2018年04月23日

アメリカンコーヒーの整理(ゴーフ)

どうも、こんばんは。ゴーフです。
アメリカンコーヒーの定義の混乱にはこんな物語があったのではというのを、おおいに推測を混ぜつつ整理してみたいと思います。

【1】
日本でアメリカンコーヒーなる名前の飲み物がうまれる。
しばらくは決まった定義がないが、共通点としては普通のコーヒーよりも豆の成分に対してお湯の比率が高いなど、ざっくりいうと「薄い」コーヒー。(ドリップコーヒーのお湯割りだったり、粗挽きにして薄く抽出したり。なお西部開拓時代のアメリカで普及したパーコレーターでの抽出は必然的に粗挽きになる)
出始めた頃、日本においてコーヒーは深煎りが主流だったこともあり、アメリカンコーヒーも同様に深煎りだった。

【2】
近年になるまで、アメリカでは単語の「アメリカン」と「コーヒー」を合わせ「アメリカンコーヒー」となることで、特定の種類のコーヒーを指す言葉になるなどということはなかった。
なので、「アメリカンコーヒー」といえば、「アメリカン」の意味である「アメリカの」「アメリカ人の」「アメリカ産の」「アメリカ式の」、コーヒー、という意味になり、その中のどの意味に捉えるかは聞き手次第・文脈次第だった。
それだけでなくそもそもアメリカでは、「アメリカンコーヒー」なる言葉は一般的ではなく、そういう意味(日本とは異なる意味の言葉)としても使われることはほとんどない言葉だった。
Wikipediaにも「アメリカ人は自国のコーヒーについて「アメリカンコーヒー」と呼称しない」とある。

【3】
当時アメリカの西部では浅煎り、東部では深煎りでコーヒーが飲まれていた。
しかし、おそらくアメリカのそれぞれの地域では、あらゆるローカル食と同様に、アメリカの他の地域では違う飲み方がされているとは一般に知られていなかったであろう。
しかし、他の国ではコーヒーが違う飲み方がされていることは、コーヒーの焙煎の深さを「フレンチロースト」「イタリアンロースト」と呼ぶことから、知っていたと思われる。(ちなみにこれらのローストがそれぞれの国でメジャーだったのは過去の話で、現在はあまりそれぞれの国で見ないらしい。閑話休題)
イタリアンローストとフレンチローストは焙煎の深さの1位と2位の焙煎度のやつなので、そのことからアメリカ国外ではアメリカより深い焙煎で飲まれているイメージがあったかもしれない。
逆に言えば、とくにアメリカ西部では、焙煎の浅さがアメリカのコーヒーの特徴と考えていても、ありえなくはないだろう。
ここまでが前提。

【4】
日本ではその名称からアメリカンコーヒーを「アメリカで飲まれている飲み方」だと勘違いする人が現れた。
そこでおそらく日本人がアメリカ人なりアメリカに住んでた人に「アメリカではこう飲むんだろう?」とアメリカンコーヒーを見せるなりして、アメリカンコーヒーと日本で呼ばれる飲み物をアメリカ人なりアメリカに住んでた人が知ることになる。
で、そのアメリカ人なりアメリカに住んでた人はアメリカ西部の人だったのだろう。
そこで、「アメリカン(アメリカ式の・アメリカ人の)コーヒーはこういうのではない。アメリカン(アメリカ式の・アメリカ人の)コーヒーは浅煎りだ」みたいなことを言われたとしても不思議ではない。
それを聞いた人なり伝言ゲームによって「アメリカンコーヒーの定義は浅煎り。薄く淹れたのをアメリカンコーヒーと呼ぶのは間違い」と勘違いしたのではなかろうか。
だが、あくまでアメリカでの飲み方みたいな文脈での「アメリカン」の翻訳なり解釈であり、何度も言うようにアメリカでは「アメリカンコーヒー」という言葉に「アメリカ式(アメリカ人)のコーヒー」という固定された意味があったわけではない。
その上、あくまで浅煎りは西部での飲み方にすぎないので、そういう意味で「アメリカンコーヒーは浅煎り」は正確でもない。

【5】
かつて、アメリカにおいて単に「アメリカンコーヒー」と言ったときは、「アメリカ式(アメリカ人)のコーヒー」という意味よりは「アメリカ産の豆のコーヒー」(たとえばハワイコナ)を意味するほうが自然だったようだ。(Wikipediaのアメリカンコーヒーの項目の注8から推測)
だが、あくまで「どちらかと言えば」レベルの話っぽく、何度も言うように、アメリカではアメリカンコーヒーなる言葉はなかったようだ。

【6】
その後、イタリアで「カフェ・アメリカーノ」が誕生する。
今、一般的に言われる「カフェ・アメリカーノ」はエスプレッソをお湯で割った飲み物で、日本式のアメリカンコーヒーとも違う飲み物だ。
アメリカーノの名前の由来はアメリカ人の飲み方という説があるが、定かではない。
また、アメリカーノはアメリカ合衆国内で一般的な飲み方ではない(Wikipediaのアメリカーノの項目参照)。
さて、「今、一般的に言われる」と断りを入れたが、それには理由がある。
どうやらイタリアでのカフェ・アメリカーノはもともと、ドリップコーヒー(このカフェ・アメリカーノ用に焙煎した豆を使ったもの)を薄めたものだった。
だが、イタリア人はそんなもの飲まないので喫茶店にそれ用の豆はない。
そのため「イタリア人が普通飲むエスプレッソ」ならあるから、それをお湯で薄めたものがカフェ・アメリカーノとしてイタリアで出されるようになったらしい。

【7】
そして、そのエスプレッソのお湯割りであるカフェ・アメリカーノがアメリカで英語に翻訳され「アメリカンコーヒー」としてエアロプレスコーヒーメーカーの説明書に書かれている。
たぶん近年なって、カフェ・アメリカーノの英訳として「アメリカンコーヒー」なる固有の意味をもった言葉がアメリカにも定着したのだろう。

【まとめ】
というわけで、はじめに言ったように多くの推測を混ぜて、アメリカンコーヒーの定義のゆらぎについて見取り図を作ってみました。
このように見てみると、実用的な定義として考え直す余地はあれど(「エスプレッソのお湯割り」「ドリップコーヒーのお湯割り」「深煎りを粗挽きなりして薄く抽出したもの」「浅煎り」「パーコレーターで淹れたコーヒー」などのどれを指しているかわからないという難点があるからね)、日本式のアメリカンコーヒーをアメリカンコーヒーではないとするのはおかしいし、浅煎りこそアメリカンコーヒーという定義も変な気がします。
とりあえず、なんかうまい定義ができるといいねって思います。
posted by 漢字中央警備システム at 01:29| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

え、なにこれ聞いてない byこくまろ

ふかみも書いていましたが、エディタがリニューアルされて戸惑いながらの更新です。
あれ、これどうやって更新するんだと試行錯誤気味に書いていたら、
何を書くのか忘れました。
まあ、今週は忙しくなってきたのでなーんにもネタらしいことはないのですが。

スパロボX一週目をクリアして引き継ぎしましたが、2週目は一旦置いて。
隠しのナイチンゲールの入手方法がどこのサイトも完全確定していないようなので
攻略本が出てからのんびりやろうかと。
現状GWが開けるまで仕事が忙しいようですし。
ただFEHはかわらずぽちぽちやっています。
大制圧戦はなんだかな、という感じですが・・・。


うん、本当に書くことがない・・・。
来週ももっとないと思いますがご容赦を。
ではまた来週。

posted by 漢字中央警備システム at 07:13| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

淘汰なのかそれとも(ふかみ)

つい最近お亡くなりになった、スイマーという雑貨ブランド。ブランド停止直前辺りにハマり、泣きそうになった記憶があります。
こんばんは、ふかみです。

最近、100均が勢力をにょきにょき伸ばしている反面、チープ路線のブランドがばたばたと消えている印象があります。
また、ロリータ路線のブランドもかなり減った印象がありますね……。
ロリータ関係は個人ブランドが頑張っている反面、多様化の波にのまれてなのかそうでもないのか、ブラックピースナウ(ピースナウ)の倒産以降、ここ数年でブランド休止の流れが増えている気がします。
チープでレトロ可愛いという路線で、唯一無二だった気のある(サン宝石はまたベクトルが違う気もするのですがどうなんでしょう?)スイマーでさえブランドをやめてしまうのですから、なんだか好きだった界隈の縮小化が悲しくて仕方ありません。
今までに買ったブランドの品を大切に着ようと思う反面、ブランドを支えるだけの財力が無いのを恨むしか……。
最新のブランド商品を買ったのは(特にロリータ界隈)いつだったかなとか思うと気が遠くなるので(古着でばかり買っているので)、ちょっと耳が痛くなる話です。古着屋の雰囲気、好きなものでつい……。
スイマーはまだオンラインショップを開けているので、気になる方はなにか買ってみるのもいいかもしれないな、と思いつつ。魔女っ娘テイストのアイテムやレトロガーリィなアイテムが多く揃っていて、目移りしちゃいます。
姉妹ブランドのチョコホリックのほうはややお姉さんテイストのブランドですが、こちらのオンラインショップは最後に見たときにはあまり商品が無くて残念でした……。
何にせよ思うことは、すべて貧乏と不景気が悪いんだなぁなんて思ったり……。
若者の貧困、何とかなりませんかね……。

そんな、少しばかり暗い話でお茶を濁しました。
来週も濁していきまっしょい。
裏話→ブログのエディタ画面が少し変わっていてびっくりしたのは秘密です。
posted by 漢字中央警備システム at 18:30| Comment(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某軍曹(Neu)

の役者さんがお亡くなりになられたそうです。
おそらくキリスト教徒でしょうから、良い旅立ちを、と言っておくことにします。

あの作品の罵倒には今後ベトナムの最前線へ送り出される新兵の心身を実用に耐えるものに養成する意味のあるものですが、日本のブラック体質に意味はありません。
対価が必要以上にあったバブル期や目に見える成果が形となる高度経済成長期ならまだしも、現在に至っては使用者が利益のために強権を振るい労働力を搾取し使い捨てするための行為でしかありません。正直ただの違法行為です。
なのに日本では誰も使用者が労働者に〇されたりはしない事が、個人的には不思議でなりません。もっとも、警察のアレはメンタルも分別も無さ過ぎの擁護の余地のない事件ではありますが。
このまま悪化しすぎてロシア革命みたいにならなければいいんですがねw何でこういう手合は根拠もなく仕返しされないと思ってるんだろうか。

今週末忙しくて投稿が遅れました。まあ忙しいだけで殆ど金にはならないんですが。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 02:43| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

アメリカ製品の説明書に見るアメリカンコーヒー(ゴーフ)

どーも、ゴーフ・クランキーです。
よろしくお願いします。
今週もがんばっていきましょう。

以前、アメリカンコーヒーの定義についてあれこれ書いたんですが(http://kcss.seesaa.net/article/454840353.html)、やはりWikipediaの記述は正しくないという証拠を新たにみつけました。
まずWikipediaでの記述がどんなものかを引用すると、
「アメリカン・コーヒーとは、浅く焙煎したコーヒー豆で入れたコーヒー[1]。アメリカンとも呼ばれるがアメリカーノとはまた違ったコーヒー。」
「アメリカ合衆国式の8段階で表示されるコーヒー豆焙煎度分類法で、焙煎度が低いシナモンロースト(浅煎り)やミディアムロースト(やや浅めの中煎り)の豆を使って、パーコレータなどのコーヒーメーカーで多めのお湯でいれる点が特徴である。アメリカ西部の方が浅煎りの豆を使用し、東部の方が深めに焙煎した豆を使用する傾向がある[3]。」
「通常のコーヒーをお湯割りにしたものを「アメリカン・コーヒー」と認識している人達が見られるが、こうした見方は正確な認識とは言えない。」
「このアメリカン・コーヒーという名称は、日本で使われる呼称であって、世界基準となる珈琲鑑定士用語には存在していない。また、アメリカ人は自国のコーヒーについて「アメリカンコーヒー」と呼称しない[3][8]」
とのこと。
最初に浅煎りをアメリカンと定義したかと思ったら、「多めのお湯」「パーコレーター」といった要件が唐突に増えたり、なんの意図なのかアメリカ東部では深煎りなどという記述がぶっこまれるせいで「じゃあどんな根拠でアメリカンコーヒーを浅煎りって定義したんだよ。そもそも日本独自の定義な上に「日本生まれの薄めたコーヒー」は間違い用法とまで言っておいて」と言いたくなる感じは、すでにこの時点で説明のつじつまがあっていないヒドイ状態です。
まあ、Wikipediaの雑な編集にツッコミ入れてもキリがないので、UCCのサイトにかつてあった説明を元にした記述である「アメリカン・コーヒーとは、浅く焙煎したコーヒー豆で入れたコーヒー[1]。アメリカンとも呼ばれるがアメリカーノとはまた違ったコーヒー。」の部分の反証をしてみましょう。(「かつて」と書いたのは、Wikipediaの脚注からのリンクがきれてしまっているため)

今回参照するのはエアロプレスコーヒーメーカーの説明書です。
エアロプレスとはアメリカの企業が開発したコーヒーメーカーで、説明書を見てみるとエスプレッソっぽいコーヒーを作るのを第一の目的としたコーヒーメーカーのようです。
説明書は6ヶ国語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語、中国語)で説明が書かれており、それとは別に日本の輸入企業による日本語のみの説明書があります
その説明書の英語の説明に、あるんですよ。「American coffee」の文字が。
もちろん日本語の同じところに「アメリカンコーヒー」の文字があります。
それはアメリカンコーヒーの作り方の説明で、エスプレッソ(風のコーヒー)をお湯で割るやり方が書かれています。
これって、Wikipediaでアメリカンコーヒーではないと書かれている「アメリカーノ」の作り方なんですよ。
で、ドイツ語とスペイン語の説明で同じくところに何と書かれているかというと「Café americano」。カフェ・アメリカーノ。
このことからわかることは、カフェ・アメリカーノを英語訳するとアメリカンコーヒーになるってことです。
「浅煎りこそアメリカンコーヒーの正しい定義」みたいなの、ほんと、どこから来たんでしょうね?
posted by 漢字中央警備システム at 20:36| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

あいすくりーむ、とな。

先々週、連休にまとめて氷菓のアニメを観ました。
てっきりまったり学園日常ものかと思いきや、
ライトミステリーでかなり面白かったです。
解説部分、セリフだらけのあたりのシーンのやり方は
まあ、最近のラノベでよくある手法だな、と。
とにかく最初の数話はとてもよかった。
後半、とくに終盤は盛り上がりに欠けたといいますか・・・。
文化祭の話が長すぎたのかも。
良作ゆえに続編を望まれるのもわかります。
さて実写はどうだったのか・・・。
あまり評判を聞かないので、お察しということでしょうか。

ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 07:25| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

召しませ恋の媚薬(ふかみ)

サーティワンネタですか。
サーティワンでしたら……ラブポーションサーティワンが好きです。
こんばんは、ふかみです。

ですが、ラブポーション=ようは媚薬、サーティワン=31、飛躍した発想を持ってここは31歳としましょう、ということを踏まえて妄想すると、媚薬浸けの31歳というニッチな18禁漫画のような世界になってしまう、的なことを数年前にツイッタースラムで拝見してから、アラサーもちょっと通り過ぎかけのわたしとしては「うっ……」と少し思うところがあるようになりました。
とはいえ、好きなフレーバーなことに変わりはありません。それに、コスプレや絵師界隈でもサーティワン擬人化はわりとメジャーだったりするのですが、ラブポーションはわりとセクシー路線に描かれたり造形されたりするので、そこは思わずにっこりです。
漢シスメンバーは、結局のところ何のフレーバーが好きなのでしょうね?

そんなこんなで、お茶を濁させていただきました。
来週もお茶を濁していきまっしょい。
posted by 漢字中央警備システム at 19:36| Comment(0) | 日記(深海) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

氷菓(Neu)

私気になりますの某大天使は関係ありません。
ゴーフの記事見て思ったのが、「そりゃあ氷菓とアイスクリームじゃあ歯応え違って当たり前だわな」って事です。
食品衛生法の分類からすれば以下の通りの説明となります。
〇村屋のバーは一般食品の氷菓に分類されています。
つまり乳固形分や乳脂肪分が殆どなく、またオフィシャルサイト曰く乳化剤などの添加物もほとんど使用していないらしいので固いわけです。正に食える鈍器。
対してアイスクリームは乳製品のアイスクリーム類に分類され、乳固形分15%以上かつその内乳脂肪分8%以上と定められており、滑らかな口当たりとなるわけです。因みにこれより乳固形分や乳脂肪分が低いとアイスミルクやラクトアイスとなります(実際の分類には他にも酵母などの細菌数などが関係したりしますが)。
まあ何でも食って美味けりゃそれでいいんですがね、格好の蘊蓄ネタが前日に転がってたのでつい食いついてしまいました。食品だけに。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 04:15| Comment(0) | 日記(Neu) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ゴルゴ31(ゴーフ)

こんちわぁぁぁぁぁ!
どうもゴーフです。
突然ですけど、サーティワンアイスクリームのウン年連続不人気ナンバーワンのフレーバーって知ってます?
実はですねぇ、大納言あずきらしいんですよ。
そう言われると逆に気になるじゃないですか?
というわけで、食べてみました。
これが実に予想外な出来。
まったく期待してなかったのに、ちゃんと美味しかったんです。
そして特に予想外だったのが、あずきのアイスなのにもっちりやわらかなんですよ!
予想外になった原因のほぼすべてが某あずきバーの先入観のせいなんですが、それはそれとしてぜんぜんかたくないのは衝撃的でした。
というわけで、機会があればみんなも試してみるといいかもね。
ではまた来週。
posted by 漢字中央警備システム at 00:30| Comment(0) | 日記(ゴーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

サスケは・・・ね byこくまろ

ダイターン40周年といいますが、
シナリオが絡んできたことは最近めったにないんですよね。
声優の問題でしょうが、大抵メガノイドの目の字もでてこないといいますか。
本当にいるだけ参戦です。はらん財閥も最近みないし。
でも頼りになりますので使います。

さて、先週のサスケ、弟と見ておりました。
といっても後半だけですね。
それでも9時すぎてまだ第一ステージが終わってなかったとか。
難易度が跳ね上がりすぎて、第一クリア出来る=超人の域。
第3ステージなんて背の低い人ガン無視ではなかろうかという構成。

まあ、みんな思っているでしょうが完全制覇のテロップはどうかと。
「完全制覇なるか?」みたいなテロップでは「あ、今回も全員脱落か」
と視聴者みんな真面目にみないでしょうから仕方がないのかもしれませんが、
それにしても裏切られた気持ちにはかわりありません。
かといって今更難易度を落とすのもしたくないでしょうし・・・。
UCアルベルトのセリフですが、
「この世界は一度、さっぱりさせないといけないのかもしれないな」
サスケにもそんなときが近づいている気がしますね。

あ、スパロボは現在35話です。
普通にマシュマーが仲間になりました。隠しだったのか。
でもナイチンゲールは取りこぼした模様。
Gジェネではよく使ってますが、スパロボでは久しぶりでしたので使いたかったな。
まあ一週目はサザビーで我慢しますか。

ではまた来週。


posted by 漢字中央警備システム at 07:43| Comment(0) | 日記(こくまろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする