうがおいしい」が「こうしないと失礼」に変化してしまう
●「交渉上のテクニックとしてこうしたほうが不利にならない」が「こうしないと失礼」に変化してしまう
●誰かから理由づけなく聞いた「こうしろ」は「こうしないと失礼」になってしまうのではないか?

なんか概要書いたら本文完成させるモチベーションなくなりました。
まあ、社会人は忙しいし、みんなが説明上手なわけじゃないから、理由とか言わずに「こうしろ」みたいに言うのが連鎖して、そうしないことが恥だの不道徳だの悪だの失礼だのって理由だと勝手に想像して、さらにそれが連鎖して恥だの不道徳だの悪だの失礼だのというものと認識されていく不幸が起きてるんじゃないかなあと思うわけですよ。

ちなみに、出されたお茶は飲まないのがマナー的な記事が話題になったときに書くのがタイムリーだったんですが、なんでこんなみんなが忘れたころにまで書くのがずれ込んだのか、自分でもわかりません。
posted by 漢字中央警備システム at 17:22| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

微妙な味 byこくまろ

20160212_074422.jpg
ポケモンスクラップ2016のために
ポケモンパンをあちこち探しておりました。
しかし売っている場所は少なく、困難でした。
味が他の同価格帯のパンに比べてしょぼいためでしょうか。
ともかく2月1日から発売して、今日ようやく20枚たまりました。
Aコースこれでゴールです。
隠れ特性三鳥(ついに解禁)と色違いイーブイ+αゲットです。
とくにカロスマークつきフリーザーはもっていなかったので、
特に嬉しいです。
まあ、特性はあんまり実践向きではありませんが・・・。
問題はBコースです。
発表されるのが3月なので待ち遠しいです。
こちらも隠れ特性の準伝説とかだったら嬉しいのですが・・・。
何がくるやら。

それにしても木曜が休みだと一週間が早く感じますねえ。
来週にはちょっと期待しているいけにえと雪の刹那発売です。
vita版を予約してあるのでかいます。
じっくり遊べる良作だといいのですが。
ガンダムVSforseみたいなのはごめんですよ。
すごいですねあれ。アップデートで持ち直したかと思いきや、
未だ新品でも2000円未満で売っていたりします。
発売2ヶ月足らずで値段三分の一ですよ?
まあ、それだけ詰まらない、手抜きゲームであることは変わりませんが。

ではまた来週。

posted by 漢字中央警備システム at 07:54| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

お勧めの本でも(深海)

先日ブログで取り上げたハンドクリームですが、無事に使い切りました。
こんばんは、深海です。

さて、同人活動をするうえで、表紙やイラストのデザインをしなければいけない場面って、何度かあると思うんですよね。絵を描かない文章屋でも、漠然とでも「どういう感じか」というのは伝えるとは思うんです。
そこで、絵師さんあるいはセルフデザインする上で、個人的に役に立った本をご紹介。
マール社から出ている、starwalkerstudio編集、「同人誌やイラストの美しいデザイン100」という本です。
ぱらぱら読んでみるだけでも、デザインに関してはずぶのド素人でも分かり易い内容、必ずどこかで聞いたことがあるようなイラストレーターの絵が見られる、配色のことに関しても分かる、というなかなかに豪華な内容です。
文字レイアウトに特化したページもあるので、イラストに頼らないレイアウトの作品でも役に立つのではないかな? と思います。
ただ、デザインというジャンル上、wordなどの文章ソフトでの編集より、フォトショップやイラストレーターなどの画像ソフトでの編集を余儀なくされる内容ではあるので(windowsデフォルトのペイントソフトでも厳しいでしょう)、その点はこちら側で何とかしないといけない内容では、あるのですが。
レイアウトの基礎に関しての易しい内容にはなっているので、書店で見かけたら一読、気に入ったら買ってみることをお勧めしてみます。

そんなこんなで、この辺で。
来週は何を語りますかね?
posted by 漢字中央警備システム at 22:52| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

TAKIJIと書くとヴィジュアル系バンドのメンバーっぽい(ゴーフ)

800万人が登録している某ソーシャルゲームで、いま『蟹工船』モチーフのシナリオのイベントが開催中です。
突然そんなことを他人から聞かされても「こいつ俺のことを騙そうとしてやがるな」とか思ってしまうような話ですが、本当です。
プロレタリア文学がまさかのソシャゲ化!
この衝撃たるや、なかなかのもんですよ。

まあ、蟹工船だけじゃなくて『カイジ』ネタとかも入ってるんですけどね。
posted by 漢字中央警備システム at 01:07| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

少しは治ったけど byこくまろ

20160205_072210.jpg
指のひび割れ、苦手な手袋作業をこなしたおかげで
3箇所のうち一箇所治りましたが、
肝心の右手中指が全然治らず、また別の場所が開きそうなので
まだ痛いです。早く湿度あがってくれ。

それでも少しずつ執筆しています。
まあ、まだ5千文字出た程度で序盤も序盤ですが・・・。
春になったらがーっつ書きたいです。

只今ポケモンスクラップ2016のために
ポケモンパンを探しております。
二年前のときも中々売っているのを見つけられず苦戦しましたが、
今回はもっと酷く、地元では一箇所、しかもジャムパンのみしか
みつかりません。
今回は前回よりもスクラップの入った製品が多いのですが、
まだ発売は先。発売しているはずのアメは影も形もありません。
長いキャンペーンなので焦らずじっくりと買い続ければいいのですが、
此処まで売っていないと不安です。
カントーの準伝説3鳥の隠し特性解禁なので是非欲しいです。

ゲームは只今エスロジplus2週目。
いけにえと雪の刹那予約しましたが、それまで時間があるので
のんびりプレイしないと間が空いてしまいますな。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:40| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする